人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12104758.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12111612.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12124672.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12130800.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12133167.jpg
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_12590503.jpg
    
 いつものウォーキング。団地にある大きな溜池を取り巻く道筋には、なぜか梅を植えている家が多いので、かってに「梅ストリート」と呼んでいる。この「梅ストリート」、今が最高調の時期。「ボケ(木瓜)」もあるが、白、ピンク、赤、しだれ ・・・、様々な梅が一斉に開く。この時期、歩くのが楽しいお気に入りのコースである。そうそう、近くのスーパーで売っていた「ボケ」の鉢を買ってきました。

 さあ、お題は春のストリート。ご存知、「マイ・フェア・レディMy Fair Lady」の挿入歌、「君住む街角/On The Street Where You Live」です。

【 On The Streets where you Live 】 by Alan Jay Lerner / Frederick Loewe

「♪ I have often walked down the street before  いままで何度もこの通りを歩いてきたし
  But the pavement always           足元にある敷石も今までどおり
  Stayed beneath my feet before        前と変わったわけではない
  All at once am I                でも君が住んでいる街だと知った途端
  Several stories high              ビル数階分ほど
  Knowing I'm on the street where you live   舞い上がってしまう気分

  Are there lilac trees               ライラックの樹はあるかい
  In the heart of town?               街の真ん中に?
  Can you hear a lark in any other part of town?  街で雲雀のさえずりが聞こえるかい?
  Does enchantment pour              魅力が溢れ出しているかい?
  Out of every door?                どのドアからも
  No, it's just on the street where you live     いやそうだとすれば、
                             それはきっと君住む街にいるからだ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


まずは、「ヘティ・ケイト/Hetty Kate」。今年になってから、このブログで随分取り上げていますが、イギリス・ハンプシャー生まれ。「ペギーリー/Peggy Lee」の再来という触れ込みで、オーストラリアでデビューし、10年以上活躍、2009年からアルバムをリリースしてきたが 2017年よりフランスのパリを中心に活動しているという。アルバム、「Under Paris Skies」(2019)から。

路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_23321809.jpg

 
 Under Paris Skies
 Hetty Kate
 Lisez L'Etiquette






「On The Street Where You Live - Hetty Kate & Frederick Loewe」
          

 
 1966年生まれのオランダ出身のジャズ・シンガー、「イルセ・ヒュイツインガー/Ilse Huizinga」のブロードウェイのナンバーを集めた魅力的なアルバム、「Beyond Broadway」(2005) から。ピアノ・トリオにサックスを加えたカルテット仕立て。ピアノは、彼女の夫で、アレンジャー、作曲家でもある「エリック・ヴァン・デル・リュイート/Erik van der Luijt」とのおしどりデュオ。
路傍の花、樹々の鳥(371) ~ 梅ストリートで ~_b0102572_23223999.jpg

 
 Beyond Broadway(SACD)
 Ilse Huizinga/イルセ・ヒュイツインガー
 Maxanter






「On the Street Where You Live - Ilse Huizinga」
          

    
 次の「ストリート」ナンバーは、「On The Sunny Side Of The Street/明るい表通りで」。「ジミー・マクヒュー/Jimmy McHugh」作曲、「ドロシー・フィールズ/Dorothy Fields」作詞の、1930年のブロードウェイのミュージカル主題歌。古い古いスタンダードです。

【 On The Sunny Side Of The Street 】 by Jimmy McHugh,Dorothy Fields


「♪ Grab your coat and get your hat  コートをつかんで 帽子を持って
  Leave your worry on the doorstep  悩み事なんか玄関のところに置いてさ
  Just direct your feet        さあ、足を向けてごらん 
  To the sunny side of the street   日差しの明るい表通りへ

  Can’t you hear a pitter-pat?     パタパタという音が聞こえるだろ
  And that happy tune is your step   あの楽しげな音は君の足音さ
  Life can be so sweet          人生は楽しくなるさ
  On the sunny side of the street    日差しの明るい表通りを歩けば

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」


 1930年といえば、前の年はウォール街株価大暴落による世界的な大恐慌が始まって年。貧困に喘ぎ、活気を失った多くの人々に希望や勇気を与え、大ヒットしたと言われる。


 歌は古いがコンテンポラリーな2人の歌姫で。まずは、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」、「シンプリー・ラブ/Simply Love」(2013)から。
さくらウォーキングのあとは十割蕎麦を ・・・_b0102572_10221770.jpg



 シンプリー・ラブ/Simply Love
 ヘイリー・ロレン/Halie Loren 
 Justin Time Records


            


            
「Halie Loren - On the sunny side of the street」
          

   
 そのスキャットが冴え渡るイタリアの歌姫、「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」。デビュー盤「イージー・トゥ・ラヴ/Easy to Love」(2006)から。
さくらウォーキングのあとは十割蕎麦を ・・・_b0102572_10231375.jpg

 イージー・トゥ・ラヴ/Easy to Love
 ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini
 SPACE SHOWER MUSIC




   
   
「Roberta Gambarini - On The Sunny Side Of The Street」 
          
    
    
    


by knakano0311 | 2020-02-23 17:57 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29932809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< リアルな昭和の雰囲気に驚く 路傍の花、樹々の鳥(370) ... >>