人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

平穏な夜明けを願って

b0102572_15595019.jpg
b0102572_16001999.jpg
b0102572_16004426.jpg
    
 庭にひときわ目立つ「シュウメイギク(秋明菊)」、街角に咲く「コスモス/アキザクラ(秋桜)」。山のあちこちで見かける真っ赤な「ガマズミ(莢蒾)」の実。一日も早く、こんな秋を感じる平穏な夜明け、穏やかな日常が戻って欲しいと願うばかり。
   
 さて今宵の1曲。「In The Wee Small Hours Of The Morning」。「夜は更けて」という邦題がついていますが、朝が明けるまでのほんの身近な時間に恋人のことを想うあなた ・・・。そんな古い歌です。1955年に「デヴィッド・マン/David Mann」作曲、「ボブ・ヒラード/Bob Hilliard」作詞になる歌ですが、「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」の同タイトルのアルバム、「In the Wee Small Hours」(1955)によって有名になったという。
    
【 In The Wee Small Hours Of The Morning 】  by Bob Hilliard, David Mann
    
「♪ In the wee small hours of the morning   夜が明ける前のごくわずかな時間
  While the whole wide world is fast asleep  世界中の人はまだ眠っている時間
  You lie awake and think about the girl   貴方は眠らずにあの人を想っているのね
  And never, ever think of counting sheep   きっと眠ろうともしないで
   
  When your lonely heart has learned its lesson 恋に焦がれてしまったあなたの心
  You'd be hers if only she would call    あの人からの電話を待っているのね
  In the wee small hours of the morning    夜が明ける前のごくわずかな時間
  That's the time you miss her most of all   たまらなくあの人を恋しいと思う時間  」
   
   
b0102572_16021897.jpg



 私は長らく「アン・バートン/Ann Burton」の歌唱を好んで聴いていましたが、いまひとり、カナダのポップでジャズのシンガー・ソングライター、「ローリー・カレン/Lori Cullen」の歌唱も気に入っています。
   
 「ローリー・カレン」。1973年、カナダのオンタリオ州生まれ。彼女はソロ・アーティストとして7枚のアルバムをリリースしているが、「Jazzy,Not Jazz」系シンガーのようです。「ジョニ・ミッチェル/Joni Mitchell」、「ゴードン・ライトフット/Gordon Lightfoot」などのアーティストをカバーした、4枚目のアルバム、「Calling for Rain」(2006)は、2007年、カナダでも権威のある「ジュノ賞/Juno Award」のノミネートを受けたという。
    
 そんな彼女の6枚目のアルバム、「That Certain Chartreuse」(2011)から。ジャズにとどまらず、「スザンヌ・ヴェガ/Suzanne Vega」、同じオンタリオ出身の「シャナイア・トゥエイン/Shania Twain」、「キング・クリムゾン/King Crimson」などのカバーなど、「Jazzy,Not Jazz」の本領発揮とも言えるが、スタンダードの「In The Wee Small Hours Of The Morning」が白眉。このための一枚といっても過言ではない。 

b0102572_16033439.jpg



 That Certain Chartreuse / ザット・サートゥン・シャトルーズ
 ローリー・カレン/Lori Cullen
 NATURE BLISS INC.



             
「In The Wee Small Hours Of The Morning - Lori Cullen」 

          
    
    
   

by knakano0311 | 2019-10-16 16:08 | 音楽的生活
<< When The Sun Go... 通じなくなった固定観念 >>