人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

2012年 12月 07日 ( 1 )

「デイヴ・ブルーベック」逝く

b0102572_22585549.jpg

「テイク・ファイブ」、「トルコ風ブルーロンド」などで知られるジャズ・ピアニストで作曲家の、「デイヴ・ブルーベック/Dave Brubeck」氏が、12月5日に亡くなりました。享年91。

1920年、アメリカ、カリフォルニア州コンコード生まれ。1951年に、アルト・サックス奏者「ポール・デスモンド/Paul Desmond」氏と組んで「デイヴ・ブルーベック・クァルテット」を結成し、ウエストコースト・ジャズ・シーンを代表するミュージシャンとして活躍した。「ポール・デズモンド」が作曲した、5/4拍子というユニークなリズムで演奏される「テイク・ファイブ/Take Five」を収録した1959年のアルバム、「タイム・アウト/Time Out」が大ヒット、一躍有名になった。ジャズでは初のミリオンセラーを記録したという。CMでも使われたので知っている方も多いでしょう。

私をジャズに導いてくれた一人である。確か高校の時、なけなしの小遣いをはたいて買った2枚の45回転EPレコードが、ひとつは「アート・ブレーキーとジャズ・メッセンジャーズ/Art Blakey & Jazz Messengers」の「危険な関係のブルース」、もう一枚が、「テイク・ファイブ」であったと思う。

グラフィックデザイナー、居酒屋探訪家で知られる「太田和彦」氏は、高校の同級生で、当時まだJAZZに目覚めかけた我々を尻目に、「やっぱりジャズはウエストコーストだな」なんてほざいて早熟ぶりを見せていたことを思い出す。

ブルーベックより、「ポール・デスモンド」が好きな私ではありますが、数あるアルバムのなかから、私をジャズに導いてくれた1枚、「タイム・アウト」と、今もって大好きなアルバムでもあるディズニー・ナンバーをオリジナリティあふれるアレンジでカヴァーした「デイヴ・ディグズ・ディズニー/DAVE DIGS DISNEY」をあげておきましょうか。

タイム・アウト

デイヴ・ブルーベック / ソニーレコード



デイヴ・ディグズ・ディズニー

ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット / SMJ



そうそう、「エニシング・ゴーズ/Anything Goes」も「足ジャケ」が好きですね。

エニシング・ゴーズ(3ヶ月期間限定盤)

ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル



「Dave Brubeck - Take Five」

          
 

合掌 ・・・・ 。
by knakano0311 | 2012-12-07 10:17 | 訃報を聞いて | Trackback | Comments(0)