人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

2016年 08月 07日 ( 1 )

この風景が定着しなければいいが ・・・

この風景が定着しなければいいが ・・・_b0102572_14522377.jpg


遊びの山の尾根からの眺望。近隣の山で、かなり目立つのは、緑の中の茶色。「ナラ枯れ」である。妻も車の中から見つけては、私に聞くくらいだから、かなり目立つのであろう。京都ルートといわれる京都地方より、3、4年前にこの地域まで広がり、去年あたりがピークだと言われ、その影響が今年出ているようだ。

この風景が定着しなければいいが ・・・_b0102572_14583841.jpg
この風景が定着しなければいいが ・・・_b0102572_1459508.jpg


「ナラ枯れ」とは、「ナラ菌」というカビの仲間の病原菌と、その病原菌を媒介する「カシノナガキクイムシ」という体長5㎜ほどの昆虫によって、ナラ類、シイ、カシ類の樹木を枯らす「樹木の伝染病」である。「カシノナガキクイムシ」は、病原菌を体内に入れて運び、夏から秋に樹木に無数の穴をあけ、卵を産み付け、翌年の6、7月にその幼虫が羽化し、また新しい樹木に卵を産み付け ・・・といったことを繰り返すのである。ナラ菌は孔道を伝わって蔓延するため、水分が上がらなくなり、木が最も水を必要とするこの時期、真夏から晩夏にかけ、水が上がらないので、急速に葉が萎れ、茶色や赤茶色になって枯れてしまう。

被害に遭っても、全部が枯れるまでには至らないのであるが、「ナラ枯れ」までになった「コナラ(小楢)」の被害木が、先日の山作業でも何本か見つかった。近隣の山に比べると数は少ないので、対策はそれなりに効果があったと見るべきだろう。しかし、昨年対策漏れの被害木から羽化し、新たに被害を受けた木もいくつか見つかっている。孔を開けられた樹皮から樹液が流れ出し、根元にはフロスと呼ばれる木の粉が堆積している。

これが定着し、見たくない夏の風景にならないことを願うばかり ・・・。
今年から、8月11日は「山の日」である。

この風景が定着しなければいいが ・・・_b0102572_1021254.jpg

さて、今宵の夏の歌は、「ワンス・アポン・ア・サマータイム/Once upon a summertime」。
今宵は北欧スウェーデンの歌姫の爽やかな歌声を。まずは「マルガリータ・ベンクトソン/Margareta Bengtson」。1966年、ストックホルム生まれ。人気ア・カペラ・ユニット、「ザ・リアル・グループ/The Real Group」の元リード・シンガーで、北欧一美しい声の持ち主とか、北欧一美しいソプラノの持ち主といわれている。古き佳き時代のアメリカン・ジャズ・スタンダードへのオマージュとして制作された、2007年のデビュー・アルバム、「アイム・オールド・ファッションド/I´m Old Fashioned」から。
 
「Once Upon a Summertime - Margareta Bengtson」

          

この風景が定着しなければいいが ・・・_b0102572_1021211.jpg

そして、「モニカ・ゼタールンド(セッテルンドとも)/Monica Zetterlund」。1937年生まれ。1964年、モニカが27歳のとき、ヨーロッパ・ツアーでストックホルムに立ち寄った「ビル・エヴァンス・トリオ/Bill Evans Trio」と録音したのが 「ワルツ・フォー・デビー/Waltz for Debby」。この辺の事情は、映画、「ストックホルムでワルツを」(原題;Monica Z)に詳しいのでご覧になった方も多いのでは。(参照拙ブログ 「伝説の歌姫の真実 ~ 映画「ストックホルムでワルツを」~

その後、彼女は女優、歌手として90年代前半まで現役で活躍したが、2005年、自宅のベットでの寝タバコが原因で火事になり、焼死体で発見されたという。享年67歳。しかも、火事を通報したのはモニカ本人で、その時「こんな事で死にたくないわ」と言ったという。あまりにも無残で悲しい最期だった。その世界的にブレイクしたアルバムから。

「Monica Zetterlund (w/Bill Evans) ー Once Upon A Summertime」

          
by knakano0311 | 2016-08-07 09:31 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)