人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

2020年 01月 10日 ( 1 )

炭焼き準備を終える

炭焼き準備を終える_b0102572_22060830.jpg
炭焼き準備を終える_b0102572_22063460.jpg
炭焼き準備を終える_b0102572_22070044.jpg
炭焼き準備を終える_b0102572_22072391.jpg
 この日も土曜日から始まる炭焼きの準備を続ける。もう正月気分はとっくに吹っ飛んでいる。まず七輪で窯を暖め、乾燥させ、炭焼き2回分の窯木を太さごとに仕分けをし、本数をカウントする。第1回目の窯には約440本の窯木を準備できた。また1回の炭焼きで使う「バイタ」80束も2回分準備し、2年以上乾燥した薪も同じく十分確保できている。窯の遮蔽に使うために採取した土塊を篩(ふるい)にかけ、粘土を用意。寸法や重量など、材の変化を見るために選んだ10本の標準木に金属タグを取り付ける。ディジタル温度計や夜間作業用の照明、作業に必要な様々な治具や道具類の準備を、リストに従って行う。
    
 すっかり準備を終えたあとは、美味しいぜんざいとコーヒーが待っていた。さあ、土曜日の炭焼き開始が待ち遠しくなってきた。

 今宵の曲、ゴスペルの名曲、「People Get Ready」。「さあ、みんな準備はできているかい?」。そんな意味でしょうか。アメリカのR&Bグループ、「インプレッションズ/The Impressions」が1965年に発表した曲。作詞・作曲はメンバーのカーティス・メイフィールド/Curtis Mayfield」。歌詞は、1960年代中頃の「公民権運動」を題材とし、メイフィールドはこの曲を、「マーティン・ルーサー・キング、ジュニア/Martin Luther King Jr. (キング牧師)」の行進が、彼らのホームタウン、シカゴを通る直前に書いたという。

【 People Get Ready 】  by Curtis Mayfield

「♪ People get ready      みんな準備は出来てるかい
  There's a train a-coming   もうすぐ列車がやってくるぞ
  You don't need no baggage  荷物なんかいらないさ
  You just get on board     ただ乗り込めばいい
  All you need is faith      必要なことは信じる事
  To hear the diesels humming そうすれば機関車の音もハミングに聞こえる
  Don't need no ticket      切符もいらないんだ
  You just thank the Lord    ただ主に感謝を捧げればいいんだ

  People get ready       みんな準備は出来てるかい
  For the train to Jordan   聖地ヨルダンへと向かう列車だ
  Picking up passengers    西海岸から東海岸へ
  From coast to coast     乗客を拾っていくんだ
  Faith is the key        信仰がキーさ
  Open the doors and board them ドアを開いて乗り込むための
  There's room for all       愛する人々の間だから
  among the loved the most   いくらでも乗り込める余地がある

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」


 最初は、33歳で夭折した「エヴァ・キャシディ/Eva Cassidy」のライブアルバム、「Nightbird」(2015)から。このライブは、亡くなる10か月前、1966年1月3日にワシントンDC、ジョージタウンの老舗ジャズクラブ、「ブルース・アレイ/Blues Alley」で行われた伝説のライブ。この歌唱は「Songbird」(1998)にも収録されている。
  
炭焼き準備を終える_b0102572_22445059.jpg


 Nightbird
 Eva Cassidy/エヴァ・キャシディ
 Blix Street Records






「Eva Cassidy - People Get Ready」
          


 次は、6人組の男性コーラス・グループ、「テイク6/TAKE6」。ア・カペラも得意とするが、ここでは、さわやかなアレンジの演奏をバックに歌うアルバム、「
Beautiful World」(2002)から。

炭焼き準備を終える_b0102572_22505275.jpg


 Beautiful World
 TAKE 6
 Wea Japan






「People Get Ready - Take 6」
          

 最後にゴスペルの大御所、「アレサ・フランクリン/Aretha Franklin」の歌唱を。名盤、「レディ・ソウル/Lady Soul」から。この曲が発表されてから3年後、まだ、公民権運動の真最中の、1968年リリース。

炭焼き準備を終える_b0102572_22372488.jpg


 LADY SOUL/Lady Soul
 アレサ・フランクリン/Aretha Franklin
 ATLAN






「People Get Ready - Aretha Franklin」
          

      
      
       


by knakano0311 | 2020-01-10 09:58 | 炭焼き小屋から