人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

太陽の塔を見て昔を懐かしむ


太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_12033796.jpg

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_12040371.jpg
太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_09571256.jpg


 冬物と春ものを買いに、暖冬により早まったバーゲン・セール訪れたのは、「エキスポシティ」。1970年、入社2年目にあった大阪万博、「EXPO'70」の会場跡地にできた大型ショッピングモールと映画館、水族館、大観覧車などのエンターテイメントが組み合わさった複合施設。あれから50年。その後は、「風神雷神」という絶叫型ジェット・コースターで知られた「エキスポランド」という遊園地になり、それが痛ましい事故で閉鎖のやむなきにいたり、紆余曲折を経て、そのあとにオープンした施設である。会社生活の後半は、毎朝モノレールで見ながら通勤していた「太陽の塔」。首都圏に住んでいた妻も万博を訪れたという。二人で「太陽の塔」を懐かしく見、あの頃を思い出しながら、フード・コートで食事を楽しむ。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_23590984.jpg



 今宵のアルバム。観覧車のジャケットで、2018年グラミー賞「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」最終ノミネート作品の「The Subject Tonight Is Love」(2018)。「ケイト・マクギャリー/Kate McGarry」の作品。日本でも多くのファンを持つ実力派女性ヴォーカリスト/ソングライター、「ケイト・マクギャリー」が気心の知れたミュージシャン、長年の伴侶である「キース・ガンズ/Keith Ganz」のギターと、売れっ子鍵盤奏者、「ゲイリー・ヴェルサーチ/Gary Versace」によるオルガンとピアノというシンプルな編成を軸にして吹き込んだ、親密な空気感に心潤うアルバム。スタンダードからオリジナルまで、凛として透明感あふれる歌声と、ベテランらしいリラックスした軽やかな演奏、シンプルでアコースティックなサウンドで聴かせる。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_16485851.jpg


 THE SUBJECT TONIGHT IS LOVE
 KATE MCGARRY
 Inpartmaint





 プロモーション・ビデオ、グラミー賞ノミネートを受けてのライブの模様、アルバム冒頭の「Prologue: The Subject Tonight Is Love」を。

「Kate McGarry - Keith Ganz - Gary Versace – The Subject Tonight Is Love」
          

「Kate McGarry Trio - 2019 Grammy Nominees for Best Jazz Vocal Album」
          

「The Subject Tonight Is Love - Kate McGarry Trio」
           

 さて、遊園地といえばお決まりだったのが、「メリーゴーランド」。我々シニアには、「回転木馬」と言ったほうが馴染みが深いかもしれない。「スタジオ・ジブリ」制作、「宮崎駿」監督の日本の長編アニメーション映画に「ハウルの動く城」(2004年公開)がある。このテーマ曲が、「久石譲」作曲の「人生のメリーゴーランド」。このテーマ曲を気に入ったシャンソン歌手の「クミコ」が、「宮崎駿」監督に手紙を出し、「歌詞をつけて、自分に歌わせてもらえないだろうか」という手紙を出し、快諾してもらったという歌が、「人生のメリーゴーランド」。「クミコ・ベスト わが麗しき恋物語」(2006)から。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_17511298.jpg


 
 クミコ・ベスト わが麗しき恋物語
 クミコ
 avex io





【 人生のメリーゴーランド 】  作詞:覚和歌子 作曲:久石譲

「♪ 回れ星のように  歌え花火のように
   向かい風ににも止められない  メリーゴーランド

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   捨て台詞みたいに  人生は終われない
   やりきれないことばかりならば  なおのこと

   回れ星のように  歌え花火のように
   向かい風にも止められない  メリーゴーランド  ♪」
   
   
「人生のメリーゴーランド - クミコ」
          

   
 ピアノです。イタリア出身の御贔屓ピアニスト、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。彼は、少年時代から日本のアニメファンであり、特に「スタジオ・ジブリ」のアニメが大好きらしく、2015年には、ジブリ作品を中心にカバー収録した「アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~」をリリースし、最近では、「MITAKA CALLING -三鷹の呼聲- 」というジブリ・カバー集のアルバムをリリースしたばかり。「Howl'S Moving Castle(人生のメリーゴーランド)」は、「アニメッシ」にも収録されているが、ちょっとあざとい気もするアニメ企画ではなく、最初に収録され、純粋にピアノ・アルバムとしてリリースされた、「プリマ・オ・ポワ/Prima o Poi」(2005)がいい。

太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00043101.jpg


 
 アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~
 ジョバンニ・ミラバッシ
 日本コロムビア





太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00052136.jpg


 
 MITAKA CALLING -三鷹の呼聲-
 ジョバンニ・ミラバッシ
 日本コロムビア




太陽の塔を見て昔を懐かしむ_b0102572_00113776.jpg

 
 Prima O Poi
 ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ
 Bang






「Giovanni Mirabassi - owl's Moving Castle (ハウルの動く城)」
 
          

    
     


by knakano0311 | 2020-02-17 10:03 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29924149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 路傍の花、樹々の鳥(369) ... まだ2月だというのに >>