人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る

ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_13524994.jpg
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_13530844.jpg
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_13534516.jpg
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_13541108.jpg
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_13545833.jpg
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_13553544.jpg
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_13561025.jpg
  
 深まってゆく公園の秋。紅葉真っ盛り。紅葉のじゅうたん。「サザンカ(山茶花)」の紅。「ススキ(薄)」と「イロハモミジ(いろは紅葉)」のコントラスト。夏日を思わせるようなぽかぽか陽気の中で、汗びっしょりになって、台場クヌギを伐る。
  
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_17351955.jpg

   
 今宵の曲、まずは、秋の定番アルバム、「ジョージ・ウィンストン/George Winston」のピアノ・ソロ・アルバム、「オータム/Autumn [20th Anniversary Edition]」(1980)から、「森/Woods」。いくつもの細長いクヌギの葉が、風に吹かれてひらひらと回転しながら舞い降りてくる情景を見ると、いつもこの曲が頭に浮かんでくる。「環境音楽」、「ヒーリング・ミュージック」、「イージーリスニング」と言ってしまえばそれまでだが、エバーグリーンな魅力をもつ良質のBGMだと思う。

 「ウィンダム・ヒル・レコード」は、1976年にギタリストの「ウィリアム・アッカーマン/William Ackerman」と彼の前妻、「アン・ロビンソン/Ann Robinson」により創設されたレコード・レーベルで、その聴きやすさと音楽性は、「ヒーリング・ミュージック」として一時期世界を席巻した。「ジョージ・ウィンストン」の「オータム」は、ピアノ・ソロアルバムとしては異例のヒットを遂げ、世界的に「ウィンダム・ヒル・サウンド」を流行させた。
   
    
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_17221865.jpg

 
 オータム/Autumn ~20th Anniversary Edition
 ジョージ・ウィンストン/George Winston
 BMG JAPAN






     
「Woods - George Winston」   
          
    
 
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_17232080.jpg
   
   
 歌姫は、北欧デンマーク出身のギタリストでヴォーカリスト、「メッテ・ジュール/Mette Juul」。昨年リリースされた4年ぶりの新譜「Change」(2019)。わたし的には、デビュー盤、「カミング・イン・フロム・ザ・ダーク/Coming In From The Dark」(2010)以来。
   
 1975年生まれというから、今年44歳のベテランである。2007年に「インターナショナル・ジャズ・アーティスト・コンペティション/the International Jazzartist Competition」のボーカル部門で見事優勝したというから、かなりの実力の持ち主。
   
 彼女自身もギターを弾くが、彼女の透明感とアンニュイな雰囲気の声に寄り添う「ウルフ・ワケーニウス/Ulf Wakenius」や「ギラッド・ヘクセルマン/Gilad Hekselman」、「ペア・モレホイ/Per Mollehoj」らのギター。そして、デンマークの美メロ・ピアニスト、「ヘイネ・ハンセン/Heine Hansen」、スウェーデンを代表する才人ベーシスト、「ラース・ダニエルソン/Lars Danielsson」ら手練が、アコースティックでブルージーな雰囲気を盛り上げる。
  
 そんなアルバムから、「Northern Woods」。
     
ぽかぽか陽気、汗びっしょりになってクヌギを伐る_b0102572_09493080.jpg


 Change/チェンジ
 Mette Juul/メッテ・ジュール
 Universal Music A/S






     
「Northern Woods · Mette Juul」  
          




by knakano0311 | 2020-11-20 11:12 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/30300524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小雨に烟るダム湖の紅葉 掃けども掃けども、たまる落ち葉 >>