人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

不足の夏、不測の夏

不足の夏、不測の夏_b0102572_09193985.jpg

不足の夏、不測の夏_b0102572_09333206.jpg


 昨日、東海、九州南部、関東甲信の各地方は梅雨が明けた(今日は日本全国で)。東海などはたった13日間の梅雨だったという。このことは、「もしかすると、この夏、雨が降らなければ深刻な水不足になるかもしれない」ということを意味している。現に地域の水源であり、私がボランティア活動の拠点にしている山の麓のダムでは、3月14日には貯水率が21.5パーセントまで低下し、給水制限までには至ってないまでも、ずっと取水制限、節水の呼びかけが続いていた。その後、降雨により、5月16日時点で貯水率は45.7パーセントまで回復しましたが、予断を許さない様である。
  
 そして、電力需給。東京電力の管内では、厳しい暑さが続いている影響で、28日も電力需給が厳しくなる見通しだとして、政府は「電力需給ひっ迫注意報」を継続するという。熱中症に警戒し、冷房などを適切に使用しながら、できるかぎりの節電を求めている。TVのニュースでは、節電に協力する、お店や企業を報じていたが、多大な電力量を消費するTV局も、一部の局では、昼のワイドショーの証明を落とすなど、節電取り組みについてアピールしてはいたが、「やってます感」のみで、なにか疑問を感じる。

 1990年代訪れた中国の深圳を訪れた時のことを思い出した。1980年、改革開放政策の一環で経済特別区に指定されたことから、急速に発展したが、その発展に電力供給が追いつかず、「三峡ダム」が完成するのは2009年、毎日のように計画停電が行われていた。前日予告された時間になると、その地区が一斉に2時間ほど停電となる。その頃の中国と今の東京とは全く違うが、蓄えることが難しい電気、需給のバランスをとらなければならないという技術的課題は、今になっても解決できないのだ。

 そして、エネルギー不足、食料不足。異常気象による深刻な干ばつに悩むアフリカ諸国。そこへロシアのむき出しの覇権への野望によって、一気に引き金が弾かれてしまった。「SDGs、持続可能な開発目標」なんてきれいごとを一瞬で吹き飛ばしてしまった感じさえする。この状況が長く続けば、背に腹は代えられない、各国ともロシアへの制裁をかなぐり捨て、急速に自国第一主義に傾いていくだろう。それは、コロナのワクチンが安全保障や自国陣営への囲い込みの武器に使われたことを見てもわかる。ないないづくしの国、日本はどうする。国も企業も今「SDGs」一色。「平和」という前提があっての「SDGs」だが、そんな綺麗ごとをいつまで行っていられるか ・・・。世界各地で、猛暑日が続く。不足の夏、不測の夏。

 今宵の曲、ブラス・ロックの雄、「チェイス/Chase」の曲、「Livin' in Heat/ジョージアの夏」。アルバムは、「Chase」(1971)から。

 トランペット奏者の「ビル・チェイス/Bill Chase」が中心となって、1970年に結成した9人編成のアメリカのブラス・ロック・バンドで、同時期の「ブラッド・スウェット&ティアーズ/Blood, Sweat & Tears」と並んで人気を博した。特徴は、ブラス・セクションがトランペットのみの4人編成という点。このためブラスの音は従来のバンドよりも鋭く、また相当な技術を要するトランペットの高音での演奏がその鋭さに磨きをかけた。代表曲は、「Get it On/邦題;黒い炎」。

 セカンドアルバム発表後、結成2年を待たずしてバンドは解散する。そして、解散後2年、リーダーの「ビル・チェイス」はメンバーを一新して再度グループを結成、ジャズ色をさらに強めた3枚目のアルバム「PURE MUSIC」を発表して、ライヴ活動を開始する。ところが同年8月、ツアー中の飛行機が墜落し、ビル及び新加入のメンバーの計4名が死亡、バンドは消滅した。


【 Livin' in Heat(ジョージアの夏) 】 by Chase

「♪ My mama was born on a sway-backed mule お袋は揺れるラバの背で生まれ
  Way down on a farm in Georgia  ジョージアの農場にやって来た
  Where people said, "girl you got to work all day 「一日中働く女の子」と呼ばれた
  'Cause we can't afford to room     部屋に泊り、俺に
       and board you"  食事をさせる余裕なんかなかったから
  
  My mama grew up with a load on her back お袋は背中に重い荷を背負って育った
  A lovin' in her heart for someone  誰かのために恋心が芽生え
  She sang about the dream that she held in her heart その心に抱いた夢を歌った
  'Cause for so long she didn't have one  そんなことは一度もなかったから

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  Heat - wow   暑い ワオ
  Heat - wow - just livin' in heat - wow 暑いワオ この暑さの中で生きていく ♪」


不足の夏、不測の夏_b0102572_17363075.jpg



 追跡/Chase
 CHASE
 SMJ






「Chase - livin' in heat」

     


「In The Heat Of The Night」。学生の時見て強く印象に残っている映画「夜の大捜査線/原題:In The Heat Of The Night」(1967年公開)の主題歌で、湿気がまとわりつくような熱帯夜を活写したサスペンス映画。「ノーマン・ジェイソン/Norman Jewison」監督、「ロッド・スタイガー/Rod Steiger」、「シドニー・ポワチエ/Sidney Poitier」、「ウォーレン・オーツ/Warren Oates」出演。第40回アカデミー賞作品賞、主演男優賞などを受賞した。
   
 当時盛り上がっていた公民権運動を背景に、タイミング良く制作された作品。人種差別が厳しいミシシッピ州にある小さな町で起きた殺人事件と、偶然捜査に参加するようになった「シドニー・ポワティエ」演じる腕利きの黒人刑事、そして、「ロッド・スタイガー」演じるところの、ことごとく捜査に対立する人種差別的な白人の町の警察署長との緊迫した対立。やがては奇妙な友情が生まれ、共に殺人事件を解決していく。

不足の夏、不測の夏_b0102572_09235949.jpg

 夜の大捜査線 [DVD]
 シドニー・ポワチエ,ロッド・スタイガー (出演)
 ノーマン・ジュイソン (監督)
 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン









 音楽担当は、「クインシー・ジョーンズ/Quincy Jones」。「アラン&マリリン・バーグマン/Alan & Marilyn Bergman」作詞の主題歌を歌ったのは、「レイ・チャールズ/Ray Charles」。アルバム、「Ray Charles Super Selection」(1992)から。 

【 In The Heat Of The Night 】
      Lyrics:Marilyn Bergman/Alan Bergman Music:Quincy Jones

「♪ In the heat of the night     冷や汗が流れるような
  Seems like a cold sweat       夜の熱気の中で
  Creeping cross my brow, oh yes   俺の額に絡みつくように流れるような
  In the heat of the night       夜の熱気の中で
  I'm a feelin' motherless somehow   俺は母親を失くしたような気分だ
  Stars with evil eyes stare from the sky 悪魔の目を持つ星々がじっと見てる
  All mean and bright         まるでなにか意志があるように輝いている
  (In the heat of the night)

  ・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・ ♪」
   
不足の夏、不測の夏_b0102572_09270483.jpg

 レイ・チャールズ/スーパー・セレクション
 レイ・チャールズ/Ray Charles
 ビクターエンタテインメント







 オープニングのシーンとともに。
 
「Ray Charles - In the Heat of the Night」

    
    
   


by knakano0311 | 2022-06-29 00:00 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/31931813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏が来れば思い出す ・・・ 冷たい蕎麦を喰って、活を入れ ・・・ >>