人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

ヤマモモは山からの贈り物

ヤマモモは山からの贈り物_b0102572_22261422.jpg

ヤマモモは山からの贈り物_b0102572_22265224.jpg

ヤマモモは山からの贈り物_b0102572_22271090.jpg

ヤマモモは山からの贈り物_b0102572_22272972.jpg


 朝からやる気を削がれるような炎天。日陰のない急斜面で炎天下の作業は止めておこうと思いつつ、山へ到着すると、先週はまだまだと思っていた「ヤマモモ(山桃)」が、この暑さで急速に熟し、すっかり採れ頃になっているいう。しからばと思い、今日の作業?は、渡りに船と、ヤマモモ採集に変更。例年よりやや小ぶりであるが、かなり熟れている。多分来週までは持たないだろうと思い、採集を始める。
  
 ブルー・シートを敷き、枝を揺さぶると、雨あられのように実が落ちてくる。採れました、山のように ・・・。我が家では、毎年ジュースとジャムにするが、「ヤマモモ」は痛みが早く、まず市場には出ないので、この時期のみの貴重なフルーツ。クラブ員たちも毎年楽しみにしていて、中にはバケツ2杯分もの「ヤマモモ」を持って帰るクラブ員も ・・・。
  
 自分たちがボランティアをしている山からの贈り物。この山は麓にダム湖があるので、農薬の類は全く使用していない。100%天然のヤマモモ・ジュースに ・・・。これは大変素敵なことだと思う。早速家へ帰って作った「ヤマモモ」のジュース。明日の朝食に ・・・。



 さて、火照った体を抑えるには、このCD。「アルマ・ナイドゥー/Alma Naidu」のアルバム、「Alma 」(2022)。ドイツ出身で世界的に注目されている期待の新人、シンガー・ソングライターのデビュー作だとか。

ヤマモモは山からの贈り物_b0102572_22494055.jpg

  
 指揮者の父とオペラ歌手の母を持ち、幼い時からジャズ・ポップス・ソングに親しみ、「スティング/Sting」に強い影響を受けたという。2016年に「ミュンヘン音楽・演劇大学」でジャズ歌唱を学んだのち、ロンドンの「王立音楽アカデミー」で1学期、「ノーマ・ウィンストン/Norma Winstone」に師事をして才能を磨いた。
  
  ジャム・セッションを行った「ブルクハウゼン国際ジャズウィーク2019」のステージで、ドイツの伝説的なドラム奏者、「ウォルフガング・ハフナー/Wolfgang Haffner」によって才能を見出され、デビューに至る。独特で卓越した歌声が魅力で、ドイツの権威あるジャズ誌「ジャズシング」も「繊細で素晴らしく澄んだ声と完璧なイントネーション」と絶賛。
  
 このデビュー作は、全編英語。ただ一曲のみがカバーで、残り11曲はすべて彼女の手になる。支える共演者は、プロデューサーでもある「ウォルフガング・ハフナー/Wolfgang Haffner(ds)」、「シモン・オスレンダー/Simon Oslender(p)」、「クラウス・フィッシャー/Claus Fischer(b)」。

 まず、アルバム中、ただ一曲のカバーからお聴き頂こうか。「ビリー・ジョエル/Billy Joelの」アルバム、「Storm Front」(1989)からのカバー曲、「And So It Goes(そして今は ・・・)」。「ビリー・ジョエル」には数々の名の知れた名曲があるが、この曲、彼の隠れ名曲No.1と言ってもいいと私は思っている。
   
 「サラ・ガザレク/Sara Gazarek」も2ndアルバム、「リターン・トゥ・ユー/Return to You」で歌い、「フレッド・ハーシュ/Fred Hersch」も、2018年、グラミー賞にノミネートされたソロ・ピアノ・アルバム、「Open Book」(2017)で弾いている。ピアニスト、「シモン・オスレンダー」とのデュオ、情感あふれる歌唱に暑さを忘れて聴き惚れる。


【 And So It Goes 】  by Billy Joel

「♪ In every heart there is a room  誰でも心にひとつ部屋を持っている
  A sanctuary safe and strong     安心で頑丈な聖域を
  To heal the wounds from lovers past かっての恋人から受けた傷を
  Until a new one comes along    新しい恋人が現れるまで癒す場所を

  I spoke to you in cautious tones  慎重な声のトーンで私はあなたに話しかけた
  You answered me with no pretense  あなたは見せかけをせずに答えてくれた
  And still I feel I said too much   でも私はすこし話しすぎたかなと感じている
  My silence is my self defense    だって沈黙こそが私を護ってくれる術だから

  And every time I've held a rose  バラの花一輪 手にしても
  It seems I only felt the thorns  いつも感じるのは刺ばっかりだった
  And so it goes, and so it goes   でも今は でも今は
  And so will you soon I suppose   でもあなたもきっとそうなるのね


  ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
  

ヤマモモは山からの贈り物_b0102572_23320464.jpg

 アルマ / Alma
 アルマ・ナイドゥー / Alma Naidu
 LEOPARD / KING INTERNATIONAL






「And So It Goes - Alma Naidu & Simon Oslender」

     


 アルバムから、自作の曲、2曲を。
   
  
「Alma Naidu - Something 'bout the Rain (official video)」


「Alma Naidu - Illusion (official video)」


by knakano0311 | 2022-07-01 17:30 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/31962977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 朝食は昨日採ったヤマモモのジュ... 涼 涼 涼 ・・・ >>