大屋地爵士のJAZZYな生活

2018年 02月 11日 ( 1 )

やはり気になる炭の出来栄え

b0102572_1514296.jpg
b0102572_1514371.jpg
 第2回目の炭焼きの窯出しの日だが、朝からあいにくの小雨。炭を焼き始めてから8年が過ぎたが、やはりいつも気になるのは、炭の出来栄え。結構前の日からそわそわしてしまう。写真は炭窯を開けた直後の窯の中の写真。手前の窯木は崩れているが、奥の窯木は形を保っており、しっかり炭になっているようだ。窯木の上部に積んだ「バイタ」と呼ばれる細枝の束や藁も見事に炭になっているのが見て取れる。

 今回入れた窯木は650本ほど。窯から取り出し、並べてみる。壮観である。見かけ上ではあるが、90%に近い驚異的とも言える良炭率が得られた。第一回に続いて見事な「菊炭」が多く焼け、我々年二回の「にわか炭焼き師」も大満足である。炭焼き体験教室参加者も、自分たちが参加し焼いた炭焼きで、「菊炭」の美しさに感動し、米袋いっぱいの「菊炭」をもらって、こちらもハッピー、大満足のよう。感謝の言葉もたくさんもらったが、こちらは、炭焼き大好きの仲間たち。いえいえどういたしまして ・・・。  

b0102572_17204555.jpg
 ということで、今宵の曲は、「Happy Together」。「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」のアルバム、「Simply Love」(2013)からです。

 この「Happy Together」、オリジナルは、 アメリカのロックバンド、「ザ・タートルズ/The Turtles」が1967年に発表してヒットした曲だという。私はリアル・タイムで聞いていたはずだが、バンドの名前に覚えはあるが、この曲に残念ながら。記憶がない。

 「ヘイリー・ロレン」。1984年10月、アラスカ生まれ。幼少期に、「エタ・ジョーンズ/Etta Jones」や「ナット・キング・コール/Nat King Cole」、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」などジャズやソウルの大御所を愛聴し、10代で「ダイアナ・クラ―ル/Diana Krall」に夢中になったという。その後、「サラ・マクラクラン/Sarah McLachlan」等ポップスにも大きな影響を受けたとも ・・・。21歳で全曲オリジナルのデビュー・アルバム「Full Circle」(2006年)を発表、2008年、2作目の「THEY OUGHTA WRITE A SONG(邦題:青い影)」が大ヒットした。

 本アルバムは、、「Happiness、Sun、Being In Love」がテーマだそうで、オリジナル3曲、ポップ・ソングのカバーが4曲、スタンダード7曲という構成。その構成通り、ジャズとニュー・ポップスを絶妙に融合した独特のスタイルが瑞々しい。相変わらずの高音部が裏返る独特の歌唱も魅力的。

 歌詞を読むと、今なら一歩間違えば、ストーカーになってしまうような思い入れの強い、片思いの歌で、あまり「Happy Together」って感じはしない曲ですが ・・・・。

【 Happy Together 】   by Alan Gordon, Garry Bonner

「♪ Imagine me and you, I do   想像してごらん、僕と君を 僕はいつもそうしているよ
  I think about you day and night,   昼も夜も君のことを考えている 
            it's only right    それはあたりまえのことさ
  To think about the girl you love    好きな女の子、君のことを思い
         and hold her tight     君をしっかり抱きしめることを考えると 
  So happy together            二人ともハッピーだと想像してしまう

  If I should call you up, invest a dime   もし1セントいれて、電話して
  And you say you belong to me      君が君は僕のものと言ってくれたら
           and ease my mind   ぼくの心は安らぐ
  Imagine how the world could be, so very fine そんなすばらしい世界を想像してごらん
  So happy together            二人ともハッピーになれるよ

  I can't see me lovin' nobody but you   君のほかはだれも目に入らない
  For all my life               これから先の人生でもずっと
  When you're with me, baby the skies'll be blue 君が僕といてくれたら、空はずっと青空
  For all my life               これから先の人生でもずっと

  Me and you and you and me        ぼくときみ、きみとぼく
  No matter how they toss the dice, it has to be  サイコロを投げても変わりゃしないさ
  The only one for me is you, and you for me 僕にとってただひとりの君、君にとっての僕
  So happy together             二人ともハッピーになれるよ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

Simply Love

Halie Loren / Justin Time Records



「Halie Loren - Happy together」

          

   

   
[PR]
by knakano0311 | 2018-02-11 10:40 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)