人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

孫の顔見たさに700kmを駆ける

孫の顔見たさに700kmを駆ける_b0102572_22150414.jpg
 先日、長男に女の子の孫が生まれた。私たち夫婦にとっては3人目の孫。早速、静岡まで片道350km、車を駆って日帰りだったが、会いに行って来た。会ったのはたった20分ほどで、すぐにとんぼ帰りであったが、その天使のような顔を見られただけで700kmを駆けた甲斐があった。

孫の顔見たさに700kmを駆ける_b0102572_22270701.jpg
 道中、草津から先、四日市まで開通したばかりの「新名神高速道」、その先豊田JCTまでの「伊勢湾岸道路」、さらに静岡までの「新東名高速道」、いずれも走るのは初めてであったが、名神、東名と違って、道路状態もよく、また新しいSAやPAは上下線とも同じ施設を利用するので、逆走が起こりやすいと聞いてので注意はしていたが、そんなこともなく快適なドライブができた。そして、話には聞いていたが、「120km」の速度制限表示を見たときは、ちょっと驚くと同時に、アクセルを踏む足におもわず力が ・・・。

 今宵の歌、ドライブの記事の時は、毎度おなじみですが、今回も「Two for the Road」。「二人はまだ旅の途中」という意味でしょうが、「スタンリー・ドーネン/Stanley Donen」監督、「オードリー・ヘプバーン/Audrey Hepburn」主演のシニア世代には懐かしの映画、「いつも2人で/原題:Two for the Road」(1967)の主題歌。

 倦怠期を迎えた結婚12年目の夫婦が、今再び愛を取り戻そうと、車でフランスの旅に出る。「いつも2人で」は、そんな大人のロード・ムービー。古い映画で、地味ですが好きな映画の一つ。作曲は、あの「ヘンリー・マンシーニ/Henry Mancini」、作詞は「レスリー・ブリカス/Leslie Bricusse」。

【 Two for the Road 】  by Henry Mancini , Leslie Bricusse

「♪ If you’re feeling fancy free        もしあなたが自由でありたいと思うなら
  Come wander through the world with me  私と一緒にこの世界を歩んでいこう
  And any place we chance to be       そして訪れたその時々の場所が
  Will be a rendezvous           二人の新しいめぐり逢いとなるでしょう

  Two for the road             二人で過ごす人生という旅のまだ途中
  We’ll travel through the years      この旅は何年か経ったら
  Collecting precious memories     たくさんの大事な思い出が積み重なり
  Selecting souvenirs           二人で選んだ旅のお土産も集まる
  And living life the way we please   これからもこの楽しい人生の旅を歩んでいこう

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」


 デンマーク出身の女性ボーカル、「キャサリン・レガール/Cathrine Legardh」とベテラン・ピアニスト、「ブライアン・ケロック/Brian Kellock」とのデュオから。アルバムは、端正なバラードとスウィンギーなリズム感が魅力の「Love Still Wears A Smile」(2013)。

孫の顔見たさに700kmを駆ける_b0102572_23292463.jpg


 Love Still Wears A Smile
 Cathrine Legardh & Brian Kellock/キャサリン・レガール&ブライアン・ケロック
 Storyville





「Two for the Road - Cathrine Legardh & Brian Kellock」
          


 さて、次は、ピアノの弾き語り。女性ジャズ・ボーカル王国、カナダを代表する本格派シンガー&ピアニスト、「キャロル・ウェルスマン/Carol Welsman」。「旅」をテーマにしたアルバム、「Journey」(2012)から。

孫の顔見たさに700kmを駆ける_b0102572_23311066.png


 Journey
 Carol Welsman/キャロル・ウェルスマン
 Justin Time Records





「Two For The Road - Carol Welsman」
          


 極めて寡作であるが、私ご贔屓の、「カーラ・ヘルムブレヒト/Carla Helmbrecht」の歌唱。「笹島明夫」のギターとのデュオ・アルバム、「Quiet Intentions」(2013)から。

孫の顔見たさに700kmを駆ける_b0102572_23322448.jpg


 Quiet Intentions
 Carla Helmbrecht & Akio Sasajima(笹島明夫)
 Tonegold Records






「Two for the Road - Carla Helmbrecht & Akio Sasajima」
          

 最後はインストで。「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden」が、「パット・メセニー/Pat Metheny」をフューチャーしたアルバム、「ミズーリの空高く/Beyond the Missouri Sky (Short Stories)」(1996)から。

孫の顔見たさに700kmを駆ける_b0102572_23422063.jpg


 ミズーリの空高く/Beyond the Missouri Sky
 パット・メセニー/Pat Metheny、チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden
 ユニバーサル ミュージック






「Two For The Road - Pat Metheny & Charlie Haden」
          
    
    
     






by knakano0311 | 2020-01-26 23:48 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29893406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ShiroYuki_Mot at 2020-01-30 00:04 x
おめでとうございます!。
それにしても、お元気ですね、早速、350km を駆るとは!。 ;)
そして、120 km/h !。 うふふ の世界ですね。
Commented by knakano0311 at 2020-01-30 10:26
> ShiroYuki_Motさん この歳になっても、車と飛行機に乗るのが大好きで ・・・。
<< 菊炭、漆黒の美 大屋地爵士のJAZZYな「サブ... >>