大屋地爵士のJAZZYな生活

2015年 03月 21日 ( 1 )

故郷の里山周辺を歩く

b0102572_2311326.jpg

b0102572_23142671.jpg

実家に来てのウォーキングも楽しい。15分も歩くと、もうそこは裾野に果樹園が広がる里山である。遠目に見ると、なにか光る箱状のものが、松林の中にいくつも置かれている。何かなと思って近づいてみたら、伐採された松が透明な樹脂シートに包まれて置かれている。多分、「松くい」による「松枯れ」被害木を、「くん蒸処理」したものと思われる。

「松くい」は、「マツノザイセンチュウ」という「マツノマダラカミキリ」を媒体とする寄生虫が、松に寄生して起こす病気で、「松くい」にかかると松の導管に障害を起こし、水が吸えなくなり、やがて枯れてしまう。 このため、「カミキリ虫」の飛散による二次感染を防ぐため、「松くい」にかかった松は全て伐採し、ビニールで包んで薬剤を散布、「くん蒸処理」をする。 この処理をしたものが林に中に置かれていたというわけ。わが遊びの山では、「松くい」による「松枯れ」もあるが、それより大きな問題になっているのは、「ナラ枯れ」である。今年も「カシノナガキクイムシ」の幼虫が羽化する前に対策を実施せねば ・・・。

b0102572_23144750.jpg

この山裾には、「道祖神」のほかに写真のような男性シンボル、あるいは女性シンボルと一対になった石像、「陰陽石」や木像が多く置かれている。子宝に恵まれ子孫繁栄を願う民間信仰である。この付近一帯は、「天武天皇」が行幸しようとした地として「日本書紀」に記されるという古い歴史の湯の里、「美ヶ原温泉」である。ここはまた奇祭、「道祖神祭り」でも有名な温泉。9月の第4土曜の夕刻が、その祭りが行われる日で、木製の巨大な男性のシンボルをかつぎ、温泉街を練り歩く。宿泊客などの女性は、希望すればその上に乗ることができるという。厄除け・縁結び・子宝を祈願するというおおらかな祭りのようだ。私が故郷を離れた後、両親がこの地に引っ越してきたが、その後にこの祭りは始まったようだ。だから話には聞いていたが、祭りそのものを私は見たことがない。従って妻も木像に乗ったことなどないが、3人もの子宝に恵まれたのはどういうわけでしょう。

このブログにアップするのは、いささかはばかれますので、詳しいことを知りたい方は、クリックして次のサイトを参照して下さい。「新まつもと物語/奇祭!!道祖神まつり」「長野の奇祭「道祖神祭り」に行ってきた」など。

里山を歩きながら、西の方を振り返れば、春が近づいたとはいえ、まだまだ空気が澄んでいるので、北アルプスが間近に見える。何度見てもその美しさに感動する。

b0102572_2315361.jpg


さて、今日のホーンは、「ライアン・カイザー/Ryan Kisor」。
b0102572_2233910.jpg
1973年、アイオワ州スーシティー生まれ。最初は父親からトランペットを習い、10歳でローカルなダンスバンドで演奏を始めたという。「クラーク・テリー/」との出逢いによって、ジャズにインスパイアーされたのが15歳。1990年、17歳の時に、「モンク・コンペティション/Thelonius Monk Institute's trumpet competition」に優勝。翌年NYへ移り、「ルー・ソロフ/Lew Soloff」に師事、ニューヨークのジャズメンと交流、キャリアを重ね、自身のコンボを組み精力的に活動し、現在に至る。

抜群のテクニック、クールな中にも熱い情感を込める天性のフレージング、「トランペットの詩人」と呼ばれるそのコンテンポラリーな感性は、日本国内での人気も高い。「クリフォード・ブラウン/Clifford Brown」に捧げた第2作は、そのタイトルもズバリ「カイザー/Kisor」。

カイザー

ライアン・カイザー / ビデオアーツ・ミュージック



「Ryan Kisor - I Remember Clifford」

          

親しみやすく、単純明快で歯切れのいいファンキー・バップ。自作3曲以外は、「リー・モーガン/Lee Morgan」がらみの曲を演奏しているワン・ホーン・カルテットの編成であるが、バックは通常のピアノ・トリオではなく、オルガン、ギター、ドラムというピアノレス&ベースレスの異色で新鮮な編成。

ザ・サイドワインダー

ライアン・カイザー サム・ヤヘル ピーター・バーンスタイン ウィリー・ジョーンズ3ビデオアーツ・ミュージック



「リー・モーガン」でお馴染みの「Mr.ケニヤッタ/Mr. Kenyatta」。

「Ryan Kisor - Mr. Kenyatta」

          

「ホレス・シルヴァー/Horace Silver」や「ナット・アダレイ/Nat Adderley」、「ケニー・ドーハム/Kenny Dorham」のヒット曲とオリジナル曲からなるファンキー・ジャズ・アルバム。

ドナ・リー

ライアン・カイザー サム・ヤヘル ピーター・バーンスタイン グレッグ・ハッチンソンビデオアーツ・ミュージック



有名な「チャーリー・パーカー/Charles Parker」のタイトル曲は、カイザーと「グレッグ・ハッチンソン/Greg Hutchinson(ds)」による異色のデュオ。

「Donna Lee - Ryan Kisor」
 
          
[PR]
by knakano0311 | 2015-03-21 10:27 | ふるさとは遠くにありて・・・ | Trackback | Comments(2)