人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

2019年 07月 26日 ( 1 )

「遊び場」という名前のカフェで

b0102572_10234489.jpg
b0102572_10240695.jpg
 関東に引き続き、近畿地方も梅雨が明けたそうだ。朝から真夏のようなカンカン照り。急な気温の上昇は老いの身にはこたえる。
    
 妻の用事で出かけたが、「涼しくて緑に囲まれたところでお茶を飲もう」と寄ったところは、イタリア語で「遊び場」という意味のカフェ、「Parco giochi(パルコ・ジョッキ)」。「花卉の街」、宝塚にある大きな植木屋さんの一角にあるカフェ。コーヒーとブルーベリー・ワッフルで美味しく涼しい時間を過ごした。
    
 「遊び場」。森林ボランティア活動の拠点としている山の公園にも、「森の遊び場」という広場があり、休日には子供たちの笑い声が絶えない。そういえば、子供たちの笑い声が入る「ビル・エヴァンス/Bill Evans」の演奏がありました。「Children's Play Song」。アルバムは、「From Left to Right」(1970)。
   
 タイトルの「From Left to Right = 左から右へ」は、多分デザインでしょうが、ジャケットの写真を見てもわかるように、左と右に配置された「スタンウェイ/Steinway & Sons」のアコースティック・ピアノと「フェンダー・ローズ/Fender Rhodes」のエレクトリック・ピアノを交互に弾くということを意味している。エヴァンスのアルバムの中でも、このアルバムは異色とも言えるようで、当時エヴァンスが興味を持ち始めたエレクトリック・ピアノを使用したこと、おもちゃの楽器のような音色のイントロ、子供の笑い声などが入っていることから、実験的とも評価されたようだ。しかしやはりエヴァンス、その美しい響きは変わりようがない。

b0102572_10253077.jpg


 FROM LEFT TO RIGHT
 ビル・エヴァンス/Bill Evans
 VERVE





        
「Bill Evans - Children's Play Song」

          

b0102572_10285290.jpg


 この演奏をトリビュートしたのが、ノルウェイを代表するジャズ・ヴォーカリスト、「ヒルデ・ヘフテ/Hilde Hefte」。1956年生まれというから、もう相当なベテラン。 学生時代には、ピアノ、そしてギター、アルト・サックス、クラリネットをマスター、さらに作詞・作曲・編曲までもこなすという才女。
  
 1980年代半ばから舞台や映画の作曲家、シンガー、俳優として数多いキャリアを積み、1991年には、初ソロ・アルバムで「チェット・ベイカー/Chet Baker」をトリビュートした「'Round Chet's Midnight』を発表、評価を得たという。その後、2001年には「ビル・エヴァンス/Bill Evans」のナンバーで自己の世界観を作り上げたと今なお評価の高い「Playsong – The music of Bill Evans」を発表。
   
 取り上げたアルバムは、「Memory Suite」(2014)。過去5作の中から選曲したコンピ・アルバムである。全17曲のうち、「Waltz For Debby」を含むエヴァンスのトリビュート・アルバム、「Playsong – The music of Bill Evans」から5曲、「Telephone Song」などのボッサ・アルバムからの4曲が中心を占め、そのほかスタンダード、POPSカバーなどが収録されている。
   
 いや、結構なお年なのに、その声はまるで少女のよう。澄みきった透明感と気品とその上品な軽みには癒されてしまう。

b0102572_10302134.jpg





 Playsong-The Music Of Bill Evans
 Hilde Hefte/ヒルデ・ヘフテ
 CD Baby





        
「Children`s Playsong - Hilde Hefte」

          


 エヴァンス作曲の「My Bells」。

「My Bells - Hilde Hefte」

          


 「Waltz For Debby」、「My Bells」などのライブがアップされていました。

「Hilde Hefte - Waltz For Debby,My Bells ...」

          
   
    
    
   


by knakano0311 | 2019-07-26 10:53 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)