人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

2020年 01月 03日 ( 1 )

路傍の花、樹々の鳥(361) ~ 新春に咲く ~

路傍の花、樹々の鳥(361) ~ 新春に咲く ~_b0102572_15315550.jpg
路傍の花、樹々の鳥(361) ~ 新春に咲く ~_b0102572_15321805.jpg
路傍の花、樹々の鳥(361) ~ 新春に咲く ~_b0102572_15324315.jpg
路傍の花、樹々の鳥(361) ~ 新春に咲く ~_b0102572_15331749.jpg

 初詣に行く道の傍らで見かけた新春に咲く花。やはり、「寒桜」が一番華やかで初春を感じさせる。

 ということで、今宵最初の曲は、健さんの代表作の一つ、「冬の華」(1978年公開)からそのテーマ曲。「クロード・チアリ/Claude Ciari、本名・戸籍名:智有 蔵上人」の演奏。

「冬の華 - クロード・チアリ」
          


路傍の花、樹々の鳥(361) ~ 新春に咲く ~_b0102572_23211901.jpg


 そして、もう1曲はピアノ・トリオ。「トリオ・X・スウェーデン/Trio X of Sweden」。「レナート・シモンソン/Lennart Simonsson (p)」、「パー・ヨハンソン/ Per V Johansson (b,elb)」、「ヨアキム・エクバーグ/Joakim Ekberg (ds)」の3人によって、2002年に結成されたスウェーデンのピアノ・トリオである。

 シューマンのトロイメライ、バッハのアリア、ベートーベンの月光 ラベルのボレロなど、クラシックの楽曲を、彼らなりのプログレッシヴな方法で、ジャズ化したアルバムが、ドイツ語で、「白昼夢」、「幻想」、「夢想」を意味する、「トロイメライ/Traumerai」(2013)。そこから、「Vid Frösö kyrka - From Frösöblomster/At Church - From Flowers」を。「ウィルヘルム・ペターソン・ベルガー/Wilhelm Peterson Berger」(1867-1942)という人の作曲だそうです。遥か昔過ぎ去った少年時代の冬の夢 ・・・、北欧ジャズ・ピアノ特有の叙情性、ロマンティシズムを感じさせます。

路傍の花、樹々の鳥(361) ~ 新春に咲く ~_b0102572_23105257.jpg


Traumerei
Trio X of Sweden
Prophone





「Vid Frösö kyrka - From Frösöblomster - Trio X of Sweden」
          



by knakano0311 | 2020-01-03 11:02 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)