人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

2008年 10月 31日 ( 2 )

ハロウィーンがやってきた   ~さらなるブラッドベリ~

ハロウィーンがやってきた   ~さらなるブラッドベリ~_b0102572_1037490.jpg

前回のブログで「ハロウィーン」はケルト文化の影響を受けていると書いたが、10月31日は、まさに「ハロウィーン」。そして、ブラッドベリの作品に「ハロウィーンがやってきた(原題:THE HALLOWEEN TREE)」がある。

Wikipediaから引用すると、古代ケルトの信仰では、新年の始まりは、冬の季節の始まりである11月1日の「サウィン祭」であった。したがって、ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。この新年を祝う祭が「サウィン祭」で、ハロウィーンの起源であり、この祭りは、毎年10月31日の夜に始まった。やがてこの祭りはキリスト教へと引き継がれていって、現在の「ハロウィーン(万聖節の前夜祭)」となったそうだ。

ハロウィーンの主役は、まさにブラッドベリの世界に描かれたような、不気味なものや怖ろしいもので、死、不死の怪物、黒魔術、伝承の怪物などである。それゆえに、ハロウィーンの仮装には、幽霊、魔女、コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神、それにドラキュラやフランケンシュタインの怪物のようなものが登場し、ハロウィーン前後の時期には、これらのシンボルで家を飾る。レイ・ブラッドベリの「10月はたそがれの国(The October Country)」は、このハロウィーンの「10月」を強く意識したタイトルであったに違いない。

おなじみの「ジャックランタン」(Jack-o’-lantern)」(蕪ちょうちん)は、白色の蕪をくりぬき、刻み目を入れ、内側からろうそくで照らしたもので、最もハロウィーンらしいシンボルである。英国とアイルランドでは、今なおカブを使っているところもあるが、アメリカへの移民たちは、刻みやすいカボチャを早くから使い始めた。ハロウィーンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィーンの晩、家の戸口の上り段に置くのが習慣となっていることはご存知のとうりである。

小説「ハロウィーンがやってきた」は、子どもたちが待ちに待ったハロウィーンの夜に伝説の怪人に導かれ、八人の少年は時をさかのぼる。生きることの喜びと恐れにめざめてゆく少年たちの夢と冒険を詩情ゆたかに描く、ブラッドベリが手がけた児童向けの長編ファンタジー。

ハロウィーンがやってきた (ベスト版 文学のおくりもの)
レイ ブラッドベリ / / 晶文社
ISBN : 4794912455
スコア選択:



「何かが道をやってくる」。
ある年のハロウィーンの夜、ジムとウィルの十三歳の二少年は、一夜のうちに永久に子供ではなくなった。カーニバルの騒音の中で回転木馬の進行につれて、時間は現在から未来へ過去から未来へと変わり、魔女や恐竜の徘徊する悪夢のような世界が展開する。

何かが道をやってくる (創元SF文庫)
レイ・ブラッドベリ / / 東京創元社
ISBN : 4488612016
スコア選択:




そして、「何かが道をやってくる」は、1983年にディズニー・プロが映画化されたが、映画化されたブラッドベリの作品はいくつかある。代表的なものは以下の2作だろう。

「火星年代記」。「ミレニアム」のM・アンダーソン監督によって1979年に映画化されているが、人類が火星探検を始め、定着から開発、やがて経験する衰退までの年代記を全26の短編と断片で構成されてる。映画の主役はロック・ハドソン。かって一日かけて、TV放映されたときずっと観ていたがそれだけ面白かったのだろう。映像は、いまの特撮技術、CGからすれば幼稚とさえ見える映像であるが、レトロな雰囲気が妙になじんだのを記憶している。

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)
レイ・ブラッドベリ / / 早川書房
ISBN : 4150401144
スコア選択:


火星年代記 メモリアル・エディション
/ 紀伊國屋書店
ISBN : B000BFLABC
スコア選択:




「華氏451度」。書物を読むことが禁じられた未来社会のなかで、読書の喜びを知った男に待ち受ける過酷な運命とは ・・・・・。
レイ・ブラッドベリの傑作SF小説を、名匠フランソワ・トリュフォーが1966年に映画化。詩的でウイットに富んだ語り口で、思想統制のための焚書が行われる恐るべき未来の姿を描き出す。タイトル「華氏451度」は、紙が燃え出す発火温度である。

華氏四五一度 (ハヤカワ文庫 NV 106)
レイ・ブラッドベリ / / 早川書房
ISBN : 4150401063
スコア選択:


華氏451 (ユニバーサル・セレクション2008年第7弾) 【初回生産限定】
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B0017XB4Y0
スコア選択:




ちなみにマイケル・ムーア監督がブッシュ大統領を徹底批判するドキュメンタリー、「華氏911」は、この「華氏451度」のタイトルをもじったものである。9.11の同時多発テロを発火点になぞらえて、ブッシュが大統領に当選した際のフロリダでの選挙疑惑や、同時多発テロ前後の彼の行動、ブッシュ家とビンラディン一族の意外なつながりなど、経歴や言動から大統領としての資質を問い正す。
これについて、ブラッドベリは、「了解もなしに、数字だけを変えて題名を使った」、「恐ろしい人間だ」などとムーアを非難し、映画の内容についても「わたしの意見とは何の関係もない」と語っているらしい。

華氏 911 コレクターズ・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B0001X9D68
スコア選択:



イラク戦争を始め、投機資本主義の拡大を野放しにして世界金融不安を招いたブッシュ。その政治的評価は数日後に下される。
by knakano0311 | 2008-10-31 17:50 | シネマな生活 | Trackback | Comments(0)

マネーな人々  ~マーケッターとしてのシニア考(12)~

最近目にしたことで、ちょっと気になることがあります。実は私の通勤途上に某銀行の外国通貨両替コーナーがあるのですが、ここ2週間ほど前から、かなりの人が毎日行列を作っています。以前は帰宅の時間帯に、そこで殆ど客を見かけることはなかったのですが・・・・。勿論、昨今の急激な円高の情況が大きく関係していることは容易に想像できるのですが。

行列を作っている人はとみると、円高に悲鳴を上げ、少しでも円が安いうちに替えておこうというような外国人旅行者でもなく、また近々海外旅行に出かけるような人たちにも見えない。中高年のおじさん、おばさんといった感じの人たちが大半で、そして誰もが「ぶすっ」として不機嫌な表情で列に並んでいるのです。

これは私が勝手に推測するに、多分しばらく前の円安の時期に、「外貨で持っていたほうが蓄財に有利」というような経済?評論家の口舌を信じて、老後のためなどの資金を、ドルなどの外貨で保有していた人たちが、この急激な円高にたまりかねて円へ戻すために窓口に並んでいたのではないか。あるいは、今後円安に振れることを見越してドル買いをする、そんなところではないかと思うのですが。それにしても連日これほどの人の列。けっこうプチ・投機をやっている人が沢山いるのですねえ。もし、そうだとしたら、なんとなくやるせなくわびしい話だなあ・・・・。

すべて人任せになっている私の年金や基金も少し心配になってきた・・・・。


かってロックと貧乏はコインの裏表。ジョン・レノンが、「誰か金をくれないか。金がほしいんだよ。どうしても金がいるんだよ。・・・」と歌う、「Money (That's what I want) 」は「ウィズ・ザ・ビートルズ」のラスト曲として収録されている。初期のジョンの粘っこい絶叫が、かっこ良かったなあ。

ウィズ・ザ・ビートルズ
ザ・ビートルズ / / EMIミュージック・ジャパン
ISBN : B00005GL0L
スコア選択:

「マネー」を歌うなつかしの映像は You Tube でもみられますよ。(色字部をクリックしてみてください)

          

「私の楽器はオーケストラだ」。ビッグバンドのリーダーとして、ジャズを芸術の域まで高めた真の巨人、デューク・エリントン。彼のピアノを中心に、チャールス・ミンガス(Bass)、マックス・ローチ(Drums)というJAZZ史上最強ともいえる巨人たちが激しく個性をぶつけ合う、1962年のトリオ作品。

マネー・ジャングル+8(紙)
デューク・エリントン / / EMIミュージック・ジャパン
スコア選択:
by knakano0311 | 2008-10-31 00:15 | マーケッターとしてのシニアから | Trackback(2) | Comments(0)