大屋地爵士のJAZZYな生活

2018年 09月 14日 ( 1 )

倒れる、朽ちる、やがて芽生えてくる

b0102572_16303331.jpg
b0102572_16305041.jpg
b0102572_1631147.jpg
b0102572_16311897.jpg

 風台風だった台風21号の被害状況を調べるため、山頂までの尾根道を辿る。6月は鹿対策、7月は西日本豪雨による土砂被害、8月の台風20号、21号により受けたクヌギ再生林の被害の後始末に追われたため、山頂まで上がるのは、なんと6月7日以来、3ヶ月ぶりということになる。

 一面、折損した枝が散乱している尾根道を登りながら驚いた。太い「ソヨゴ(冬青)」や「アベマキ(棈)」、「コナラ(小楢)」などが何本も根元から倒れている。幹の途中から折れているのもあって、見るも無残な状態になっている。こんな光景を見るのは、この森で森林ボランティアを始めてから初めて見る光景である。自然観察路を邪魔している倒木はもちろん、安全上問題のある倒木や折損木をチェーン・ソーを使いながら、総がかりで片付けていく。しかし、この数、処理を終えるのに、この先1ヶ月くらいはかかるであろう。炭焼きの計画を立てるのが10月、クヌギの伐採を始めるのが、11月であるから、もうそんなに時間はない。

 しかし、これも、「倒れる、朽ちる、芽生える」という自然の循環の一環である。この光景も、やがては馴染み、新しい景色を形作っていく。

b0102572_16313295.jpg

 山から下ってくる途中、よもやと思って、クヌギの再生林をチェックしに回った。どこかネットの破損したところから入り込んだのであろう、鹿が2頭台場クヌギの新芽を食べているではないか。脅しても全く逃げる気配はない。なんということ!! こちらの対策を優先せねばならない。「ああ、元の木阿弥か」と、がっかりである。しかし、これも自然相手と気を取り直す。

b0102572_10184329.jpg
 今宵の曲は、「Fallen」から。「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」である。「エルヴィス・コステロ」は、1954年、リヴァプール生まれ。イギリスのミュージシャン、作曲家、プロデューサーである。1977年、パンク色の強い、自身率いるバンド、「エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ/Elvis Costello & the Attractions」でデビュー。2003年にはジャズ歌手の「ダイアナ・クラール/Diana Krall」と3度目の結婚、双子の息子をもうけている。日本では、こちらのほうで有名かも知れない。

 アルバムは、ジャズ色の強い「North」(2003)から。これから冬に向かう秋を思わせる、すこし暗くて、ロマンティックな思いに満ちたアルバム。

【 Fallen 】 by Elvis Costello

「♪ All the leaves are turning yellow, red and brown  木の葉が黄、赤、茶に変わっていく
  Soon they'll be scattered as they tumble down   やがて落ち葉となって地面一面に
  Although they may be swept up so invitingly    それもつかの間、すぐ掃かれてしまう

  I never did what I was told         ぼくは口にしたことを何一つ実行しなかった
  I trampled through               琥珀、輝く金のように大事なものを
       the amber and the burnished gold     踏みにじってきた
  But now I clearly see             でもいまははっきりわかるんだ
        how cruel the young can be   あの若かった時代がどれだけ残酷だったかが

  You can convince yourself of anything    君は信じていいよ
  If you wish both hard and long        もし君が厳しくて長い人生を願うなら
  And I believed that life was wonderful     それはそれで素晴らしいとぼくは思う
  Right up to the moment when love went wrong  愛が終わるギリギリの瞬間まで
  I gaze up at the tree-tops and laugh      ぼくは樹の先っぽを見て笑っている
  I need somebody to shake me loose     ぼくは自分を解き放ってくれる誰かが欲しい
  I want to know what happens next      ぼくは次に何が起こるかが知りたい
  'Til I don't care at all             そのほかはどうだっていい
  There I go                   そんな僕に
  Beginning to fall                秋のはじまり  ♪」


b0102572_23364058.jpg
    
North Limited Edition
エルビス・コステロ
Deutsche Grammophon




「Elvis Costello ー Fallen」


          

 再生の予感を感じさせるもうひとつの曲。「ジムホール/Jim Hall」の「Lament for a Fallen Matador(哀愁のマタドール)」。原曲は、「ドン・セベスキー/Don Sebesky」によって編曲された、バロック様式のクラシック、「アルビノーニのアダージョ/Adagio in G Minor by Tomaso Albinoni」。アルバムは、「Commitment/哀愁のマタドール」(1976)から。「アート・ファーマー/Art Farmer(Flugelhorn)」、「ロン・カーター/Ron Carter(Bass)」、「テリー・クラーク/Terry Clarke(Drums)」、「トミー・フラナガン/Tommy Flanagan(Piano)」などそうそうたるメンバーがサポート。

b0102572_2340291.jpg
     
哀愁のマタドール/Commitment
ジム・ホール/Jim Hall
ユニバーサル ミュージック クラシック




「Lament For A Fallen Matador – Jim Hall」


          
[PR]
by knakano0311 | 2018-09-14 23:55 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)