人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

60歳過ぎたら聴きたい歌(18)  ~ Sunrise、Sunset ~

「ジョニー・ハートマン/Johnny Hartman」の歌う「サンライズ、サンセット/Sunrise Sunset」を初めて聴いたのは、学生時代よく通っていたB軒であった。それまで聴いていた、ポピュラー色の強い、N.K.コール、A.ウイリアムス、シナトラ、P.コモたちとは一味違って、初めて聴く本格的男性JAZZボーカルであった。「ビロードの歌声」と称される「ジョニー・ハートマン」の声にも、とりわけ、この「サンライズ・サンセット」の歌には魅了された。

初めて聴いてからから40余年、幾多の「Sunrise、Sunset」を見てきた。アイガー北壁とユング・フラウ・ヨッホの雪の頂を黄金色に染めて沈むアルプスの夕陽。朝4時、窓から差し込む朝日に、よろい戸の機能を初めて知ったハンブルグの朝。砂漠と超高層ビル群という、対照的でシュールなくみ合わせの風景の先に拡がるペルシャ湾へ沈んでゆくドバイの巨大な夕陽。朝、大西洋から昇り、メキシコ湾にゆっくりと沈んでゆく、フロリダはキーウエストの壮大かつ強烈な太陽と海のパノラマ。そして、北緯60度スエーデン、ウメアで見た、いつが日の出なのか日の入りなのか判然としないまま、針葉樹林の地平線近くを漂う白夜の太陽。荒涼たる荒野の地平線の彼方に沈む、旧満州は瀋陽の夕陽。どれも、その土地に住む人々の営みや、きっと大きな影響を与えたであろう人生を感じさせるような素晴らしい「Sunrise、Sunset」であった。

そして、この歌は、日本でも森繁久彌や西田敏行の舞台で知られるブロードウェイの大ヒット・ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の中で、最も有名な美しい歌である。
収録されているアルバムは、「ザ・ヴォイス・ザット・イズ」。ビル・エヴァンスのヒット曲「ワルツ・フォー・デビー」などとともに収録されている絶頂期のハートマンの傑作アルバムで、いつ聴いても飽きることがない。そのアルバムの最後の曲で、ギターとマリンバの伴奏とともに感情を抑えながら歌われ、ゆっくりと感動的な余韻を残して終わる。
「ジョニー・ハートマン」。無類のJAZZ好きで知られる「クリント・イーストウッド」が後年「マディソン郡の橋」の重要なシーンで彼の歌う歌をいくつか使ったのも記憶に新しいところだ。


ザ・ヴォイス・ザット・イズ!
ジョニー・ハートマン / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005R0OT
スコア選択:


またこのミュージカルは、『夜の大捜査線』などの名匠ノーマン・ジュイスン監督によって映画化もされている。
ウクライナ地方の、とうもろこしと麦畑に囲まれた小さな村アナテフカ。そこでは厳しい現実と伝統の中で必死に生きる人々が暮らしていた。ユダヤ人デヴィエも、そんな村人の一人。彼は政情不安な世の中で、5人の娘達の幸せを願い、彼女達の恋愛に悩み、結婚を祝い、そしてユダヤ人追放という過酷な時代を生きていく。民族色豊かな哀感溢れるストーリーで音楽的にも秀作である。長女が嫁ぐ日にみんなで歌う歌が、この『サンライズ・サンセット』。いつも屋根の上から守護神のように家族たちを見つめ続ける「屋根の上のヴァイオリン弾き」。その想いを奏でるバイオリンの独奏は名手アイザック・スターンによる演奏。

屋根の上のバイオリン弾き
トポル / / 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
ISBN : B0006TPF00
スコア選択:




「Sunrise ,Sunset  Fiddler on the Roof(屋根の上のバイオリン弾き)より」
                 作詞 Jerry Bock  作曲 Sheldon Harnick

「♪ この女の子は、昔私がよく抱っこしたあの女の子なの?
    この男の子は、昔私がよく遊んであげたぼうやなの?
     どんな風に大きくなってきたかなんて思い出せないわ
      二人ともすっかり美しい娘と立派な青年に成長した今
        幼かった過去の日々などなかったように思えるわ

    日が昇り、そして日が沈み
      日が昇り、そして日が沈み
        一粒の種のひまわりが一夜にして花に成長し
           日々は繰り返し そして過ぎていく
              幸せと涙をはこんで      ・・・・・・・・     ♪」


子供らが成長して巣立っていく。いま我が家はそんな時期を迎えており、この歌の持つ深みや哀歓が一層心に沁み入ってくる・・・・・・・。
by knakano0311 | 2008-06-29 12:21 | 60歳過ぎたら聴きたい歌 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oyajijazz.exblog.jp/tb/8854572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tner-Harold at 2008-06-29 15:35
お友達になりたいと思います。
貴方のブログを私のパソコンのお気に入りに登録しました。
Commented by knakano0311 at 2008-06-29 22:15
コメントありがとうございました。60のオヤジでゲーム的なことはよく分かりませんが頑張ってください。
<< 男唄に男が惚れて(2)  ~ア... 男唄に男が惚れて(1)  ~チ... >>