大屋地爵士のJAZZYな生活

2018年 05月 05日 ( 1 )

路傍の花、樹々の鳥(212) ~ 花と蝶 ~

b0102572_1358345.jpg

 団地のあちこちで、「ツツジ(躑躅)」が見事な満開を迎えている。「ハナミズキ(花水木)」、「モッコウバラ(木香茨、木香薔薇)」などとならんで、生垣に人気の低木。蝶が蜜を吸いにきたところをパチリ。

 さて、今宵の曲は、「森進一」ではありません。「ポール・デスモンド/Paul Desmond」。「不幸で良かった」なんて、自虐的なタイトルが付けられたアルバム、「Glad To Be Unhappy」(1964)から、「Poor Butterfly」。
    
 パーソネルは、「デスモンド(alto sax.)」の他、「ジム・ホール/Jim Hall(Guitar)」、「コニー・ケイ/Connie Kay(Drums)」、「ユージーン・ライト/Eugene Wright(Bass)」という「デイブ・ブルーベック・カルテット The Dave Brubeck Quartet 」と「モダン・ジャズ・カルテット (Modern Jazz Quartet) 」をミックスした手練れ。

b0102572_1473873.jpg
   
Glad to Be Unhappy
ポール・デスモンド/Paul Desmond
RCA Victor Europe



「Paul Desmond - Poor Butterfly」

         

 同じアルバムから、「蜜の味/A Taste Of Honey」。
   
「Paul Desmond - A Taste Of Honey」

         


   
[PR]
by knakano0311 | 2018-05-05 09:22 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)