大屋地爵士のJAZZYな生活

2018年 11月 17日 ( 1 )

今年も出だしは上々

b0102572_141543.jpg
b0102572_1412112.jpg
b0102572_1413417.jpg

 今日も昨日に続いての「クヌギ(椚、櫟)」の伐採。何せ、二窯分の窯木、約1,000本を用意せねばならないのである。週一の定例活動だけでは時間が足らないので、11月、12月だけは活動日数を増やしている。まあ大変といえば、大変であるが、好きなればこその活動なので苦にはならない。

 今年は平坦な場所での伐採作業で、いつもよりかなり負担は軽い。伐採、玉切り、バイタ作り、そして伐採した後の切り株には、台場クヌギに再生する新芽が出るようにと、切り口に防腐剤を丁寧に塗ってゆく。2日で8本の伐採、玉切りを終え、1/4窯ほどの窯木が準備できた。今年も出だしは上々、例年よりも安全に効率もよく、作業は順調に滑りだした。

 これから12月いっぱい続く、この伐採作業。これからも天候にも恵まれるよう、そして怪我なく安全にはかどっていくことを願って、みんなで「Knock On Wood」、木を叩いてみようか。

b0102572_1823836.jpg
 ということで、今宵の曲は、「ノック・オン・ウッド/Knock On Wood(木を叩く)」です。辞書を引いてみると、慣用句で、いつまでも運が続くように願ったり、不吉を追い払う魔除けのおまじないのようなものだという。

 そこで1966年のヒット曲。「エディ・フロイド/Eddie Floyd」、「スティーブ・クロッパー/Steve Cropper」作詞・作曲です。「君みたいないい女を失いたくないから、周りにある木製品を叩いて、この幸運が続くことを祈る」という意味の歌。

【 Knock On Wood 】  by Steve Cropper, Eddie Floyd

「♪ I don't want to lose you, this good thing お前のようないい女を失いたくない
  That I got 'cause if I do          せっかくモノにできたお前を失ったら
  I will surely                きっと俺は
  Surely lose a lot              全てを失ってしまう
  'Cause your love is better         お前の愛が一番さ
  Than any love I know           俺が知っているどんな愛よりもいい

  It's like thunder, lightning         まるで雷、稲光のようだ
  The way you love me is frightening    お前の愛しかたは恐ろしいくらいだぜ
  You better knock, knock on wood, baby  幸運が続くまじないをしたほうがいいかな

  Baby                 ベイビー
  I'm not superstitious about ya    俺は迷信を信じているわけじゃないんだ 
  But I can't take no chance      でも、やっと手にしたチャンスは手放せない
  You got me spinnin', baby      お前のことでクラクラするほどのてんてこ舞いさ 
  You know I'm in a trance       そうさ、俺はもう有頂天
  'Cause your love is better       お前の愛が一番さ
  Than any love I know         俺が知っているどんな愛よりもいい

  It's like thunder, lightning       まるで雷、稲光のようだ
  The way you love me is frightening   お前の愛しかたは恐ろしいくらいだぜ
  You better knock, knock on wood, baby 幸運が続くまじないをしようぜ、ベイビー

  Baby
  You better knock, knock on wood, baby
  You better knock, knock on wood, baby
  You better knock, knock knock, knock, knock

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 オリジナルの「エディ・フロイド/Eddie Floyd」から。ジャケットは木樵姿。我々にうってつけのアルバム、「Knock on Wood」(1967)から。

b0102572_0133519.jpg

Knock on Wood
エディ・フロイド/Eddie Floyd
Atlantic



「Knock on Wood - Eddie Floyd」

          

 この歌は、ソウル、R&Bの名曲ですが、少し垢抜けして都会的に歌っているのが、「マイケル・ボルトン/Michael Bolton」。アルバム、「Timeless (The Classics) 」(1992)から。

b0102572_0254795.jpg

Timeless: The Classics
マイケル・ボルトン/Michael Bolton
Sony



「Michael Bolton - Knock On Wood」

          

 「エリック・クラプトン/Eric Clapton」の熱唱も聴いておきましょうか。「フィル・コリンズ/Phil Collins」がプロデューサーとして名を連ねているアルバム、「Behind The Sun」(1985)から。

b0102572_0344711.jpg

ビハインド・ザ・サン/Behind The Sun
エリック・クラプトン/Eric Clapton
ワーナーミュージック・ジャパン



「Eric Clapton - Knock on Wood」

          
[PR]
by knakano0311 | 2018-11-17 10:19 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)