人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

第4回 二人の「A」

b0102572_171746100.jpg

梅雨の季節。こんなうっとおしい季節にはやはり定番のBOSSA NOVA。この時期の通勤電車には欠かせない音楽です。私の最初の女・・、いやJazzにおけるミューズ、DIVA(女神様)は、「アストラッド・ジルベルト/Astrud Gilberto」であった。狭くて汚い学生アパートで安物のプレーヤーで飽きるほどに聴いた38年前であった。抑揚のあまりない、淡々としたささやくような歌声は新鮮であり、私の耳をJazz Vocalにむけるのに十分なほど魅力的であった。それから20年ほどたって、私は聴いたんですよ、生で、彼女のステージを、New Yorkで。たまたまNYに出張した折、確か「Fat Tuesday」というJazzクラブに出演していました。小躍りしてクラブへ出かけ、期待にたがわぬステージを堪能したことを覚えています。さすがに容姿は昔のジャケットどおりとは行かなかったが、十分に我が初恋のミューズとよぶにふさわしい彼女であった。
もともと「Joao Gilberto」の奥さんで、彼女がキッチンか何かで、鼻歌を口ずさんでいるのを、夫のJoaoがきいて、「これはいける」というんで歌手になったということが、当時のライナーノーツにかいてあったような気がします。まあ鼻歌といってしまえばそれまでなんだが・・・
お奨めは「The Shadow Of Your Smile」「おいしい水」。いまでもこの季節になると必ず聴いている愛聴盤です。そういえば、最近の彼女のCD聴いてないなあ。チェックしてみようっと。


いそしぎ
アストラッド・ジルベルト / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00008KKUZ
スコア選択:



おいしい水
アストラッド・ジルベルト アントニオ・カルロス・ジョビン ジョアン・ドナート / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00008KKT0
スコア選択:

「ASTRUD GILBERTOーThe Shadow of Your Smile」

          
by knakano0311 | 2006-06-30 13:08 | ミューズたちの歌声 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/5149611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第5回 二人目の「A」・・・・ 第3回 二人目の「あ」・・・ >>