人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

鮮やかな赤と静寂に包まれる公園

鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16031291.jpg
鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_23381290.jpg
鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16033807.jpg
鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16042077.jpg
鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16044212.jpg
鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16050650.jpg
鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16053338.jpg
鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16055370.jpg
 人気のなくなった冬の一庫公園を歩く。時折、鳥の声だけが静まり返った公園に響く。今にも降り出しそうな曇り空。鈍色の風景の中で、ひときわ鮮やかな「赤」が目を惹く。「野生のカキ(柿)」、「アキサンゴ(秋珊瑚)」とも呼ばれる「サンシュユ(山茱萸)」の実、「マムシグサ(蝮草)」の実などの「赤」。そうそう、12月から火の入った薪ストーブも赤々と燃えている。
   
 今宵の曲は、「Silence」。もう亡くなってしまったが、今でも最高のベーシストだと思っている「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden」の曲。何人かのアーティストとのデュオがあるが、今宵は、この人も亡くなってしまった、ピアノの詩人「ジョン・テイラー/John Taylor」とのデュオ・アルバム、「Nightfall」(2004)から。

鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16064836.jpg


 NIGHTFALL
 チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden、ジョン・テイラー/John Taylor
 NAIM





       
「Silence - Charlie Haden & John Taylor」
          

 その「Silence」、チャーリーとのデュオもある「ゴンサロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」が彼をトリビュートしてリリースしたアルバム、「Charlie」(2015)に収録されている。レクイエム。亡きヘイデンへの熱い想いが、静かに綴られているアルバム。

鮮やかな赤と静寂に包まれる公園_b0102572_16100517.jpg


 Charlie
 Gonzalo Rubalcaba/ゴンサロ・ルバルカバ
 CD Baby




         
「Gonzalo Rubalcaba - Silence」
          
    
    
     


by knakano0311 | 2019-12-22 16:13 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29843799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 棚田に囲まれた百姓家で蕎麦を喰う 最後の紅葉を見ながら蔓を採る >>