大屋地爵士のJAZZYな生活

2018年 09月 22日 ( 1 )

炭窯は無事だった

b0102572_2145104.jpg

 朝、起きて気になるのが空模様。どうにか持ちそうな天気。しかし、家を出るときには、降り出してきた。私の所属する森林ボランティア・クラブでは、雨天でも基本的には、活動することにしている。工作室、炭小屋などの整理整頓、あるいは道具の手入れなど、山作業はしなくとも、仕事はいろいろあるからである。結局、雨がひどく山作業は中止。用具の整理整頓、手入れを行う。そして気になるのが炭窯。例年にない台風、雨続きの今シーズン、浸水、破損などがないか、炭窯の中も入念にチェックしたが、異常は見つからず、年明けから始まる炭焼きに問題ないようだ。

 そして、雨降りの一番の楽しみは、仲間とのコーヒーとおしゃべり。お菓子やら自家製の柿など、皆が持ち寄ったものを食べながら、いろんな話に花が咲く。一番の話題は、阪神タイガースのリーグ最下位転落のことだった。

b0102572_952513.jpg
 秋が深まってくる宵によく聴くロマンチックなアルバムは、残念なことに2014年、鬼籍に入ってしまったが、私が最高のベーシストと思っていた、「チャーリー・ヘイデン/Charlie Haden 」が、ピアニストの「ゴンサロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」とパーカッショニストの「イグナシオ・ベロア/Ignacio Berroa 」というキューバ出身のチームとトリオを組み、きら星のごときゲストたちを迎えてプレイしているアルバム、「ノクターン/Nocturne」。ひょっとしたら、枕を濡らしてしまうかもしれない秋の夜にふさわしい夜想曲集。

Nocturne

Charlie Haden / Umvd Labels



「Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba - Tres Palabras(Three Words)」

          

 哀切のヴァイオリンの調べ ・・・。

「Charlie Haden & Gonzalo Rubalcaba - El Ciego(The Blind)」

          

b0102572_10191791.jpg
 「ゴンサロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」。1963年キューバ、ハバナ出身。5歳の時より、父のバンドでパーカッションを演奏し、7歳で、ピアノを習いはじめたという。1978年に、音楽仲間と「グルーポ・プロジェクト/Grupo Proyecto 」を結成し、1986年、デビューアルバムを発表。そのゴンザロが、「チャーリー・ヘイデン」の作品に参加したのが、モントリオール・ジャズ・フェスのライブ、「The Montreal Tapes」(1989)、前述の「ノクターン/Nocturne」(2001)。2人は1986年にキューバで初めて出会い、その出会った瞬間にヘイデンは英語も理解できないルバルカバ(当時23歳)に運命的なテレパシーを感じたとのこと。その後も、 「Land of the Sun (2004)、2005年3月に「Blue Note Tokyo」で行ったライヴの名演を収録したデュオ作品、「Tokyo Adagio」(2015)をリリースしている。

 「ゴンサロ・ルバルカバ」が、偉大なるベーシスト、故「チャーリー・ヘイデン」に捧げたアルバムが、「Charlie」(2015)。このアルバムがリリースされていることを知らなかったが、ブロ友の紹介でやっと聴くに至った。ヘイデンが奥さんに捧げたという「First Song(For Ruth)」、「Sandino」、「Nightfall(Ellen David)」、「Silence」といったヘイデンの代表曲のほか、「パット・メセニー/Pat Metheny」の「Hermitage」、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」の「Blue in Green」など全9曲を収録。まさに「チャーリー・ヘイデン追悼」にふさわしい内容と演奏になっている。

b0102572_105191.jpg

Charlie
Gonzalo Rubalcaba
CD Baby



「Gonzalo Rubalcaba (Feat. Charlie Haden) - First Song」

          

 「チェット・ベイカー/Chet Baker」とのデュオでも知られている「Silence」。

「Gonzalo Rubalcaba - Silence」

          
[PR]
by knakano0311 | 2018-09-22 10:26 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)