人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

雨の日には定番のアルバムを聴く

雨の日には定番のアルバムを聴く_b0102572_09241201.jpg

雨の日には定番のアルバムを聴く_b0102572_15240308.jpg

   
 6月14日、近畿地方も梅雨に入ったという。平年より8日、去年より2日遅い梅雨入りだそうだ。気温は20℃を超えず肌寒い。「栗花落(つゆおち、つゆり)」と呼ばれる「栗」の花も、すっかり散ってしまった。
   
 森林ボランティアの拠点としている山の麓のダムの貯水量が、ずっとぎりぎりの状態が続いているので、「恵みの雨」になればいいいが ・・・。
  
 久しぶりに、何も予定が入っていない雨の一日。たまにはコンテンポラリーから離れてと、流しっぱなしにしたアルバムは、雨の日の定番、「Jazz For A Rainy Afternoon」(2002)。「雨」という言葉がタイトルに入った曲はないのであるが、ムーディーでブルーなマイナー調のしっとりとした曲を集め、古き60年代を感じさせるジャズ・アルバム。ただ懐かしいだけでなく、心も休まる。レトロでムーディーなJAZZに身を任せながらの雨の午後のひととき ・・・。ジャケットにはこんなコピーが書いてあった。「They create the perfect background to the rare restful moments in life.」。
    
1. Round Midnight - Charles Brown
2. Spring Can Really Hang You... - Houston Person & Ron Carter
3. Everything Must Change - David Fathead Newman
4. A Tribute To A Rose - Jimmy Ponder
5. Blue In Green - Wallace Roney
6. Talk Of The Town - Houston Person
7. I Cant Get Started - Warren Vache
8. My Ideal - Sonny Criss
9. St. Louis Blues - Johnny Lytle
10. Imagination - Woody Shaw
    

 10曲入り1枚組のアルバムと、同じジャケットで、20曲2枚組のアルバムがリリースされている。サンダルにビキニの水着、海から上がった人魚をイメージしているのでしょうか、鱗状の透かしの入った尾ひれのようなキャミソールで、雨の中を歩く女性。でも傘をさしている ・・・。
   
   
雨の日には定番のアルバムを聴く_b0102572_13310044.jpg
   
 Jazz for a Rainy Afternoon(10曲)
 various
 Savoy Jazz






雨の日には定番のアルバムを聴く_b0102572_09454208.jpg

 Jazz for a Rainy Afternoon(20曲)
 various
 Savoy Jazz

  





 フル・アルバム(10曲入り)がアップされています。
   
     
「Jazz for a Rainy Afternoon」

      
   


  

by knakano0311 | 2022-06-16 00:00 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/31793155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 帰って来た子供たち もみじ饅頭とビールとドクダミ茶と >>