人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

カテゴリ:観るJAZZ( 19 )

アニメでジャズる

b0102572_10192009.jpg
b0102572_10194023.jpg
 ご近所の新築の家の玄関前。ちょっとコスチュームが違うような気もするが、奥には小人もいるから、多分ディズニーの「白雪姫」の像でしょうね。なんとなく微笑ましいですね。ご近所には以前から、植木を「トトロ」風に刈り込んだ家もある。

b0102572_10203869.jpg



 「白雪姫/原題:Snow White and the Seven Dwarfs」は、グリム童話をもとにした、1937年、「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ/Walt Disney Animation Studios」制作の、世界初の長編アニメーション映画である。たしか私も小学生の頃、学校で行われた映写会で見たと思う。1937年制作ですよ。そりゃ、戦争に負けるわけだ。
   
 今のNHKの朝ドラは、主人公がディズニーのアニメ映画に触発されて、アニメーターを目指すという日本のアニメーション映画の黎明期が舞台になっているが、その頃、世界に冠たるアニメ大国、アニメ先進国日本を夢見ていた人たちがいたんだ。
   
b0102572_10220367.jpg




 白雪姫 スペシャル・エディション [DVD]
 ディズニーウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社









 「白雪姫」の中で使われた音楽は、「私の願い~ワン・ソング/I'm Wishing/One Song」、「ハイホー/Heigh-Ho」など多くあるが、最も有名な曲は、「白雪姫」がいつか現れる王子様のことを想って歌うバラード曲、「いつか王子様が/Someday My Prince Will Come」でしょう。 
  

【 Someday My Prince Will Come 】  by Frank Churchill, Larry Morey
   

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・
   

  Some day my prince will come   いつの日か王子様がやってきて
  Some day we'll meet again      いつの日か私と巡り会うの
  And away to his castle we'll go   そして二人でお城に行き
  To be happy forever I know      ずっと幸せに過ごすの
    

  Some day when spring is here    いつの日か春がやってきて
  We'll find our love anew       二人に恋が芽生えるの
  And the birds will sing        鳥たちは歌い
  And wedding bells will ring     ウエディング・ベルが鳴り響くの
  Some day when my dreams come true  いつの日かきっと夢は叶うわ  ♪」
  

「Disney Snow White Soundtrack - Someday My Prince Will Come」

          

 最初にこの映画を見た時は小学生、もちろん音楽のことなぞ心に残らなかったと思う。ディズニー音楽をジャズとして初めて聴いたのは、大学生の時で、あの「デイヴ・ブルーベック・カルテット/the Dave Brubeck Quartet」のアルバム、「デイヴ・ディグズ・ディズニー/Dave Digs Disney」(1957)であった。「ディズニー音楽もジャズになるんだ」という新鮮な驚きを記憶している。

b0102572_10274716.jpg

 

 デイヴ・ディグズ・ディズニー +2(期間生産限定盤) /Dave Digs Disney +2
 ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテット/the Dave Brubeck Quartet
 ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル/SMJ





  
「Dave Brubeck - Someday My prince Will Come」

          

 それから50年近い月日が経って後、女性ボーカルのディズニー曲集として私の耳を捉えたのは、「アレクシス・コール/Alexis Cole」のアルバム、「いつか王子様が/Someday My prince Will Come」(2009)であった。やや太めの柔らかい耳障りのいい声でうたわれるこのディズニー・アルバム、大人のラブ・バラード集としても楽しめる。

b0102572_10312481.jpg


 いつか王子様が (紙ジャケット仕様) /Someday My prince Will Come
 アレクシス・コール/Alexis Cole
 ヴィーナスレコード





         
「Someday My Prince Will Come - Alexis Cole」

          


b0102572_10341597.jpg

 さて、ジャズのスタンダードとしてあまりにも有名なこの曲、本当に多くのカバーがあるが、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」、「キース・ジャレット/Keith Jarrett」、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」などの名だたるジャズ・ピアノの巨匠たちも好んで演奏してる。しかし、今宵は、最近まで聴いたことがなかった若手であったが、ちょっと前に取り上げた、「エマ・フランク/Emma Frank」のアルバム、「Come Back」で刮目したピアノとシンセを担当していた早熟の天才(?)「アーロン・パークス/Aaron Parks」。彼の演奏を取り上げてみる。
   
 1983年生まれ、13歳でワシントン大学に早期入学し、数学、コンピューター科学、音楽を専攻。その後14歳の時に参加したジャズのワークショップで音楽の才能が認められ、16歳でマンハッタン音楽院に編入、初リーダー作「The Promise」を録音する。24歳で「ブルーノート」から「Invisible Cinema」(2008)でメジャーデビュー。その後、「ECM」から、ソロ・ピアノ作品「Arborescence」(2013)をリリース。その完成度の高さゆえにジャズ・ファンにその名が知れ渡ったという。現在最も注目されているアメリカのジャズ・ピアニストのようだ。その彼が、なんと17歳の時に発表したアルバム、「First Romance」(2000)から。

b0102572_10353196.jpg



 First Romance
 Aaron Parks/アーロン・パークス
 Keynote




         
「Aaron Parks - Someday My Prince Will Come」

          

 最後は、大ベテラン、「ティアニー・サットン/Tierney Sutton」で、「Blue in Green」(2001)から。動画投稿者の遊び心が楽しい。

b0102572_10393043.jpg


 Blue in Green
 Tierney Sutton/ティアニー・サットン
 Telarc




         
「Tierney Sutton - Someday My Prince Will Come」

          
  
   
   


by knakano0311 | 2019-07-09 10:47 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

スリリングな人間ドラマと’60年代POPSへの郷愁

b0102572_1082779.jpg

 多分、TV番組より、観ている時間が長いと思われるほど、私は「Amazon / Fire TV Stick」による映像配信のヘビー・ユーザーでもあり、またそれがゆえ端末のトラブルにずいぶんと悩まされたことを書いたことがある。(参照拙ブログ 「新春愚痴放談 ~ IoT時代のモノづくりが心配 ~ 」
「爺、トラブル・シューティングに戸惑う」
 など)

b0102572_1084242.jpg
 対策が功を奏して、最近はトラブルもなく至極快適に楽しむことができている。そんな私が最近ハマっている海外ドラマは、「マッド・メン/Mad Men」。1960年代のニューヨーク、マディソン・アヴェニューにある大手広告代理店で働く者たちを描いたドラマである。なお、タイトルである「Mad Men」とは、広告業界に働く男を、「Ad Man」と呼び、また、本作品の舞台であり、現在も大手広告代理店の本社が多いという「マディソン・アヴェニュー/Madison Avenue」に由来している。しかし、その刺激的な登場人物たちを表す「mad」という意味も多分に含んでいるのではと私は思っている。

 ニクソンvsケネディ大統領選、キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争、公民権運動、たばこ規制 ・・・など、1960年代の社会情勢や風俗を緻密に再現しており、現在の一般企業では到底許される事のない、勤務中の社内での飲酒、喫煙や、セクシャル・ハラスメント、そして人種差別などが大胆に描かれると同時に、権力闘争、謀略、裏切り、不倫や家族問題などの人間ドラマも展開される。2007年7月に放送を開始し、2015年にシーズン7をもって終了したが、この間、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞でも3年連続のドラマシリーズ部門で作品賞を受賞。

b0102572_2334866.jpg

 シリーズ全作品が「Hulu」で配信されているが、派手なアクションやバトル、ホラー、感動シーンなどはないが、欲望・野心・エゴの塊みたいな人物ばかりが登場し、そのスキャンダラスで心理的にスリリングな展開に目が離せなくなり、寝不足気味の日が続いたまま、シーズン6に突入している。

 そして、いつも気になるのが、劇中、エンディングで使われている音楽。’60年代のPOPSがふんだんに出てくる。洋楽に目覚めてラジオにかじりつき、自作のアンプで聴くソノシートを夢中になって聴いてた頃の音楽である。覚えているだけでも、「Smoke Gets In Your Eyes」、「On the Street Where You Live」、「Volare(ボラーレ)」、「P.S. I Love You」、「Fly Me To the Moon (In Other Words)」、「Caravan」、「Don't Think Twice, It's All Right」、「Early In The Morning」、「C'est Magnifique(セ・マニフィーク)」、「The End Of The World」、「Satisfaction」、「You Don't Have to Say You Love Me(この胸のときめきを)」、「You Only Live Twice」、「Hawaiian Wedding Song」、「恋はみずいろ」などなど・・・。

 今宵は、その中から「You Only Live Twice」。ご存知、1967年公開の「ジェームズ・ボンド・シリーズ」映画の第5作、「007は二度死ぬ」の主題歌である。日本各地で撮影され、ボンド・カーとしてトヨタ2000GTや、「若林映子」、「丹波哲郎」、「浜美枝」などが出演したなつかしい作品。シリーズの中では、「ロシアから愛をこめて/From Russia With Love」と並んで好きな歌である。作詞「レスリー・ブリカッス/Leslie Bricusse」、作曲「ジョン・バリー/John Barry」。

【 You only live twice 】    by Leslie Bricusse / John Barry

「♪ You only live twice or so it seems,  2度目の人生を生きている そんな風に見えるわ
  One life for yourself and one for your dreams. 一つ目は自分のため、今は夢のために

  You drift through the years         長い間漂っていたためすっかり
            and life seems tame,    すっかり従順になってしまったようね
  Till one dream appears            でもそれは愛と呼ばれる
            and love is its name.     一つの夢がかなうまでのことよ

  And love is a stranger who'll beckon you on,  愛はあなたが招きたくなる見知らぬ人
  Don't think of the danger or the stranger is gone. 警戒しないで 愛は去ってしまうから

  This dream is for you, so pay the price.  この夢はあなたのため だから対価を払うのよ
  Make one dream come true, you only live twice. 夢をかなえ、2度目の人生を生きなさい
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」 

 「ヴィーナス・レコード」のデビュー・アルバム「キー・ラーゴの夜/Nights Of Key Largo」(2008)に収められている「テッサ・ソーター/Tessa Souter」の歌うバージョンがお気に入りであるが、アップされていないので、オリジナルの「ナンシー・シナトラ/Nancy Sinatra」の歌唱で・・・。

b0102572_23324260.jpg

Essential Nancy Sinatra
ナンシー・シナトラ
CD, Import/Emd Int'l




「Nancy Sinatra -- You Only Live Twice」

          
   


   
by knakano0311 | 2018-03-05 09:53 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

My way ただ自分らしく

b0102572_1157199.jpg

 「黒田 卓也」という兵庫県出身のジャズ・トランペッターがいる。2014年に日本人として初めてブルーノート・レコードと専属契約を結んだジャズ・プレイヤーである。NHKの関西ローカル番組の「かんさい熱視線」では、16日、彼の特集、「My way ただ自分らしく」を放映していた。

 1980年、兵庫県芦屋市に生まれる。中学・高校に入学するとトランペットをはじめ、大学を卒業するまでビッグバンドに所属していた。大学在学中に20歳で「バークリー音楽大学」へ短期留学。2003年に渡米してニューヨークの「ニュースクール大学」ジャズ科に進学、2006年に同大学を卒業した。当初は手練ぞろいのNYのジャズメンに気後れして、どのような個性やテクニックを磨いたらいいのか、相当に悩んだという。

b0102572_13571637.jpg

 あるとき、教会でゴスペルに出会い、ジャズの枠にとらわれず、ゴスペル、ファンク、ヒップホップ、ラテンなど様々なジャンルの音楽と関わるようになっていった。卒業後さらに演奏テクニックを磨くために、「ローリー・フリンク/Laurie Frink」に師事する傍ら、演奏活動を通じて「ホセ・ジェイムズ/José James」と親交を深め、彼のアルバム「Blackmagic」(2010年)の演奏にも参加した。この頃から、頭角を現し、ホセが黒田を「ブルーノート・レコード」に紹介したのを契機に、黒田は同社と契約、ホセのプロデュースでアルバム「ライジング・サン」(2014)でブルーノート・デビューが決まった。

 アルバム・タイトル、「ライジング・サン/Rising Son」には、「日出ずる国、日本からやってきたジャズ・マン」という気概を込めたと黒田は語る。

 久しぶりに観たジャズのドキュメンタリー、久しく遠ざかっているNYジャズの今。NYジャズへの私の関心を再びかきたてる、NHKローカルにしては、刺激的な番組であった。

b0102572_13234522.png
  
ライジング・サン/黒田 卓也
ユニバーサル・ミュージック




「Takuya Kuroda - Rising Son」

          

 フル・アルバムも。

「Takuya Kuroda - Rising Son (Full Album) 」

          
  


  
by knakano0311 | 2017-09-20 09:25 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

べっぴんさんJAZZ

b0102572_2050093.jpg
b0102572_20501988.jpg NHKの朝ドラ、「べっぴんさん」がもうすぐ終わる。完全リタイアになってからは、ほぼ毎朝見続けていた朝ドラである。今回ヒロイン、「坂東すみれ」のモデルは、アパレルメーカー、「ファミリア」創業者のひとりである「坂野惇子」で、昭和時代の兵庫県神戸市や大阪などを舞台に、戦後の焼け跡の中で子ども服作りに邁進する姿を描く。

 「ファミリア」は私の家でも馴染みのブランド。神戸の異人館、わが町川西市にある旧平賀邸などがロケ地としても使われ、また、すみれの娘、「坂東さくら」は1944年生まれという設定になっていて、わたしとほぼ同世代。そんなことから毎朝楽しみに観ていた。

 とりわけ印象に残ったのは、ジャズ喫茶「ヨーソロー」のシーン。私も一度だけ行ったことがある三宮の老舗ジャズ・バー、「sone」がモデルだという。映画「ふたたび Swing Me Again」の舞台となったところでもある。(参照拙ブログ『映画「ふたたび Swing Me Again」を観て』)神戸は日本ジャズの発祥の地とか。そこで演奏しているさくらが恋するドラマー、「河合二郎」(林遣都)であるが、実際にプロのジャズ・ドラマーから猛特訓を受け、アテレコではなく実際に演奏していると、NHK神戸が毎週金曜日に放送している「ジャズライブ神戸」に出演した「べっぴんスペシャルバンド」が語っていた。2年ほど前にライブを見た新進気鋭のトランペッター、「広瀬未来」もトランペッター役で出演していた。(参照拙ブログ「今年もジャズとホタルの夕べに」

b0102572_21341014.png さて、「ヨーソロー」のシーンで度々流れていたのが、当時どこかのジャズ喫茶でかからない日はないと言われていた「ソニー・クラーク/Sonny Clark」の「クール・ストラッティン/Cool Struttin' 」と「ブルー・マイナー/Blue Minor」。私も当時よく聴いた記憶がある懐かしい曲。

 「ソニー・クラーク」。1931年、アメリカ、ペンシルベニア州で生まれる。いわゆるハード・バップのジャズ・ピアニスト。1957年、ニューヨークに移り、主に「ブルーノート」から作品を発表した。代表作として挙げられるのは、「ジャッキー・マクリーン/Jackie McLean(sax)」や「ポール・チェンバース/Paul Chambers(bass)」等が参加した「クール・ストラッティン」(1958年)。とりわけ日本で人気が高く、ジャズ喫茶で頻繁に流された。1963年1月、ヘロインの過剰摂取により31歳で亡くなる。

クール・ストラッティン

ソニー・クラーク / ユニバーサル ミュージック




「Sonny Clark - Cool Struttin' 」


          

「Sonny Clark - Blue Minor」

           

  

  
by knakano0311 | 2017-03-18 10:06 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

ブルーに生まれついて

b0102572_17244194.jpg
b0102572_17212415.jpg

今、観たい映画がある。「ロバート・バドロー/Robert Budreau」監督、「 イーサン・ホーク/Ethan Hawke」主演の映画、「ブルーに生まれついて/原題:Born to Be Blue」。1950年代、米・西海岸のジャズシーンに颯爽と現れ、アンニュイな雰囲気で人々を魅了したウエストコースト・ジャズを代表するトランペッターにしてシンガーの「チェット・ベイカー/Chet Baker」の伝記映画である。

黒人アーティストが主流のモダン・ジャズ界において、あの「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」をも凌ぐ人気を誇ると言われ、ジャズ界の「ジェームス・ディーン/James Dean」と呼ばれた甘いマスクとソフトな声で一斉を風靡したが、麻薬に身を滅ぼし、最後は、1988年5月13日、滞在先のアムステルダムのホテルで謎の転落死を遂げた。そんな一人の天才ミュージシャンの転落と苦悩を描くとともに、ある一人の女性との出会いによって再生する姿を描いたラブ・ストーリーだという。

b0102572_1722423.jpg

かって、「チェット・ベイカー」についてはこのブログで何度か取り上げたことがあり、私にとって、その破滅的な人生には共感は全くできないが、その音楽性についてはたまらなく惹かれるという二律背反的な意味で、ご贔屓のアーティストである。そんな彼の詳細な生涯、評伝については、「ジェイムズ・ギャビン/James Gavin」著、「鈴木玲子」訳の「終わりなき闇 ~チェット・ベイカーのすべて~/原題:Deep in a Dream The Long Night of Chet Baker」(河出書房新社)に詳しい。(参照拙ブログ「男唄に男が惚れて(1) ~チェット・ベイカー 無頼派への憧れ~ 」「60歳過ぎたら聴きたい歌(55) 終わりなき闇 ~チェット・ベイカー/My Funny Valentine ~ 」 など)

残念ながら上映館がほとんどなく、DVDを待つしかないのであるが、ベイカーを迫真の演技で演じているのは、「イーサン・ホーク」。本作の熱演で早くもオスカー候補と言われているという。この映画のために、6カ月に渡ってトランペットを練習したという彼。映画の予告編とベイカー十八番の「マイ・ファニー・バレンタイン/My Funny Valentine」と「I never been in love before」を映画の場面から。いや、なかなかのもの。

「映画『ブルーに生まれついて』予告編」

          

「Ethan Hawke & David Braid(piano) - My Funny Valentine (from motion pictures "Born To Be Blue") 」

          

「Ethan Hawke -  I never been in love before」

          

ジャズ、女、麻薬、それがすべて。異例のスピードでジャズ界のスターとなってから世界一有名なジャンキーへと成り下がった男、チェット。麻薬が欲しいから演奏していたのか、演奏するために麻薬が必要だったのか、彼のトランペットから流れ出た悲哀の正体はなんだったのか。
 
「徹底した落伍者の眼の色と声質は、ときに神性さえおびる」と「辺見庸」が評したように、その声は人を泣かす。(参照拙ブログ 「60歳過ぎたら聴きたい歌(41) ~ I'm A Fool To Want You ~ 」


さあ、どんな風に描かれているのだろうか。

「ブルー」。彼に似合う色かもしれない。映画の原題となっている「Born to Be Blue」、「エルヴィス・コステロ/Elvis Costello」が彼のために作ったとも言われる「Almost blue」をチェットの切々たる哀愁の歌唱と演奏で ・・・。

【 Born To Be Blue/ブルーに生まれついて 】
         作曲;メル・トーメ/Mel Torme 作詞;ロバート・ウェルズ/Robert Wells

「♪ Some folks were meant to live in clover  クローバーに囲まれて暮らす人がいるという
   But they are such a chosen few      でも、彼らは選ばれた人たち
   And clover being green is          僕は緑色のクローバーなんて
         something I’ve never seen          見たこともない
    ‘Cause I was born to be blue        だってブルーに生まれついたのだから
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ♪」

BABY BREEZE

CHET BAKER / VERVE



「Chet Baker - Born to Be Blue」

          

Almost Blue

Chet Baker / Kang & Music


Let'S Get Lost

Chet Baker / RCA Victor Europe



【 Almost Blue 】     作詞作曲;Elvis Costello

「♪ Almost blue                 ほとんどブルー
  Almost doing things we used to do      ほとんど同じことの繰り返し
  There's a girl here and she's almost you   横に女の子がいるけど、君そっくり
  Almost all the things that you promised with your eyes 君が俺に約束したことの殆どが
     I see in hers too                彼女の眼の中にも見える
  Now your eyes are red from crying    いま君の眼は赤く泣きはらしているだろうが

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    Almost you                        ほとんど君
   Almost me                        ほとんど俺
   Almost blue                        ほとんどブルー   ♪」

「Chet Baker - Almost blue」

          



by knakano0311 | 2016-12-26 09:57 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

音楽は格闘技である  ~映画「セッション」を観て~

b0102572_11462054.jpg

「音楽は格闘技である」 観たあとで素直にそう感じた映画は、「セッション/原題: Whiplash」。ジャズ・ドラムを学ぼうと、名門音楽学校に入った青年と、彼にすさま­じいスパルタ的指導を行う教師との葛藤を描いたドラマ。公開当初から観たかったが、残念にも上映している映画館が近くになかったので、DVDが出るまで待っていた映画である。

「セッション」は、2014年にアメリカ合衆国で製作されたドラマ映画。監督・脚本は、「デミアン・チャゼル/Damien Chazelle」、主演は、「マイルズ・テラー/Miles Teller」、助演は「J・K・シモンズ/J K Simmons」。「デミアン・チャゼル」は、なんと28歳にしてこの作品を作り上げ、第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、3部門で受賞した。

ジャズ・ドラマーを目指して名門音楽大学(ジュリアード音楽院あたりがモデルか?)に入学した「ニーマン(マイルズ・テラー)」は、「フレッチャー(J・K・シモンズ)」のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば有名な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない「完璧」を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

b0102572_13503981.jpg


WHIPLASH

Sony


「映画『セッション』予告編」



調べてみると、原題の「whiplash」は、「whip(ムチ)」+「lash(激しく叩く)」で「鞭打ち」という意味。 また、「Whiplash」は、ジャズ作曲家でサキソフォン奏者でもある「ハンク・レヴィー/Hank Levy(1927 – 2001)」作曲の曲で、7/4拍子と14/8拍子の変拍子の曲で、フレッチャーがドラマーの実力を試す場面で使われている。主演のマイルズは、ジャズ・ドラマーを演じるため、2か月間、一日に3~4時間もジャズ・ドラムの練習を続け、劇中自ら演奏しており、作中の手からの出血のシーンはマイルズ本人のものであるという。これほどスリリングな音楽映画を初めて見た。

ドラマとしては最高の出来栄えであったが、見方を変えて、JAZZ映画としてはどうだろうか。パワフルなドラミングに、圧倒されることは圧倒されるのだが、私がフルバンドのJAZZにはあまり興味がないためか、「キャラバン」以外は知らない曲が多く、演奏も平板な印象で、JAZZにノリノリという感じにはなれなかった。スポ根アニメのようなシゴキ描写も気になるし、「ただ早く叩けばいい」と思い込んだり、ジャズを成功するための手段と考えている主人公のJAZZへの姿勢も気になった。しかし、ドラマとしてみれば、間違いなく今年のベスト5に数えることができよう。

Whiplash

Original Soundtrack / Varese Sarabande



サウンドトラックから、原題でもある「Whiplash」。

「Whiplash Soundtrack - Whiplash」

          

ラスト・シーンで使われた「キャラバン」。

「Whiplash Soundtrack - Caravan」

          
by knakano0311 | 2015-12-22 09:53 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(2)

伝説の歌姫の真実 ~ 映画「ストックホルムでワルツを」 ~

b0102572_9372643.jpg

久しぶりに「観るJAZZ」に取り上げる映画(DVD)を観た。前から観たいと思っていた映画、「ストックホルムでワルツを」(原題;Monica Z)。スウェーデンの伝説の歌姫で、スウェーデンの女性ジャズ・シンガーの元祖といってもいい、「モニカ・ゼタールンド/Monica Zetterlund」が世界的歌手に昇りつめるまでの、波乱に満ちた数年間に焦点をあて­たサクセスストーリー。同国のアカデミー賞にあたるゴールデン・ビートル賞で11部門­にノミネートされ、監督賞、主演女優賞など4部門を受賞しているという。

スウェーデンの小さな田舎町で、両親や5歳の娘と暮らすシングルマザーのモニカ。電話交換手の仕事をしながらジャズクラブで歌手活動も行なう彼女は、厳格な父親から「母親失格」の烙印を押されながらも、歌手としての成功を夢見て励んでいた。とある評論家(レナード・フェザー/Leonard Feather)に誘われ、ジャズの聖地ニューヨークでステージに立つという大きなチャンスに恵まれたモニカだったが、ニューヨークでのライブは大失敗に終わってしまう。「自分にしか歌えない歌」を追い求めるモニカは、英語ではなくスウェーデン語でジャズを歌うことを思いつく。

「映画「ストックホルムでワルツを」予告編」



モニカを演ずるのは、「エッダ・マグナソン/Edda Magnason」。私は知らなかったが、スウェーデンの歌姫で、この映画が女優デビューだったという。どうりで上手いはず。すべての歌を吹き替えなしでエッダ自身が歌っている。なかなかの歌い手で、演技とともにモニカの雰囲気を上手く出していた。モニカがスウェーデン語でジャズを歌うことを思いつくシーンで歌われていたのは、「歩いて帰ろう」。(埋め込み不可のため次をクリックしてください。「Edda Magnason - Sakta vi gå genom stan (Official Video) 」

b0102572_10232849.jpg

「モニカ・ゼタールンド/Monica Zetterlund」。1937年生まれ。父親がテナーサックス奏者、母親がベーシストという音楽一家に生まれ、幼少の頃から音楽に親しみ、19歳でデビュー。 59年には渡米、「スティーブ・アレン・ショー/Steve Allen show 」に出演し、世界的に広くその名が知られるようになったという。1964年、モニカが27歳のとき、ヨーロッパ・ツアーでストックホルムに立ち寄った「ビル・エヴァンス・トリオ/Bill Evans Trio」と録音した 「ワルツ・フォー・デビー/Waltz for Debby」が世界的にブレイク。その後、彼女は女優、歌手として90年代前半まで現役で活躍したが、2005年5月12日に亡くなった。享年67歳。自宅のベットでの寝タバコが原因で火事になり、焼死体で発見されたという。しかも、火事を通報したのはモニカ本人で、その時「こんな事で死にたくないわ」と言ったという。あまりにも無残で悲しい最期だった。(Wikipedeaなど、参照拙ブログ「スエーデン美女シンガー図鑑(その4) ~モニカ・ゼタールンド~」

そのアルバム、「ワルツ・フォー・デビー」の時の「エヴァンス・トリオ」は、「チャック・イスラエルズ/Chuck Israels (b)」、「ラリー・バンカー/Larry Bunker (d)」。そして「ワルツ・フォー・デビー/Waltz for Debby」は、「Monicas Vals(モニカのワルツ)」とスウェーデン語表記され、スウェーデン語の歌詞で歌われている。

ワルツ・フォー・デビー+6

モニカ・ゼタールンド・ウィズ・ビル・エヴァンス / ユニバーサル ミュージック クラシック



「Monica Zetterlund with Bill Evans Trio -Waltz for Debby」

          

そして、映画でも使われていた「テイク ファイヴ/Take Five」にスウェーデン語の歌詞をつけ歌った「I New York」。

「Monica Zetterlund-I New York」

          

スウェーデンの伝説の歌姫で、「モニカ・ゼタールンド」の半生が活き活きと描かれ、その前向きな生き方に共感できた久々の「観るJAZZ」であった。




 
by knakano0311 | 2015-04-01 10:38 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(2)

情熱のピアニズム ~ミシェル・ペトルチアーニ奇跡の生涯~

b0102572_15234473.jpg

聴覚異常を装い、経歴を偽り、ゴースト・ライターを使い、異能の天才を演出し、世間を欺き、作曲家としての名声を一瞬掴んだかのように見えた「大馬鹿野郎」がいた。

凄まじい障害を抱えながらも、自信家で、ビッグマウス、好奇心の塊。きまぐれで楽天的。孤独を嫌い、女から裏切り者と呼ばれながらも、音楽と女たちから愛された天才ジャズ・ピアニストがいた。                                                                                                     
  

「ミシェル・ペトルチアーニ/Michel Petrucciani」。彼の短くも劇的な生涯を描いたドキュメンタリー映画(DVD)を見た。「映画「情熱のピアニズム」(原題:Michel Petrucciani Body&Soul) オフィシャル・サイト」

「ミシェル・ペトルチアーニ/Michel Petrucciani」(1962年12月28日 - 1999年1月6日)は、フランス出身のジャズ・ピアニスト。遺伝的原因から、生まれつき背負っていた「骨形成不全症」という障害を克服し、フランス最高のジャズ・ピアニストと評価されるほどの成功を収めた。その奇跡の生涯を、何回かこのブログでも取り上げたことがある。(参照拙ブログ「安曇野遠望 ・・・」「マン・マシン・インターフェース(MMI)」「ミシェル・ペトルチアーニの奇跡」

b0102572_17162859.jpg

「ミシェル・ペトルチアーニ/Michel Petrucciani」(1962年12月28日 - 1999年1月6日)。彼の人生は全身の骨が折れた状態で生まれた時から始まった。生まれつき「骨形成不全症」というガラスのような骨を持つ病気のため、幼少時は歩くことも出来ず、身長は成人後も1mしかなかった。また、しばしば肺疾患に苦しめられた。しかし、桁外れの音楽的才能と、カリスマ的人格を神から授かっていたのである。彼の関心はもっぱら音楽に向けられるようになったが、特に「デューク・エリントン/ "Duke" Ellington」の音楽を好み、ピアニストになりたいと願うようになった。そこでクラシック・ピアノを習い始め、何年も練習を続けたが、その一方でジャズから心が離れることはなかった。

b0102572_16553090.jpg

ペトルチアーニは、13歳で最初のコンサートを迎え、18歳の時に初めてトリオを組んだという。しかし、彼の骨は非常にもろかったので、演奏席までは他人に運んでもらわねばならなかった。またペダルに足が届かないため、ペダル踏み機を使わねばならなかったが、腕は標準的なサイズであったので、鍵盤を弾くことができたのである。やがて彼の天才的な演奏は広く注目を集めた。そして名門ブルーノートとヨーロッパ出身のアーティストとして初めて契約を交わし、彼の才能は世界中に知れ渡ることとなる。1982年、ペトルチアーニはアメリカへ渡り、1980年代~1990年代を代表するジャズ・ピアニストの一人となるのであった。

b0102572_17175147.jpg

世界的名声を得た天才の素顔は、豪快で自信に溢れ、享楽的でユーモアを解する愛すべき人物だったが、常に女性問題を抱えていて、女たちが周囲からいなくなることはなかったという。「寿命は20歳程度まで」と宣告されていた身だったが、36歳の誕生日を迎えた直後、1999年肺炎で急逝した。(Wikipedia、DVD紹介などから)

2011年制作のこのドキュメンタリー映画を手掛けたのは、「マイケル・ラドフォード/Michael Radford」監督。幼少時から死の直前までの演奏風景や日常を撮り溜めた貴重な映像を中心に、短い生涯を駆け抜けた天才ピアニストに迫っている。

情熱のピアニズム 【DVD】(通常版)

キングレコード



「ミシェル・ペトルチアーニ - 「情熱のピアニズム」 予告編」
 
          

そして、1時間37分ほどの映画全編がYOUTUBEにアップされています。日本語の字幕ではありませんが、言葉がわからなくても、十分ストーリーが理解でき、大きな感動が味わえると思います。埋込みができませんので、ご覧になりたい方は、下記をクリックしてください。

「Michel petrucciani - body and soul (情熱のピアニズム)」

そして、数多くのアルバムの中から、わたしの好みのアルバムを挙げるとすれば、「エスターテ/Estate」、「ピアニズム/Pianism」あたりでしょうか。

エスターテ

ミシェル・ペトルチアーニ / SOUND HILLS



「Estate - Michel Petrucciani」
 
          

Pianism

Michel Petrucciani / EMI Import



そして、「ライヴ・アット・ブルーノート東京」も ・・・。

ライヴ・アット・ブルーノート東京

ミシェル・ペトルチアーニ / ビデオアーツ・ミュージック



ライブ・アルバムにも収められている「カンタービレ」。YOUTUBEにアップされているのは、1998年、シュツッツガルトでのライブ演奏。パーソネルは、来日メンバーと同じ、「Michel Petrucciani(p)」、「Anthony Jackson(b)」、「Steve Gadd(ds)」。
  

 
「Michel Petrucciani - Cantabile」 
 
          
 

『人間であるために、身長が180cmある必要はないことを、人々は理解しない。
    大切なのは、頭と体の中にあるもの、特に、精神の中にあるものなんだ。』 
                                    ・・・・ ミシェル・ペトルチアーニ
by knakano0311 | 2014-03-31 17:47 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

いくつになっても奇跡は起こせる ~映画「JAZZ爺MEN」~

b0102572_15575512.jpg

音楽関連映画(DVD)、第5弾目は、「JAZZ爺MEN」。埼玉県本庄市を舞台に、不器用に生きてきたシニア・エイジが、町おこしのためのジャズ・バンド結成のために集められたが、ほとんどが未経験者。それぞれのメンバーが、それぞれの人生に向き合い、小さな奇跡を起こす人間ドラマ。監督は、「宮武由衣」、主演は、「井上順」。共演は、「清水章吾」など。

埼玉県北部の町・本庄で、町おこしのために市民ジャズバンドを結成する計画が発足。元音楽教師が指導することになる。しかし、吹奏楽経験者という形で募集をかけたはずが、集まってきたのは、お調子者の洋菓子店主・後藤をはじめ素人ばかりだった。そんななか、後藤の妻・朝子が癌のために、長くて余命半年と宣告される。後藤は妻に自分の演奏を聞かせてやりたいと思うが、クリスマス・コンサートまで、あと3ヶ月と迫っていた。

b0102572_1553725.jpg

素人集団、余命六ヶ月、挫折、仲違い、仲間、団結、お決まりのラスト ・・・。型にはまった「泣かせる映画」の典型とも思えるし、それほどJAZZの演奏シーンが出てくるわけでもない。しかも、残念ながら、演奏はすべてアテレコ。「スウィングガールズ」のように、実際の演奏に挑戦して欲しかった気もする。しかし、「いくつになっても奇跡は起こせる」、そんなキャッチを信じたくなるような、そしてまた、「人生、生きるに値する」という励ましを貰ったような、ほのぼのとした映画であった。この映画のモデルは埼玉県本庄市を中心とする実在の「SWING HARD JAZZ ORCHESTRA」であるとのこと。いまやご当地の人気バンドとなっているようだ。

JAZZ爺MEN [DVD]

J.V.D.



「映画『JAZZ爺MEN』予告編」



JAZZが町興しに効果的かどうかは知らないが、「ヤマハ」によると、日本全国で開催されるJAZZフェスティバルの数は、なんと300イベントほどで、特にここ数年、増加傾向が強まっているという。それなりに集客があるところを見ると、経済効果を期待出来るのかもしれない。しかし、開催が増えれば競争も生まれる。来場者数が減り、また、長年の不況から、企業、地方自治体の協賛金も減り、中止に追い込まれたジャズ・フェスティバルもあるという。

 
ジャズは、スタンダード、POPS、ボサノバ、アレンジにより子どもに人気のアニメ楽曲など、幅広い年齢層が楽しめる。経済効果は少ないかもしれないが、しかし、視点を変えてみれば、間違いなく原発よりはるかにリスクが少なく、安全で、楽しい町興しである。いいではないか ・・・。

ラストのライブのシーンで演奏された曲は、オリジナルのテーマ曲、「君と駆け抜けた人生」。演奏は、小学校の音楽専科の教員だったが、定年退職を経て、ミュージシャンに戻ったという「佐野啓」氏率いる「ハイクラソーナ・オーケストラ」。
 

「君と駆け抜けた人生 - Hikurasona」

 
         
 




 
by knakano0311 | 2014-02-26 11:29 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)

映画「ジンジャーの朝」はJAZZに目覚めた頃の私を思い出させてくれた

b0102572_16465730.jpg

久しぶりになつかしいジャズやPOPS満載の映画(DVDですが ・・・)を観た。「ジンジャーの朝/原題: GINGER & ROSA」。

監督は、「タンゴ・レッスン/The Tango Lesson」(1997)、「耳に残るは君の歌声/The Man Who Cried」(2002)などで知られる女流「サリー・ポッター/Sally Potter」監督。  

冷戦下、キューバ危機を迎えた1960年代初頭のロンドンを舞台に、いつも一緒に行動していた幼馴染みのふたりの少女が、激変する社会の中で成長し、思春期を迎えるにつれ、お互いの関係に微妙な変化と亀裂が生じていく姿を描いた作品。

ふたりの少女を、女優「ダコタ・ファニング/Dakota Fanning」の妹で、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/The Curious Case of Benjamin Button」(2008)、「Virginia/ヴァージニア/Twixt」(2011)などに出演した若手で有望視されている「エル・ファニング/Elle Fanning」と、「ピアノ・レッスン/The Piano」(1993年)の「ジェーン・カンピオン/Jane Campion」監督の娘、「アリス・イングラート/Alice Englert」が好演している。

b0102572_15253239.jpg

冷戦下の1960年代ロンドン、「ジンジャー(エル・ファニング)」と「ローザ(アリス・イングラート)」は何をするのも一緒の幼なじみ。思春期を迎えた二人は学校をさぼって宗教や政治、ファッションについて議論し、折しも「キューバ危機」に盛り上がった反核運動に興味を示すなど青春を過ごしていた。しかし、ローザがジンジャーの父親に恋心を抱いたことや反核運動への意見の相違から、二人の友情に溝が広がっていく ・・・。

b0102572_16263729.jpg

反核運動への幻滅、父親や親友の裏切り、母親との覚めた距離感 ・・・、多感な少女ジンジャーを演ずるエル・ファニングの表情が何とも言えないほど魅力的。ケネディ・アメリカ大統領の下で、あの「キューバ危機」の起きた1962年10月といえば、私も16歳、高校2年生の時で主人公と同じ年頃だった。

通っていた学校のクラブ「社研(社会思想研究会?)」や、私よりはるかに早熟な同級生たちは、この東西冷戦や社会主義思想などについて、議論を戦わしていたことを覚えている。私といえば、そんな政治論にはとてもついていけなかったが、ジャズ、洋画、洋楽、ミステリー、哲学、恋愛、性 ・・・など、全てに目覚め興味を始めた典型的な思春期の少年であった。私をJAZZに目覚めさせた曲は、「Take Five」(1959)、「危険な関係のブルース」(1959)、「Work Song」(1960)、「Moanin」(1958)などだったでしょうか ・・・。

b0102572_1628538.jpg

インタヴューに答えた「サリー・ポッター」監督の言葉 ・・・。

『私たちの生活に根付いた部分が世界の出来事と深く結びついていることを、ありのままに、シンプルな物語として伝えたかった。・・・・ 1960年代前半、冷戦が深刻化していたあの頃、“核家族”は危険に晒され、キューバ危機と共に核の時代の緊張感はピークを迎えようとしていた。世界は終わるかもしれないと感じる人々がたくさんいたわ。この世界的危機が、物語に登場する人物たちの関係に反映されている。嘘や裏切り、信頼の崩壊、絶滅への恐れ、未来への希望。様々な出来事が展開していくけれど、物語の中にはいい人間も悪い人間もいない。それぞれが歴史のこの瞬間に信じられるものと、充実した有意義な人生を送るために必要だと感じるものをもって、自分たちが今できることに全力で取り組んでいるのよ。』

ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界 [DVD]

東宝



「映画『ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界』予告編」

          

この映画を観ながら、気がついたなつかしい音楽が、私をJAZZに目覚めた頃の私に引き戻してくれた。「Blue In Green/Miles Davis」、「Take Five/The Dave Brubeck Quartet」、「A列車で行こう」、「The Man I Love/Thelonious Monk」、「Petite Fleur(可愛い花)/Sidney Bechet」、「I'm sentimental」、「Body And Soul」 ・・・。そして「Tutti Frutti/Little Richard」、「Apache(アパッチ)/The Shadows」など、1950年後半から1960年代にかけて流行った曲ばかりである。

このことについて「サリー・ポッター」監督はこんなふうに言っている。『この作品中の音楽は、人々の生活のBGMでもあるの。通常の意味で使われる“スコア”はなく、当時の人々がレコードやラジオで聞いていた音楽が流れている。 ・・・』

そんな曲の中からいくつか ・・・。いわずもながの名盤、「Kind Of Blue」(1959)から。

Kind of Blue

Miles Davis / Camden



「Blue in Green」のパーソネルもすごい。「Miles Davis (tp)」、「John Coltrane (ts)」、「Bill Evans (p)」、「Paul Chambers (b)」、「Jimmy Cobb (ds)」。

「Miles Davis - Blue in Green」

          

そして、エレキギターのサウンドで一世を風靡した「アパッチ/Apache」。「クリフ・リチャード&シャドウズ/Cliff Richard and the Shadows」としても知られた「シャドウズ」、1960年の大ヒットナンバーである。

シャドウズ

シャドウズ / EMIミュージック・ジャパン



「The Shadows - Apache」

         
by knakano0311 | 2014-02-13 14:30 | 観るJAZZ | Trackback | Comments(0)