大屋地爵士のJAZZYな生活

2018年 07月 11日 ( 1 )

路傍の花、樹々の鳥(220) ~ 炎天の花も一気に ~

b0102572_1481528.jpg
b0102572_1491312.jpg
b0102572_1493429.jpg
b0102572_1410073.jpg
b0102572_14103838.jpg
b0102572_14112041.jpg

 雨が収まった後も、余波の災害が続いている。記録的な大雨が終わったと思ったら、どうやら今度は記録的?な猛暑。久しぶりにいつものコースを変えて、ひとりでウォーキング。炎天の花も一気に咲き出し、一気に夏気分に ・・・。とはいえ、急に真夏日になったため、体がすこしだるい。蝉はまだ鳴かない。

 けだるいトランペットの響きで、定番「サマータイム/Summertime」。「チェット・ベイカー/Chet Baker」です。「バークレイ・レコード/Barclay Records」時代の演奏のコンピ・アルバム、「In Paris: Barclay Sessions 1955-1956」(2000)から。オリジナルは、「CHET BAKER QUARTET」(1955)。 カルテット仕立てで、パーソネルは、「Chet Baker (trumpet)」、「Gerard Gustin (piano)」、「Jimmy Bond (bass)」、「Nils-Bertil Dahlander (drums)」。

ベスト・オブ・チェット・ベイカー・イン・パリ
チェット・ベイカー / / ユニバーサルクラシック
  
   

「Chet Baker Quartet - Summertime」


          

 気だるさと甘さでは引けを取らないのが、フリューゲル・ホーンの名手、「アート・ファーマー/Art Farmer」。「ミシェル・ルグラン/Michel Legrandの代表曲でもある映画主題歌、「The Summer Knows(おもいでの夏)」を同名のアルバム(1976)から。

おもいでの夏

アート・ファーマー / ユニバーサル ミュージック クラシック



「Art Farmer - The Summer Knows」

          
  


  
[PR]
by knakano0311 | 2018-07-11 17:33 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)