人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

向田邦子の愛したJAZZ   ~水羊羹にあうJAZZ~  

b0102572_17284356.jpg

3月7日の朝日新聞に次のような記事を見つけた。
「水ようかんに合う歌声? 向田邦子さんの愛聴版復刻」 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2007年03月07日

米国の女性ジャズ歌手、ミリー・バーノンのアルバム「イントロデューシング」(ミューザック・2200円)が7日、CDで復刻される。脚本家の故・向田邦子さんの愛聴盤として、雑誌やテレビで紹介されてきたが、長く入手困難だった一枚だ。
 エッセー集「眠る盃(さかずき)」に収められた一文にバーノンの名が登場する。水ようかんを食べる時のムードミュージックは何がいいかと自問し、このアルバムの3曲目「スプリング・イズ・ヒア」が一番合うように思う、と書いている。
 56年の録音。向田さんが所有していたのは、74年に出た日本盤で現在、かごしま近代文学館に収蔵されている。
 99年に一度CD化されたが、すぐに市場から消え、ネットオークションで高値がついていた。

 「冷たいような甘いような、けだるいような、なまぬくいような」と向田さんが表現するその歌声は、クリス・コナーにも似ている。トランペットのルビー・ブラフ、ピアノのデイブ・マッケンナ、ギターのジミー・レイニーらの演奏も小気味がいい。
 水ようかんに合うかどうかはともかく、ホッと一息つきたい時にはぴったりの作品だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

眠る盃
向田 邦子 / / 講談社
ISBN : 4061317687
スコア選択:


ビリー・ホリデイを彷彿とさせるグルーミーな唄声が魅力の謎の美人シンガー、「ミリー・ヴァーノン/イントロデューシング」。「1950年代にたった1枚のレコードを残して、それ以来生きているのか死んだのか、まったく消息の分からない美人歌手」と向田邦子が書いた歌手。
以前NHKTVで向田邦子の特集をやった時に彼女の愛聴盤として紹介され、このアルバムの存在を知っていた。一度CDで復刻されたらしいが、超レアものとして、とんでもない高値がついていたらしい。今回復刻されたため、やっと手に入った。

水羊羹に合うかどうかは別として、どの曲も、しっとりと、やや憂いを含んで、ムーディに、歌い上げている。水羊羹に一番あうと評された「スプリング・イズ・ヒア」。「恋人がいないから春が来ても心が弾まず、憂鬱なの」と、甘く、けだるく、しかし情感豊かに歌われる。全編を通じ、レトロだが、聴いたあとの後味がいいというか、どこか豊かな落ち着いた気持ちにさせてくれるアルバムで、向田のエッセイと同じように、彼女の暮らしぶりやたたずまいを髣髴とさせる。


イントロデューシング
ミリー・ヴァーノン / / ミューザック
ISBN : B000NIJ3CK
スコア選択:


4曲目、「セントジェームズ病院」。南部のフォークソングがルーツだという。病院の白いテーブルに横たわる恋人の亡骸をみて、嘆く歌であるが、バーノンの歌唱は、抑制が効いたなかにエモーションナルな情を感じさせる小品。この曲の鬼気迫る「浅川マキ」のライブのカバーが、アルバム「松田優作の愛したJAZZ」にも収められている。

なんと!アルバム全曲がアップされていました。
「INTRODUCING - MILLIE VERNON」

          
by knakano0311 | 2007-03-19 23:20 | ミューズたちの歌声 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/6624000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コミック・バンドどころか・・・... 夢の美術館    ~再びのモジ... >>