人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

2020年 03月 05日 ( 1 )

路傍の花、樹々の鳥(372) ~ 伊丹空港のミモザが満開だ ~

路傍の花、樹々の鳥(372) ~ 伊丹空港のミモザが満開だ ~_b0102572_17331203.jpg
路傍の花、樹々の鳥(372) ~ 伊丹空港のミモザが満開だ ~_b0102572_17334510.jpg

路傍の花、樹々の鳥(372) ~ 伊丹空港のミモザが満開だ ~_b0102572_17342161.jpg
 新型コロナ・ウィルスの心配はあるが、天気が良くなると出かけたくなるのが人情。つい先日、開放感に浸りたくなって大阪伊丹空港の屋上展望デッキへ。陽当りが良いからでしょう、「ミモザ(英: mimosa、和名‎: ‎銀葉アカシア)」が満開。しばし、飛行機の離発着を眺め、お茶をして帰る。

 ということで今宵の曲は、「ジェット機のサンバ/Samba do Avião」。かのボサノヴァの創始者、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の代表曲。
   
 ブラジル、リオ・デ・ジャネイロの「ガレオン空港/Aeroporto Internacional do Rio de Janeiro/Galeão」をイメージして書かれたという曲。そして、この曲も、ボサノバも、「A.C・ジョビン」も世界的ブランドになった後、この空港は、「アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港/Aeroporto Internacional do Rio de Janeiro/Galeão - Antônio Carlos Jobim」という名に変わった。
    
 ポルトガル語、英語、いろいろなカバーがあるが、歌詞を読むと、まるで「リオ・デ・ジャネイロ」のPRソング。「霧のサンフランシスコ/I Left My Heart In San Francisco」という有名な曲があるが、それと同じ感じだろうか。それもその筈、もともとは自国の航空会社、一回だけ乗ったことがありますが、強烈な印象だった、今はなき「ヴァリグ・ブラジル航空」、そのCM用に書き下ろした曲だったが、のちに世界中で愛される人気曲となった。

【 Samba do Avião/Song of the Jet 】 by Antonio Carlos Jobim

「♪ Minha alma canta,      心が歌っている
   Vejo o Rio de Janeiro,     リオ・デ・ジャネイロが見えてきた
   Estou morrendo de saudade.  懐かさがこみ上げてくる
   Rio, teu mar, praias sem fim,  リオ、その海、果てしなく続く浜辺
   Rio, você foi feito pra mim.   リオ 私の街

   ・・・・・・・・・・・・・・・

   How my heart is singing,     私の心が弾んでいる
   I see Rio de Janeiro.        リオ・デ・ジャネイロが見えてきたから
   My lonely longing days are over.  寂しい日々はこれで終わり
   Rio, my love there by the sea,   リオ、私の愛は海辺のこの街に
   Rio, my love waiting for me.    リオ、私の愛が待っている

   See the cable cars         グアナバラ湾の上をわたる
   that sway above the Bay of Guanabara. ケーブルカーから見ると
   Tiny sail boats far below         ヨットが眼下に小さく見える
   dance the samba as they go.       きっとサンバを踊りに向かう人々の船
   Shining Rio, there you lie,       そこにあるだけで輝いているリオ
   city of sun, of sea and sky,       太陽の街、海と空の街
   mountains of green rising so high.    そびえ立つ緑豊かな山まで
   Four minutes more,            4分ほど
   we'll be there at the airport of Galeao.  ガレオン空港に着いたんだ
   Rio de Janeiro, Rio de Janeiro,     リオ・デ・ジャネイロ、リオ・デ・ジャネイロ
   Rio de Janeiro, Rio de Janeiro.      我が心のリオ・デ・ジャネイロ

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 まずは、新しい音楽の創始者だった、「アントニオ・カルロス・ジョビン」から。アルバムは、「The Wonderful World Of Antonio Carlos Jobim」 (1965)。

リニューアルされた伊丹空港でジェット機を眺める_b0102572_1181266.jpg

 Wonderful World of Jobim, Antonio Carlos Jobim
 アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim
 Warner Bros UK






「Antonio Carlos Jobim - Samba do Avião」
          

 
 「キャロル・ウェルスマン/Carol Welsman」、アルバム「Journey」(2012)から。

路傍の花、樹々の鳥(372) ~ 伊丹空港のミモザが満開だ ~_b0102572_11554278.jpg

 
 Journey
 Carol Welsman/キャロル・ウェルスマン
 Justin Time






「Samba Do Aviao - Carol Welsman」
          
 

 そして、ボサノバ・サックス、私イチオシの「ハリー・アレン/Harry Allen」、アルバム、「Once Upon a Summertime」(1999)から。
  
路傍の花、樹々の鳥(372) ~ 伊丹空港のミモザが満開だ ~_b0102572_12011811.jpg

 
 ワンス・アポン・ア・サマー・タイム/Once Upon a Summertime
 ハリー・アレン/Harry Allen
 BMGメディアジャパン







「Song of the Jet - Harry Allen」
          

   


   


by knakano0311 | 2020-03-05 17:37 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)