人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~

路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09284960.jpg
路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09291243.jpg
路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09293539.jpg
路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09301177.jpg
路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09303512.jpg
路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09305756.jpg
路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09312485.jpg
路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09314981.jpg
 紅葉ばかりが目立つ晩秋の路傍。よく見ると、結構たくさんの花が咲いている。定番の「サザンカ(山茶花)」、孤高の大輪「皇帝ダリヤ」、いろいろの「キク(菊)」、思わず微笑みたくなる「チロリアン・ランプ」、毒性があるらしいがユニークな形の「エンジェルス・トランペット」など ・・・。

路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09323403.jpg



 さて、今宵の女性ボーカル。ウッド・ベースを抱えながら、ブロンドの長い髪をなびかせて、スタンド・マイクでジャズを歌う、オーストラリア出身の美人女性ジャズ・ベーシスト、「ニッキ・パロット/Nicki Parrott」。
   
 1970年生まれ。4歳の頃からピアノを学しんだニッキは、その後フルートを経て、15歳の時にはもうベースを手にし、シドニーの音楽院でジャズを学んだ後、CDデビュー。1994年に渡米し、N.Y.の有名なジャズ・クラブ、「イリディウム/the Iridium Jazz Club」で、「レス・ポール・トリオ/Les Paul Trio」のベーシストを務めるなど、ウッド・ベースを弾きながら艶やかにシルキー・ヴォイスで歌うスタイルで、注目されたという。デビュー後、日本でもジャケ買いしたくなるほどのそのキュートな愛らしさが人気を集め、多くのファンを獲得している。
   
 ニッキのニュー・アルバムは、「コーヒー・ルンバ/Moliendo Cafe」、「キス・オブ・ファイアー/Kiss of Fire(原曲:エル・チョクロ/El choclo」、「ある恋の物語/Historia De Un Amor」など、タンゴ、マンボ、ルンバなどラテン・ジャズ・サウンドが満載の「Papa loves Mambo/パパはマンボがお好き」(2019)。
   
 かって中学生の頃、洋楽に目覚めたきっかけの一つがラテン音楽であった。ラジオから流れてくる「ナット・キング・コール/Nat King Cole」、「トリオ・ロス・パンチョス/Trío los Panchos」、「ペレス・プラード楽団/Pérez Prado And His Orchestra」、「ザピア・クガート楽団/Xavier Cugat Orchestra」 ・・・などに夢中になったものでした。このアルバム、そんな昔の想いが蘇るような懐かしい曲、14曲。いや、これは楽しい。

路傍の花、樹々の鳥(357) ~ 晩秋に咲く ~_b0102572_09334717.jpg



 パパはマンボがお好き/Papa Loves Mambo
 ニッキ・パロット/Nicki Parrott
 ヴィーナスレコード

        




 それでは、懐かしいおなじみのラテン・スタンダードを4曲続けて。

「Papa Loves Mambo(パパはマンボがお好き) - Nicki Parrott」
          

「Moliendo Cafe(コーヒールンバ) - Nicki Parrott」
          

「Historia De Un Amor(ある恋の物語) - Nicki Parrott」
          

「Perfidia(パーフィディア) - Nicki Parrott」
          
     
    
    
   

by knakano0311 | 2019-11-25 09:49 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29784879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(358) ... 「バー堂島」を読んで「ケ・サラ... >>