大屋地爵士のJAZZYな生活

2018年 07月 24日 ( 1 )

酷暑お見舞い(2) ~ 涼を呼ぶフュージョン ~

b0102572_105604.jpg

 梅雨も明けたので、我が家の庭にも、蝉やら蝶々、カマキリといろんな虫がやって来る。

 「逆療法もあり」ということで、酷暑お見舞い第2弾は、涼を呼ぶフュージョン。
 日本フュージョン界の草分けとして一世を風靡した「ネイティブ・サン/Native Son」のセカンド・アルバム、「サヴァンナ・ホット・ライン/Savanna Hot-Line」(1979)から、タイトル曲を 。

b0102572_15122552.jpg
 「ネイティブ・サン」。キーボード奏者、「本田竹広」と, サックス奏者、「峰厚介」を中心に、1978年結成された。当時、日本を代表するフュージョン・バンドで、1STアルバム、「ネイティブ・サン」(1979)は、30万枚を越えるヒットとなったという。

 メンバーは、「本田竹曠(Keyboards)」、「峰厚介 (Tenor & Soprano Saxophone)」、「大出元信 (Guitar)」、「村上寛 (Drums)」、「 川端民生 (Bass)」。結成当時5人のメンバー中、本田、大出、川端の3人が鬼籍に入り、バンドそのものも永遠に幕を閉じてしまった。我々世代にとっては、まさに「青春のフュージョン」であった。

b0102572_15132726.jpg
    
サヴァンナ・ホット・ライン/Savanna Hot Line
ネイティブ・サン/ Native Son
ビクターエンタテインメント



「Native Son - Savanna Hot Line」

          

 ファンキー・ジャズからも。これまた’80年代に、ハードバップを再来させ、一世を風靡した「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet」のアルバム、「Funky Strut」( 1991)から、「Hot Grits 」。「ホット・グリッツ/Hot Grits 」とは、乾燥させて挽き割ったトウモロコシで作った粥で、アフリカ系アメリカ人のソウル・フードだという。アルバム、「ファンキー・ストラット/Funky Strut 」(1991)より。「strut」とは、気取って歩くことだという。

b0102572_9393139.jpg
    
ファンキー・ストラット/Funky Strut
マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet
ビデオアーツ・ミュージック




「Manhattan Jazz Quintet - Hot Grits」


          
[PR]
by knakano0311 | 2018-07-24 09:18 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)