人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

カテゴリ:音楽的生活( 628 )

「ナベサダ」に元気をもらう

b0102572_10222659.jpg

 いよいよ始まった「Hyogo クリスマス・ジャズ・フェスティバル2019」、トップ・バッターは「ナベサダ」こと「渡辺貞夫」。いわずと知れたジャズ・フュージョンのトップ・プレイヤー。「Down East(東へ)」とタイトルされたコンサート・ツアー。1933年生まれ、なんと御歳86歳。昔はよく聴いていたのだが、最近はすっかりご無沙汰。「そろそろ、生ナベサダを聴いておかねば、最後になるかも ・・・」と思って兵庫県立芸術文化センター大ホールへ。お客さんは8割方シニア。たぶん、「ナベサダ」、「ヒノテル」、「VAN」、「平凡パンチ」・・・などの洗礼を受け、夢中になった世代でしょう。

b0102572_10235069.jpg



 今宵は、息子といってもいいような世代の「ラッセル・フェランテ/Russell Ferrante(piano)」、「ベン・ウィリアムス/Ben Williams(bass)」、「ピーター・アースキン/Peter Erskine(drums)」のメンバーに、ギターの「養父 貴」を加えたクインテット仕立て。幕が開く。冒頭の「ROUND TRIP」から、南カリフォルニアの陽光を思わせるような明るい「ナベサダ・サウンド」。歳への懸念などいっぺんに吹き飛んでしまった。それにしても御歳86歳。86歳といえば、私の親父が亡くなった歳である。多少猫背ではあるが、全く歳を感じさせないサウンド、アドリブ、ドライブ感、ノリ。しかし、他のメンバーのソロの時は、ポケットに片手を突っ込み、じっと見守る眼差しは、まさに好々爺のその姿。サハラ砂漠を旅した話を2度し始めたり、アドリブの出や曲の順番を間違えたり、本人も「歳を感じる」と告白するご愛嬌もあった。最近作った曲が、「NOT BEFORE LONG(もう長くはないさ)」だと言う。

 日本のジャズ、ポップスに大きな影響を与えたレジェンド「ナベサダ」。1979年発表のアルバム、「モーニング・アイランド」に収録された「Down East」をタイトルにしたコンサート、フュージョン時代の人気曲をたっぷりと聴かせてくれ、「MY DEAR LIFE」には割れんばかりの拍手。最後は、ジャズメンらしくストレート・アヘッドな「BLUN' BOOGIE」で締めくくったのが印象的。

 昔より音が優しくなったと感じたのは、私だけではないだろう。あんな老い方って素晴らしい。いや、元気を貰いました。

【 演奏曲目 】
*1st set
1)ROUND TRIP 2)PASTORAL 3)TOKYO DATING 4)EARLY SPRING 5)I THOUGHT OF YOU 6)DESERT RIDE 7)RIDE ON 8)SEVENTH HIGH

*2nd set
1)SCENERY 2)DOWN EAST 3)CYCLING 4)NOT BEFORE LONG 5)STRAY BIRDS 6)WARM DAYS AHEAD 7)MANHATTAN PAULISTA 8)CHRISTMAS DREAMS

*アンコール
1)SMILE ~ 花は咲く 2)MY DEAR LIFE 3)BLUN' BOOGIE

 今宵の曲、アンコールでも演奏された「MY DEAR LIFE」。
b0102572_17320178.jpg



 SELECTED
 渡辺貞夫
 ワーナーミュージック・ジャパン






「Sadao Watanabe - My Dear Life」
          
by knakano0311 | 2019-12-09 10:28 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

紅葉も終わり、高まる年の瀬気分

b0102572_15483100.jpg
    
 いよいよ12月。冬本番。朝から紅葉を散らしてしまうだろう雨。「こんな日は ・・・」と、年賀状の印刷にとりかかる。午後から出かけた近所のスーパーには、クリスマス・ツリーや正月飾りが所狭しと置いてある。一気に「年の瀬気分」が強まってくる。
   
 さて、今宵、年の瀬に聴くピアノ、「Winter」をタイトルにもつ曲をいくつか ・・・。

b0102572_15494224.jpg


 まずは、「トリオセンス/Triosence」。曲は、「Winter Rain」。アルバム、「Turning Points」(2013)から。「トリオセンス」は、ドイツ出身で、ピアニストの 「ベルンハルト・シューラー/Bemhard Schüer」を中心に、「Matthias Nowak/マティアス・ノヴァク(bass)」、「ステファン・エーミッヒ/Stephan Emig (drums)」によって、1999年に結成されたJAZZピアノトリオ。バンドの名前を「トリオセンス」とした由縁は、「トリオ」と「エッセンス」とを併せた造語だそうで、そこに彼らの思いが込められているようだ。最新作は、結成20周年を記念して、新メンバーによりリリースされた「スコルピオ・ライジング/Scorpio Rising」(2019)。
   
 この「Winter Rain」、YOUTUBEにアップされていないので、ライブ・アルバム、「One Summer Night」(2017)に収録されているライブ・バージョンをアップします。

b0102572_15505138.jpg



 Turning Points
 Triosence/トリオセンス
 ヤマハミュージックアンドビジュアルズ






b0102572_15522132.jpg

          
 One Summer Night
 トリオセンス/Triosence
 Mons Records

  


        
「Winter Rain (Live) - Triosence」
          

 そして、デビュー・アルバム、「First Enchantment」(2004)から、「Winter Samba」を。
b0102572_15554530.jpg


 First Enchantment
 トリオセンス/Triosence
 MONS

          




「Winter Samba - Triosence」
          

b0102572_15585251.jpg



 このブログで、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」、「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati」、「トルド・グスタフセン/Tord Gustavsen」など、数多くのヨーロッパの美メロ・ピアノを紹介してきましたが、日本にも彼らに匹敵する美メロ・ピアニストがいる。「Manabu Ohishi/大石学」。
    
 永遠をテーマに彼がトリオで奏でる心温まるピアノの旋律は、アルバム、「ETERNAL」(2013)。曲は、「Winter Waltz」。パーソネルは、「大石学/Manabu Ohishi(piano)」「ジャン=フィリップ・ヴィレ/Jean-Philippe Viret(bass)」、「シモン・グーベル/Simon Goubert(drums)」。
   
 YOUTUBEにトリオ演奏でのアップがありませんので、ソロ・バージョンで ・・・。

b0102572_16000867.jpg




 ETERNAL
 マナブ・オオイシ・トリオ(大石学トリオ)
 澤野工房

        

  
「Calm ~ Winter Waltz - 大石学」
          
    
    
      
      

by knakano0311 | 2019-12-03 16:04 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

Let's Spend The Night Together ~ 昔の仲間と話が弾んだ夜 ~

b0102572_10082095.jpg
b0102572_10083721.jpg
 久しぶりの梅田。1年ぶり。もう40年も昔の話であるが、かって勤めていた会社のヨット部に、ある一時期所属していた仲間のOB会。70~80歳のジイサマたちが未だに集まって他愛のない話を繰り広げるのだが、もう10数年続いている。一般に言われるような体育会系のクラブの先輩、後輩といった上下関係が、全く持ち込まれず、海の上で共に戦った仲間として、フラットな関係が保たれている心地よさから、会社の他のOB会には全く出席しない私も、この会にはできる限り出席をしている。最近大きく変貌した梅田界隈であるが、なんとか迷うことなく宴会の場までたどり着くことができ、積もる話に花が咲く。話題はどうしても「健康」が多いが、元来、自然相手のヨット乗り気質の仲間たち、残念にも鬼籍に入ったのは、一人だけである。
  
 心ゆくまで話に花を咲かせ、楽しい時を過ごした帰り電車。勤めを終えた会社員でいっぱい。しかし、車両の中で、スマホを見ていないのは、私を含めてたった二人。眠りこけている酔っぱらいも、夕刊を広げている人も、本を読んでいる人も全くなく、ただひたすらに画面を見てる、操作している。なにか、私にとっては異様に思える光景だった。
   
 今宵の曲は、集う喜びを歌った曲。最初は、「ヘイリー・ロレン/Halie Loren」の「Happy Together」。アルバム、「Simply Love」(2013)から。「わたしのことだけ考えたいてくらたら幸せ ・・・」。訳は不要でしょう。
    
【 Happy Together 】  by GARRY BONNER / ALLAN LEE GORDON
   
「♪ Imagine me and you, I do
  I think about you day and night, it's only right
   To think about the girl you love and hold her tight
   So happy together
   
   If I should call you up, invest a dime
   And you say you belong to me and ease my mind
   Imagine how the world could be, so very fine
   So happy together
   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

b0102572_10091753.jpg


 Simply Love
 ヘイリー・ロレン/Halie Loren
 Justin Time Records

            



「Halie Loren - Happy together」
          

 「ジョー・サンプル/Joe Sample」の「Together We'll Find a Way」。フュージョンの名盤、「レイラ・ハザウェイ/Lalah Hathaway」をフューチャーした「Rainbow Seeker/虹の楽園」(1978)から。

b0102572_10211704.jpg


 Rainbow Seeker/虹の楽園
 Joe Sample/ジョー・サンプル feat.Lalah Hathaway/レイラ・ハザウェイ
 ユニバーサル ミュージック





            
「Together We'll Find A Way - Joe Sample」
          

 最後は、ずばり「Let's Spend The Night Together」。「ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones」、アルバム、「Between The Buttons」(1967)から。ただ、どういうわけか「夜をぶっとばせ」という邦題がついている。う~~~ん。

b0102572_10235855.jpg


 Between The Buttons
 ザ・ローリング・ストーンズ/The Rolling Stones
 Abkco





            
「Let's Spend The Night Together - The Rolling Stones」
          
     


     

by knakano0311 | 2019-11-16 10:27 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

お医者様でも草津の湯でも・・・

b0102572_22341848.jpg
 今日は、インフルエンザの予防注射を打ちに、近所の病院へ。今までの生涯で、風邪は何回もあるが、インフルエンザに罹ったのは、たしか2度ほど。そんなんで、以前はずっと予防注射を打つことはなかったが、孫ができてからは、高齢者への市の補助もあるので毎年打つようにしている。
    
 「近所の病院へ」とあるが、行ったのは、自宅に一番近い歩いても行ける大きな病院である。実は、私には、「かかりつけの医者」というものがない。というのも、治療ということでは、歯医者以外の医者には、10数年前に糖尿病の治療に一度行ったきり。それも数ヶ月で治ってからは、幸いなことに「医者いらず、薬知らず」の生活を送っている。もちろん「健康」ということではいい反面、この歳でなにかあった時に相談する、いわゆる「かかりつけの医者」がいないため、少々不安も感じる。何年か前、健康診断で、肺や前立腺に「要精密検査」の診断があった時、総合病院の専門科医を紹介してもらうのに慌てたことがある。精密検査の結果、両方ともなんともなかったのでが ・・・。妻も内科系統では同じような傾向なので、どうも、夫婦揃ってである。
   
 「お医者様でも草津の湯でも、惚れた病は治りゃせぬ」なんて俗謡があるが、医者いらずの私、恋の病にかかることはないのかも ・・・。う~~ん、切ない中高年の思いを描いた最近読んだ小説、「平場の月」(朝倉かすみ著 光文社刊)の世界もあるし ・・・・。

b0102572_22351496.jpg



 さて、今宵の歌は、「ラヴ・ポーション No.9/Love Portion No.9」。「Portion、、「たしか、1960年ごろに流行ったPOPSで、「恋の特効薬」という邦題が付いていたが、「Love Portion」とは、惚れ薬、媚薬というちょっと危ない薬。1959年に書かれ、オリジナルは、「クローバーズ/The Clovers」だが、1963年、「サーチャーズ/The Searthers」のアルバム、「Meet the Searchers」に収録され、一躍ヒットしたという。
    
 歌い手は、「リン・スタンリー/Lyn Stanley」。ブルージーで、ジャジー、ノスタルジックなその声だけでなく、私のようなシニアのジャズ・ファンにとっては、「よっ! これぞ女性ジャズ・シンガー、女性ジャズ・ボーカル」と声をかけたくなるくらい艶やかな熟年女性シンガー。
   
 ワシントン州タコマの生まれ。ブルガリアからの移民だった祖父はオペラ歌手、父親はジャズピアニストという音楽一家に育ったという。歌手としては、遅咲きで、最初は社交ダンサーとして、タイトルにも輝き、世界的に有名な存在だったという。1950年代のヒットソングを集めたアルバム、第2作「Potions (From the 50s) 」(2014)から。この頃の歌が「癒し」となっているという主で、このアルバムタイトルが付けられたと思われる。
   
【 Love Portion No.9 】  by Jerry Leiber and Mike Stoller
  
「♪ I took my troubles down to Madame Rue  マダム・ルーに俺の悩み事を相談に行った
  You know that gypsy with the gold-capped tooth知っているだろ金歯のジプシーの婆さん
  She's got a pad down on Thirty-Fourth and Vine  34丁目のヴァイン通りの家に住んで
  Sellin' little bottles of Love Potion Number Nine 「惚れ薬9番」という薬を売ってるんだ
  
  I told her that I was a flop with chicks  「俺は若い女の子にはめっぽう弱いんだ
  I'd been this way since 1956       1956年からずっとさ」と打ち明けた
  She looked at my palm and she made a magic sign 俺の手相を見て呪文を唱えると
  She said "What you need is            彼女はこう言ったんだ
        Love Potion Number Nine"    「あんたにはこの惚れ薬9番が必要だね」と
   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

b0102572_22431728.jpg



 Potions
 Lyn Stanley
 CD Baby





      
「Love Potion No.9 - Lyn Stanley」
         


 懐かしの「サーチャーズ」も聴いてみましょうか。

b0102572_22455902.jpg


 ミート・ザ・サーチャーズ +15/Meet The Searchers
 ザ・サーチャーズ/The Searchers
 ビクターエンタテインメント





        
「The Searchers - Love Potion No. 9」
          
    
    
    


by knakano0311 | 2019-11-14 22:49 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

収穫のお裾分け

b0102572_23334154.jpg

 山のボランティア仲間に本格的な野菜作りをしている仲間が何人かいる。その一人が、「サツマイモ(薩摩芋)」が収穫できたと持ってきてくれたので、みんなでお裾分け。品種は「安納芋」、「鳴門金時」、「紅はるか」だという。いや嬉しい。私たち夫婦は、焼き芋に目がなく、焼きたてを買うことはもちろんだが、七輪と、炭焼きで焼いた「菊炭」で焼き芋を焼くという贅沢が待っている。
   
 今宵の曲、「Harvest Moon」。収穫月の満月、秋分の日に一番近い満月、すなわち「中秋の名月」。欧米にもこんな月があるんですね。オリジナルは、「ニール・ヤング/Neil Young」が1992年にリリースしたアルバム「Harvest Moon」に収録されているが、今宵は、目ヂカラ大姉御、「カサンドラ・ウィルソン/Cassandra Wilson」の歌唱で。
   
【 Harvest Moon 】   by Neil Young
  
「♪ Come a little bit closer    もっとこっちにおいで   
  Hear what I have to say     話さなきゃならないことがあるんだ 聞いてくれる
  Just like children sleepin'   ちょうど子供達が眠るように 
  We could dream this night away. 僕たちも夢のように今夜を過ごせそう
  

  But there's a full moon risin'  でも今宵は満月
  Let's go dancin' in the light   月の光を浴びて踊ろうよ
  We know where the music's playin' どこで音楽をやっているか知っているだろ 
  Let's go out and feel the night.  さあ行こう そしてこの夜を感じるんだ
   

  Because I'm still in love with you だってまだ僕は君に恋しているんだ  
  I want to see you dance again    もう一度君が踊るのを見てみたい
  Because I'm still in love with you  だってまだ僕は君に恋しているんだ 
  On this harvest moon.         この中秋の名月の夜に
   

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
   

 「U2」、モンキーズからビリー・ホリデイまで、幅広いジャンルから選ばれた曲をカサンドラ流の世界観で官能的に表現し、グラミー賞獲得のアルバム、「ニュー・ムーン・ドーター/New Moon Daughter」(1995)と、この曲を始め、いくつかのアルバムから、「ボブ・ディラン/Bob Dylan」、「ヴァン・モリソン/Van Morrison」、そして「スティング/Sting」の「フラジャイル/Fragile」など11曲のPOPSをセレクトしたアルバム、「Closer To You: The Pop Side」(2009)にも収録されている。

b0102572_23355101.jpg



 NEW MOON DAUGHTER/ニュー・ムーン・ドーター
 Cassandra Wilson/カサンドラ・ウィルソン
 BLUEN

             




b0102572_23372688.jpg


 Closer to You: The Pop Side
 Cassandra Wilson/カサンドラ・ウィルソン
 Blue Note Records

          




 ライブで・・・。

Cassandra Wilson - Harvest Moon
          
     
    
      

by knakano0311 | 2019-10-31 23:42 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

66段階段を登って ・・・

b0102572_23025758.jpg
 我が家の近くにある66段の階段。70歳を超えてからは、ここを一気に登れるか否かを体力のバロメーターにしている。久しぶりに登ってみたが、呼吸も乱れずに、一気に登れた。もちろん体の衰えは、いやというほど実感しているが、まだまだ、体力は維持できているとちょっと自信。今日はこの階段を登って小学校で開催されている「ふれあいまつり」へ。

b0102572_23033915.jpg
 団地の福祉協議会、コミュニティ協議会、自治会、PTAなどが合同主催する「ふれあいまつり」。スーパーボールすくいや、食器や手作りのカレー、たこせん、ぜんざいなどゲームや模擬店が出店する、言ってみれば「バザー」である。「黒枝豆」も販売され、手に入れるラストチャンスなので、私は毎年ここでも「黒枝豆」を仕入れている。この地に越してきて、三男がお世話になった小学校。妻がPTAの役員で、忙しく走り回っていた小学校。今は離れてしまったが、子供たちに遊びを教えるボランティア活動の場でもあった小学校の工作室でぜんざいを食べながら、すこしの間懐かしさに浸っていた。

b0102572_23045838.jpg



 さて、今宵の歌、しっとりとしたバラードで、「For All We Know」。「お互いを知り尽くしているのに」と訳してみましたが、1971年の「カーペンターズ/Carpenters」のヒット曲ではなく、1934年に発表された「サム・M・ルイス/Sam M. Lewis」の作詞、「J・フレッド・クーツ/J. Fred Coots」の作曲による古いスタンダード。「ニーナ・シモン/Nina Simone」、「アレサ・フランクリン/Aretha Franklin」、「ビリー・ホリディ/Billie Holiday」、「ドリス・ディ/Doris Day」、「ナット・キング・コール/Nat King Cole」、「ロッド・スチュアート/Rod Stewart」、「ローズマリー・クルーニー/Rosemary Clooney」など多くの歌手のカバーがあるが、今宵は、「ジョー・サンプル&レイラ・ハサウェイ/Joe Sample & Lalah Hathaway」の極上アルバム、「ソング・リブズ・オン/The Song Lives On」(1999)から。

【 For All We Know 】  Words : Sam M.Lewis / Music : J.Fred Coots
   
「♪ For all we know         こんなにもお互いを知り尽くしているのに
  We may never meet again     もう二度と会うことはないのかも
  Before you go           あなたが去ってしまうまでに
  Make this moment sweet again   この時をもう一度甘く過ごしましょうよ
  We won't say "Good night"     最期の時まで
     until the last minute     「サヨナラ」は言わないで
  I'll hold out my hand        あなたに差し伸べる私の手
     and my heart will be in it    その手の中に私のハートがあるの
   
  For all we know           こんなにもお互いを知り尽くしているのに
  this may only be a dream      これはただの夢なの?
  We come and go            水面にたつさざ波のように      
  like a ripple on a stream     私たちは逢っては別れることの繰り返し
  So love me tonight;         だから今夜は愛して
  Tomorrow was made for some     明日はもう誰かのためになったから
  Tomorrow may never come      私にはもう明日は来ない
  For all we know          こんなにもお互いを知り尽くしているのに  ♪」

   
    
  いつも聴くと元気を与えてくれ、わたしのエバーグリーン・アルバムともなっている、「Song Lives on」(1999)から。

b0102572_23072242.jpg



 Song Lives on
 Joe Sample & Lalah Hathaway/ジョー・サンプル&レイラ・ハサウェイ
 Pra Records





         
「Joe Sample & Lalah Hathaway - For All We Know」
          

 ところで、レイラの父親の「ダニー・ハサウェイ/Donny Hathaway」もこの歌を歌っています。「ロバータ・フラック/Roberta Flack」とのデュエット集、「Roberta Flack & Donny Hathaway」(1972)から。

b0102572_23111237.jpg


 Roberta Flack & Donny Hathaway
 ロバータ・フラック & ダニー・ハサウェイ/Roberta Flack & Donny Hathaway
 Rhino Atlantic





         
「For All We Know - Roberta Flack and Donny Hathaway」
          
    
    
     


by knakano0311 | 2019-10-27 23:15 | 音楽的生活

GOTロスは当分埋まりそうもない

b0102572_14541736.jpg
 ついに「ゲーム・オブ・スローンズ/原題:Game of Thrones、略称GOT」の最終話を見終えた。大好きでずっとHuluで観ていたHBOのテレビドラマシリーズ。「Throne」は、「王位、王座、皇帝、国王」などの意味で、直訳すれば、「玉座のゲーム、王位争奪戦」だが、日本語では「七王国の玉座」としているようだ。アメリカのSF作家、ファンタジー作家、編集者、テレビプロデューサー、脚本家の「ジョージ・R・R・マーティン/George Raymond Richard Martin」のファンタジー小説シリーズ「氷と炎の歌/原題:A Song of Ice and Fire」(日本では早川書房より現在5部まで出版されている)を原作とし、ドラゴンや魔法が存在する中世ヨーロッパを思わせるような架空の世界において、王都にある鉄の王座をめぐって、各国の諸侯たちが争う大人向けSFファンタージー。
   
 全8シーズン(73話)の大長編SFファンタジーで、北アイルランド、マルタ、クロアチア、アイスランド、モロッコ、スコットランド、アメリカ合衆国、スペインで撮影されているという。米国では、2011年春から放送が始まり、最終話は2019年5月という8年間にわたって放送された。この間、エミー賞の、ドラマシリーズ部門作品賞、主演男優賞など、全8章合計で161ノミネート59受賞した空前の快挙を成し遂げたという。
   
 1話の制作費が、日本映画1本を遥かに凌ぐ1000万ドル(約11億円)とも言われているだけあって、壮大で圧倒的なスケール、クオリティでストーリーが同時進行していく。もちろん、「制作費=作品の質」ではないのだが、ここまでのスケールとクオリティを見せ付けられると、ますます日本のTV番組が遠くなってしまう。ほとんどHuluで配信されるアメリカのTVドラマを見ているので、最近は、朝ドラも大河すらもますます遠くなってしまった。もはや、我が家のTV受信機は、日本のTV番組も見るディスプレイである。さてこの、「GOTロス」、喪失感を埋めてくれるドラマは当分出そうにもない。

b0102572_14552199.jpg
 「ゲーム・オブ・スローンズ」は血で血を争う王位争奪戦のお話。一方、日本のTVの中継番組を観ていたのは、「即位礼正殿の儀」。こちらは、ファンタジー「GOT」と違って、生前退位を受けての平和裡におこなわれた譲位。「Throne」である「高御座(たかみくら)」に天皇陛下が座り、今年5月の皇位継承にともない即位した天皇陛下が即位を国内外に宣言された。

b0102572_14561182.jpg



 「ファンタジー」。今宵のアルバムは、イタリア出身の「ちょいワル」風ピアニスト、「ステファノ・ボラーニ/Stefano Bollani」の「黒と褐色の幻想/Black And Tan Fantasy」(2002)。
   
 1972年、ミラノ生まれというから円熟の47歳。もともと歌手になることを夢見てピアノを始めたというが、プロ・デビューはなんと若干15歳。イタリア独特の雰囲気というか、隠せないラテンの気質というか、「恋唄」やバラードのプレイにはそれが随所に表れるような気がする。日本デビュー盤は、「ヴォラーレ/Volare」(2002)。「黒と褐色の幻想」は、第2弾。「ヴォラーレ」がイタリアン・ソングを集めたのに対し、アメリカン・スタンダード中心のアルバムであるが、そこにたぎるラテンの情熱は隠しようがない。

b0102572_14572527.jpg



 黒と褐色の幻想/Black And Tan Fantasy(紙ジャケット仕様)
 ステファノ・ボラーニ・トリオ/Stefano Bollani Trio
 ヴィーナス・レコード





         
「Stefano Bollani - Black and Tan Fantasy(黒と褐色の幻想)」
          

「Stefano Bollani Trio - La Ultima Noche(最後の夜)」
          

    
     
    

by knakano0311 | 2019-10-27 11:04 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

When The Sun Goes Down

b0102572_23302436.jpg
 夕暮れの色がすこし異様なので外へ出て見たら、こんな風景が ・・・。
    
 ちょうどその時聞いていたアルバムが、デンマーク・コペンハーゲンで活躍する、「ヘイネ・ハンセン/Heine Hansen」率いるトリオのアルバム、「When The Sun Comes Out」(2010)。「comes out」と「goes down」の違いはあるが、ジャケットの雰囲気と似ていて、なんだか可笑しくて笑ってしまった。

b0102572_23310262.jpg



 聴けばそれとわかる憂いを含んだ美メロの北欧ピアノ。リーダー第2作の「Signature」(2016)を聴いて興味を持ったピアニストである。キャリアなどはよくわかっていませんが、1978年生まれの41歳。ピアノのレッスンを始めたのが7歳、ジャズに目覚めたのが14歳だという。18歳でプロ活動を始め、2000年には、コペンハーゲンの「the Rhythmic Conservatory of Music」でジャズの特別教育を受けた。その入学許可を得た時、「何も教えることができない、すでに全てをマスターしているから」と言われたとか。その後、サイドマンやスタジオ・ミュージシャンとして活動を始めたが、彼が注目をあびたのは、ドラマーの「アレックス・リール/Alex Riel」のアルバム、「What Happened?」などに参加してのこと。ハンセンの初リーダー作が、今回取り上げるアルバム、「When The Sun Comes Out」(2016)。その年、2016年には、デンマークの権威あるジャズ賞である「ベン・ウェブスター・アワード/The Ben Webster Prize」を受賞。
    
 「ハイネ・ハンセン」の初リーダ―作、「When The Sun Comes Out」。日本人好みの憂いを含んだ北欧テースト。サポートするリズムも歯切れがいい。ジオリジナル、「Minor Up Blues」やタイトル曲のスタンダード、「When The Sun Comes Out」、「The Boy Next Door」、プレスリーの「Are You Lonsome Tonight」など全10曲。パーソナルは、「Heine Hansen(piano)」、「イェスパー・ルンゴー/Jesper Lundgaard(bass)」、「 モルテン・ルンド/Morten Lund(drums)」。

b0102572_23321426.jpg



 When The Sun Comes Out
 Heine Hansen Trio
 マシュマロ・エクスポート

        




 「ウォーレン/Warren」の「Summer Night」、「シダー・ウォルトン/Cedar Walton」の「Bolivia」を。

「Heine Hansen Trio - Summer Night」

          

「Heine Hansen Trio - Bolivia」

          
    
     
     

by knakano0311 | 2019-10-17 23:37 | 音楽的生活

平穏な夜明けを願って

b0102572_15595019.jpg
b0102572_16001999.jpg
b0102572_16004426.jpg
    
 庭にひときわ目立つ「シュウメイギク(秋明菊)」、街角に咲く「コスモス/アキザクラ(秋桜)」。山のあちこちで見かける真っ赤な「ガマズミ(莢蒾)」の実。一日も早く、こんな秋を感じる平穏な夜明け、穏やかな日常が戻って欲しいと願うばかり。
   
 さて今宵の1曲。「In The Wee Small Hours Of The Morning」。「夜は更けて」という邦題がついていますが、朝が明けるまでのほんの身近な時間に恋人のことを想うあなた ・・・。そんな古い歌です。1955年に「デヴィッド・マン/David Mann」作曲、「ボブ・ヒラード/Bob Hilliard」作詞になる歌ですが、「フランク・シナトラ/Frank Sinatra」の同タイトルのアルバム、「In the Wee Small Hours」(1955)によって有名になったという。
    
【 In The Wee Small Hours Of The Morning 】  by Bob Hilliard, David Mann
    
「♪ In the wee small hours of the morning   夜が明ける前のごくわずかな時間
  While the whole wide world is fast asleep  世界中の人はまだ眠っている時間
  You lie awake and think about the girl   貴方は眠らずにあの人を想っているのね
  And never, ever think of counting sheep   きっと眠ろうともしないで
   
  When your lonely heart has learned its lesson 恋に焦がれてしまったあなたの心
  You'd be hers if only she would call    あの人からの電話を待っているのね
  In the wee small hours of the morning    夜が明ける前のごくわずかな時間
  That's the time you miss her most of all   たまらなくあの人を恋しいと思う時間  」
   
   
b0102572_16021897.jpg



 私は長らく「アン・バートン/Ann Burton」の歌唱を好んで聴いていましたが、いまひとり、カナダのポップでジャズのシンガー・ソングライター、「ローリー・カレン/Lori Cullen」の歌唱も気に入っています。
   
 「ローリー・カレン」。1973年、カナダのオンタリオ州生まれ。彼女はソロ・アーティストとして7枚のアルバムをリリースしているが、「Jazzy,Not Jazz」系シンガーのようです。「ジョニ・ミッチェル/Joni Mitchell」、「ゴードン・ライトフット/Gordon Lightfoot」などのアーティストをカバーした、4枚目のアルバム、「Calling for Rain」(2006)は、2007年、カナダでも権威のある「ジュノ賞/Juno Award」のノミネートを受けたという。
    
 そんな彼女の6枚目のアルバム、「That Certain Chartreuse」(2011)から。ジャズにとどまらず、「スザンヌ・ヴェガ/Suzanne Vega」、同じオンタリオ出身の「シャナイア・トゥエイン/Shania Twain」、「キング・クリムゾン/King Crimson」などのカバーなど、「Jazzy,Not Jazz」の本領発揮とも言えるが、スタンダードの「In The Wee Small Hours Of The Morning」が白眉。このための一枚といっても過言ではない。 

b0102572_16033439.jpg



 That Certain Chartreuse / ザット・サートゥン・シャトルーズ
 ローリー・カレン/Lori Cullen
 NATURE BLISS INC.



             
「In The Wee Small Hours Of The Morning - Lori Cullen」 

          
    
    
   

by knakano0311 | 2019-10-16 16:08 | 音楽的生活

「おもろ能」はおもろかった

b0102572_14110066.jpg
b0102572_14111968.jpg
 今宵は、久しぶりに、地域おこしのために始まり、今年で第28回を迎える地域の薪能、「川西おもろ能」へ。場所は、山裾の団地、けやき坂中央公園にある彫刻家、故「流 政之」氏作の石舞台、「おもろ座」。

b0102572_14120454.jpg


  
 演者は、奈良・春日大社の専属能楽流派、「金春(こんぱる)」流の「金春穂高」氏を中心とした一派。篝火に火が入り、演目は、「岩船」、「胡蝶」、「融(とおる)」の「仕舞」で幕を開ける。そして、盗み酒をする下人とそれを懲らしめようとする主人との攻防をユーモラスに描いた、「狂言 棒縛(ぼうしばり)」に、会場は大爆笑。
   
 そして、「能」の演目。「安達が原の人食い鬼婆」伝説を能にした「黒塚」。「旅の衣は篠懸(すずかけ)の。旅の衣は篠懸の ・・・」という有名な謡曲の一節にのって、山伏一行が登場する。一夜の宿を借りた女主人は、旅の慰みにと糸車を廻し、人生の虚しさ、儚さを物語りつつ、糸づくしの歌を歌ってもてなす。女主人は、「夜も更け、寒くなってきたので、山へ薪を採りにゆくが、留守中けっして寝所をのぞいてはならぬ」と言って出かける。
   
 しかし、供の者が約束を破って寝所を覗くと、そこには屍や骨がうず高く積まれていた。鬼の棲家、「黒塚」であったのだ。山から帰った女は裏切られた憤りに、本性を現し、鬼となって山伏を追うが、やがて法力に祈り伏せられてしまう。(演目の写真はNETより拝借)

 動きの少ない能ではあるが、スリリングで、迫力に満ちた見ごたえのある演技。いや、面白かった。
   
 あっという間の1時間半であったが、終わる頃には空には煌々と半月。やはり山裾のためかなり冷え込んできたため、帰路、今シーズン初めて車のヒーターを入れる。

b0102572_14132831.jpg



 今宵のアルバム、洋才和魂。ポーランドの歌姫、「アンナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」と「小曽根真」とのコラボ・アルバム、「Haiku(俳句)」(2011)。邦楽篠笛奏者、「福原友裕」も参加している。

 このアルバム、「俳句(Haiku)」は、福原の作曲になる「Yoake(夜明け)」に始まり、「和泉式部」の和歌に着想を得たという「Biel/ビェル(白)」、ポーランドの民族舞曲「OBEREK / オベレック」や「KUJAWIAK /クヤヴィアク」などを経て、やはり福原の手になる最終曲の「Yuugure(夕暮れ)」で幕を閉じる。さらに歌舞伎から題材をとった「Do Jo Ji(道成寺)」では、和太鼓、大鼓、小鼓などが演奏に使われている。福原の奏でる篠笛、そして和太鼓などが、ポーランドのミュージシャンたちとのコラボに違和感なく溶け込み、「和と洋との邂逅」を際立たせていることに驚嘆する。

b0102572_14144952.jpg



 Haiku/俳句
 Anna Maria Jopek & Makoto Ozone/アンナ・マリア・ヨペック&小曽根真
 Universal Music Polska




          
「Yoake(夜明け) - Anna Maria Jopek · Makoto Ozone」

          

「Do Jo Ji(道成寺) - Anna Maria Jopek · Makoto Ozone」

          

「Yuugure(夕暮れ) · Anna Maria Jopek · Makoto Ozone」

          

    
    
     


by knakano0311 | 2019-10-06 14:22 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)