人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~


きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_16283487.jpg
きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_15515245.jpg


 「晴れていたらこの辺に富士山が見えるのに ・・・」。駿河湾越しに見る富士山は、残念なことに、ちょうど山腹から山頂にかけて雲が広がり、見えたのは、裾野だけ。しかし、全て見えなくとも、伊豆半島からの絶景に感嘆。長男の孫の「お食い初め」で、静岡・清水に来たので、ちょっと足を伸ばして沼津に一泊し、次の日沼津~大瀬崎~戸田~土肥と、西伊豆をちょこっとドライブして帰路へ。

きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_16144598.jpg
きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_16270135.jpg
   
 長男のパートナーの実家は、江戸時代には興津宿として、東海道五十三次の17番目の宿場町として栄えた、「興津(おきつ)」の宿(現在の静岡市清水区興津本町)。そこの割烹旅館で両家族揃っての「お食い初め」。その日は朝から関西も東海も土砂降りの雨。ただ孫娘の成長と顔見たさに雨中を車を走らせた一日。割烹の玄関先に咲いていた「河津桜」はもう散り始めていた。

 一泊二日の小旅行は楽しかったが、それにしても、新型コロナウィルスの影響は凄まじい。新東名でも、伊豆でも、長距離路線バスは数台見たが、いわゆるツアーの観光バスには1台も出会わなかった。途中のSAなども、桜も咲き始め、行楽シーズンだというのにガラガラ。いやはや ・・・。早く終息することを望むが、その気配はいまだ無い。

 今宵の曲は、「ナットキングコール/Nat King Cole」で一躍大ヒットした「ルート66/Route 66」。火の玉ロック男、「ブライアン・セッツァー/Brian Setzer」率いる「The Brian Setzer Orchestra」のノリノリの演奏から。アルバムは、「The Brian Setzer Orchestra」(1999)。
   
きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_17335831.jpg

  
 The Brian Setzer Orchestra/ザ・ブライアン・セッツァー・オーケストラ
 Brian Setzer/ブライアン・セッツァー
 Hollywood Records






「The Brian Setzer Orchestra - Route 66」
          

 同じくギター片手に歌うのは、「ナット・キング・コール」と同じ編成のドラムレス・トリオを率いる親子二代、父親は「バッキー・ピザレリ/Bucky Pizzarelli」、にわたるギターの名手、「ジョン・ピザレリ/John Pizzarelli」。アルバムは、「ナット・キング・コール」へのトリビュート・アルバム、「Dear Mr. Cole」(1996)から。

きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_17434227.jpg

 
 Dear Mr. Cole
 ジョン・ピザレリ/John Pizzarelli
 Sbme Special Mkts.






「Route 66 - John Pizzarelli」
          

 さて、ジャズらしい歌唱の女性JAZZボーカリスト二人です。L.A.を拠点として活動する「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」。1998年のデビュー以降、10枚のアルバムにうち、2度のグラミー賞「ベスト・ジャズ・ヴォーカル・アルバム」にノミネートされた経験を持つという実力派。ライブ活動をする傍ら、南カリフォルニア大学やロスアンゼルス・ミュージック・アカデミーで指導を行い、あの「グレッチェン・パラート/Gretchen Parlato」も彼女に師事した一人という。
    
 アルバムは、「Something Cool」(2002)から。音程といい、ピッチの確かさといい、いとも簡単そうにまったく危なげなく歌いこなす。

きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_21541351.jpg

 
 Something Cool
 ティアニー・サットン/Tierney Sutton
 Telarc






「[Get Your Kicks on] Route 66 - Tierney Sutton」
          


 そして、多分私が一番好きな「Route 66」の歌唱は、「ヴィヴィアン・ロード/Vivian Lord」。一時期、ジャズ・ボーカルから遠ざかっていた私を「アン・バートン/Ann Burton」と共に引き戻してくれた歌手である。「ハイヒール」をあしらった秀逸なジャケットのアルバム、「Route 66」(1986)から。

きっとこの辺に富士山が ・・・ ~ 東海道興津宿から駿河湾へ ~_b0102572_22053630.jpg

 
 ルート66/Route 66
 ヴィヴィアン・ロード/Vivian Lord
 ソニー・ミュージック






 アルバムの全曲がアップされているYOUTUBEがあります。冒頭の曲が「Route 66」。

「Kenny Kirkland & Vivian Lord - Route66」
          

   
   







by knakano0311 | 2020-03-17 22:13 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/29966284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< BE KOBE ~ メリケンパ... いつもと変わらない彼岸桜を見る >>