人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

庭に水仙が咲いた日 でもちょっと憂鬱

庭に水仙が咲いた日 でもちょっと憂鬱_b0102572_14381632.jpg
庭に水仙が咲いた日 でもちょっと憂鬱_b0102572_14383749.jpg
庭に水仙が咲いた日 でもちょっと憂鬱_b0102572_17491293.jpg
 我が家の狭い庭に「スイセン(水仙)が咲いた。私の74歳の誕生日を祝って、次男が、妻の家の出自である壱岐の麦焼酎を持ってきた。妻が手作りのおひなさまを玄関先に飾った。春の一日。しかし、憂鬱な春ではある。

 憂鬱さを追い払う今宵のアルバムは、ブラジル出身の女性シンガー、「カミーラ/Camila Benson」の「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」へのトリビュート・アルバム、「Wave」(1993)。 何かをしながら、BGMとして聞き流すには最適なボッサ・アルバムとして私は重用している。思わず体がリズムにのって動いてしまう楽しさがうれしい。

庭に水仙が咲いた日 でもちょっと憂鬱_b0102572_10374636.jpg


 「カミーラ(カミーラ・ベンソン)」。世界を駆けめぐって活躍している、ブラジル生まれのギタリスト、シンガー、作曲家。アマゾンの密林に大農場を営む両親のもとに生まれたという。4歳の時に歌、ギターをはじめたと同時に、サーカスのメンバーとなり、サーカスの楽団員と一緒にブラジルのフォルクローレを演奏していた。

 9歳になると、バイオリン、アコーディオンに加え、教会でオルガンの演奏まで手がけた。さらに12歳でテナーサックス、15歳ではトロンボーンが彼女のレパートリーに加わった。やがて、17歳になると、サーカスをやめ、プロの音楽家のキャリアをスタート、以後30年間、80カ国にわたって放浪の旅を続け、音楽活動を続けてきたが、1975年にイギリスの永住権をとって、ロンドンに住んでいるという。

 まずはアルバムから、「アントニオ・カルロス・ジョビン」と「ヴィニシウス・ヂ・モライス/Vinicius de Moraes」のコンビの愛の詩、「Eu sei que vou te amar(あなたを愛してしまう)」。

【 Eu sei que vou te amar 】    A. C. Jobim / Vinícius de Moraes

「♪ Eu sei que vou te amar,          あなたを愛してしまう
   por toda a minha vida eu vou te amar  一生かけて、あなたを愛してしまう
  A cada despedida eu vou te amar      別れ別れになってもあなたを愛してしまう
  Desesperadamente eu sei que vou te amar 絶望に打ちひがれてもあなたを愛してしまう

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

「Eu sei que vou te amar - Camilia Benson」
          


 そして、フル・アルバムがアップされていました。
庭に水仙が咲いた日 でもちょっと憂鬱_b0102572_18080880.jpg


 
 Wave - Songs From Antonio Carlos Jobim 
 カミーラ /Camila Benson
 One Voice Records







「Camila Benson - Wave - Songs From Antonio Carlos Jobim (Full Album)」
          

    


    


by knakano0311 | 2020-03-10 10:50 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29955020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ShiroYuki_Mot at 2020-03-10 22:19 x
祝!、ご生誕!。 ;)
Commented by knakano0311 at 2020-03-11 11:07
> ShiroYuki_Motさん
「・・・への旅の一里塚」みたいなもので、そろそろ本格的に終活準備を考えなくては ・・・。
<< グローバル化の負の側面というの... 大屋地爵士のJAZZYな「サブ... >>