人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

店頭のピアニスト

b0102572_17311660.jpg
(写真;ビッグカメラ、電子ピアノ売り場でピアノを弾く真野さん、産経ニュースより)

かってイギリスで保護された記憶喪失の男が、ピアノを華麗に弾き、「謎のピアノマン」として話題になったことがあるが、日本では、家電量販店、ビックカメラ有楽町店本館の電子ピアノ売り場で、ホームレス風の男性が超絶技巧を披露し、リサイタル状態になっているという。そんな話題がTVなどメディアでとりあげられている。「真野和男」さん、77歳である。ちょっといい話なので、記事を引用・抜粋してみよう。

東京・五反田で酒屋の二男として生まれた。5歳ごろからピアノを習い始め、音大への進学を希望していたが、時代は太平洋戦争直後。食べ物にも困る状況で進学できず、戦後やっとの思いで音大に入学したものの、「教会音楽をやりたかったのに、学内には教えてくれる教授がいない」という理由や、在学中に始めたバンド活動がお金になったこともあり、結局2、3年で中退してしまったという。その後、作・編曲に始まり、バンド活動や音楽イベントの企画、音楽教室での指導に楽器のリース業などを始め軌道に乗った。仕事帰りに、電子ピアノ売り場に通うようになったのもこのころだ。生活は派手だった。プライベートでは、3回の結婚と3回の離婚を経験。ところがいいことばかりは続かず、48歳で突如、ぜんそくを患った。路上で倒れるほど重く、音楽教室以外の仕事から手を引くことに。療養地を求め、八丈島へ行ったところ、温暖な気候が体に合い、体調も良くなっていった。東京に戻ってきたときにはすでに60代半ばだったが、音楽への思いを抑えきれず、慣れ親しんだ電子ピアノ売り場へ舞い戻った。現在は、狭いアパート住まいで年金生活をしながら、売り場でピアノを弾く毎日を続けている。その華麗な演奏にいつも人だかりができだけではなく、かっては電子ピアノを販売していたため、その特長を熟知しているので、その辺の店員などより、よっぽどお客への的確なアドバイスができるという。集客だけでなく、接客もできるため、店側もできることなら「できれば、毎日来てほしい」という始末。そのため、ビッグカメラでは、真野さんがお気に入りの電子ピアノを彼用に仕入れたという。
売り場で弾く理由を尋ねると、「山寺で1人静かに弾いていたってだめ、音楽の原点は路上で人に聞かせること」。音楽の楽しさを伝えたいという思いが、真野さんの足を売り場へ向かわせているのだ。ただし、「お店の邪魔にならないように、1店舗1時間半くらいまで」とさりげない気遣いも。午前中はベスト電器新宿高島屋店、午後はビックカメラ有楽町店本館、夕方はビックカメラ新宿西口店に出没するという。

産経ニュースの詳細記事はこちら そして、記事の最後からは店頭での演奏のライブ音源がダウンロードできます。 1曲目を掲載しておきます。

TVのインタビューでは、本人は照れていたが、これまでの人生の中で、吹っ切れているのか飄々とした人柄がにじみ出ていた。この話、「音楽のチカラ」を実感させる「ちょっといい話」ではないか・・・・。
そんな真野さん作曲による自身の演奏がCD化されるというニュースをTVが報じていた。タイトルは、本人自身が考えたが、その本人は「陳腐でいやだね・・」と照れる、「ネバー・ギブアップ」だそうだ。

ピアノ、ピアニストを扱った映画は、最近でも、「戦場のピアニスト」、「ピアノレッスン」、「ラフマニノフ ある愛の調べ」、「譜めくりの女」、「4分間のピアニスト」など数多いが、私は一つあげるとすれば、「海の上のピアニスト」 かなあ・・。
大西洋上の豪華客船に捨てられていた赤ん坊は、生まれた年にちなんで1900と名付けられ、黒人機関士に育てられる。成長した1900は非凡なピアノの才能を発揮するようになり…。「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督による人間ドラマ。

海の上のピアニスト [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


by knakano0311 | 2009-09-11 09:33 | 音楽のチカラ | Trackback | Comments(0)

秋探しウォーキング

いつも季節の変わり目になると、「季節探しウォーキング」と称して歩くコースがある。我が家から、1時間40分ぐらいかけて歩く。私の住んでいる地域は、住宅地と農地と里山とゴルフ場が微妙に混在している地域である。付近には、いくつものゴルフ場が点在しているが、最も近いのは歩いて20分ぐらいか。しかし、この近辺のゴルフ場では一度もプレイしたことはなく、ゴルフを止めた今は近くに在っても、「宝の何とやら・・・」となっている。

そのうちの3つのゴルフ場と里山を抜けていくウォーキング・コースが、季節の訪れ、気配をいちはやく感じ取れるため、私のお気に入りコースになっていて、季節の変わり目になると、いつも歩くのだ。自然の移ろう気配をゆっくりと感じながら、ウォーキングし、終着点のスーパー・マーケットで昼食、買い物をして電車で帰ってくる。先日のウォーキングの道すがらに撮ったスナップ写真を掲載しますが、少しは秋の気配が感じ取っていただけるでしょうか?

b0102572_17345971.jpgb0102572_17352615.jpg







 山の小径にはどんぐりが一杯       咲き始めた萩の花 

b0102572_1736764.jpgb0102572_1741245.jpg







 収穫間近の大粒の能勢栗       里山、蓮池と黄金色の稲穂  

b0102572_1744616.jpgb0102572_17442710.jpg







 芝と木々の深まるコントラスト     わずかに色づきはじめた木々


家に帰ったら、故郷から秋の贈物、葡萄が届いていた・・・ 。


9月を代表するスタンダード曲といえば「September Song/セプテンバー・ソング」。この「セプテンバー・ソング・・」という語感、響きに、えもいわれぬ郷愁、センチメンタルを感じる。「センチメンタル・ジャーニー」なんて曲も、私にとっては同一線上のイメージに並ぶ曲である。この曲、もともとは、1930年代のミュージカルの曲であるが、1951年の映画「旅愁」に主題歌として使われ、一躍有名になった曲である。『5月から12月までは長い長い日々がある。だけど、9月になると、もう残りの日は少なくなる。私ももう人生の9月、残りの貴重な日々をあなたと過ごしたい。』という、ちょっと深い人生の意味を歌う愛のバラード。皆さんは人生の何月にさしかかっているのでしょうか・・。

1933年生まれ、76歳。この歳でも音楽活動意欲は衰えず、最近も、「ノラ・ジョーンズ」、「ダイアナ・クラール」らとコラボした新アルバム「アメリカの歌」をリリースした、アメリカが誇る国民的シンガー「ウィリー・ネルソン/Willie Nelson」。そのポップス史上に残るスタンダード傑作集「スターダスト/Stardust」から、「セプテンバー・ソング」を。このアルバムで彼は、スタンダードを本当に渋く、年輪を重ねた人にしか歌えないような味わいで歌っている。カントリー出身の歌手であるが、もはやカントリーという枠では括りきれない、真のアメリカン・ミュージックを歌う「ウィリー・ネルソン」。

Stardust
Willie Nelson / Sony Budget
ISBN : B00002DEUF
スコア選択:

「SEPTEMBER SONG - WILLIE NELSON」

          

そして、オーディオ・ファンたちにモテモテの女性シンガー「ジャシンサ/Jacintha」の「Lush Life」から。(拙ブログ「アジアの癒し姫たち」、 「オーディオ・ファンは癒し姫の夢を見る」参照) その深く柔らかな癒しの歌声にはオーディオ・ファンならずとも癒されるのは間違いない。

Lush Life

Jacintha / JVC



「SEPTEMBER SONG - JACINTHA」

          
by knakano0311 | 2009-09-09 15:30 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

さあ、騙されてみようか ・・・

民主党への政権移行が実質的にスタートしだした。「選挙」という最も人間くさい戦い、虚虚実実の騙しあいには決着がつき、少なくとも国民は、この4年間の反省もない自民党にはもう騙されなかった。役人と民主党の間で、今後の政策、予算をめぐって、党内では人事をめぐって、ディス・インフォメーション、探りあい、怪情報が飛び交う情報合戦が始まっているという。「だまし」合いはそちらに任し、私は、「さあ!騙されてみよう」と「だまし絵 アルチンボルドからマルグリット、ダリ、エッシャーへ」展を見に出かけた。

「だまし絵」とは、見る者の目をあざむくような仕掛けをもった作品で、西洋美術の歴史には、「だまし絵」の系譜が存在する。有名な例をあげると、今回の展覧会」にも出品されている、16世紀の画家「アルチンボルド」の、個々のモチーフが、トータルで別のものにも見える奇妙な絵「ルドルフ2世」。また、ある視点から見ると正しい絵柄が浮かび上がる「アナモルフォーズ」の代表例や、迫真的な描写によって絵を現実と見誤らせる「トロンプルイユ」の手法は、画家が鑑賞者の視覚に挑む知的な遊戯としてバロック時代のヨーロッパ、さらには19世紀のアメリカで大いに流行したという。

「だまし絵」は実際に見て、だまされてこそ正しい鑑賞の仕方。さっそく兵庫県立美術館へ出かけてみたが、子供達も含め、館内は「騙されてみたい」人達でいっぱい。 古今東西、100点を超えるだまし絵の作品が展示されていた。いつもなら静寂に満ちた雰囲気の美術館であるが、今回は嬉々とした歓声も混じっている。異色企画といえるこの展覧会、私は素直に、そして楽しく騙された一日であった。

b0102572_2320088.jpg
兵庫県立美術館HPより
ジュゼッペ・アルチンボルド
《ウェルトゥムヌス(ルドルフ2世)》 1590年頃
スコークロステル城(スウェーデン) Skokloster Castle, Sweden

奇想の画家アルチンボルドの傑作中の傑作。非常にリアルに描かれた50種以上の果物・野菜・花が、作者の主君であった神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の肖像を形作っている。


b0102572_23211432.jpg
兵庫県立美術館HPより
M.C.エッシャー 《滝》 1961年
いわき市立美術館、横浜美術館
All M.C.Escher works © Escher Company B.V.-Baarn- the Netherlands / Huis Ten Bosch-Japan.

滝の落下地点からジグザグに曲がりつつ画面奥へと流れ下りていく水路がいつしか最初の滝に戻ってしまう。
20世紀を代表するだまし絵作家エッシャーが描く物理的に存在しえない建築物の中でも特に有名なイメージのひとつである。

遅い昼食は、神戸・旧外国人居留地にあった、かっての銀行をリニューアルして、カフェ&ダイニングとしたE.H.Bankで。回転扉を開けると、迎えてくれるのは、吹き抜けの高い天井、シャンデリア、大理石の空間、大金庫など、かって銀行だった重厚な空間。それをそのまま上手に活かしたインテリアが、ゆったりとしたレトロな雰囲気を醸し出し、我々のような年寄りにはこの上なく好ましい。

b0102572_180375.jpgb0102572_1759881.jpg









そんな空間に流れていたBGMは、「煙が目にしみる」。フュージョン・サックスの雄、「デヴィッド・サンボーン」がスタンダードやポップスなどのカバー曲を、ゴージャスなストリングスと共演したアルバム「パールズ」からの曲だった。

パールズ

デヴィッド・サンボーン / ダブリューイーエー・ジャパン



「David Sanborn - Smoke Gets In Your Eyes」

         





 
by knakano0311 | 2009-09-07 09:34 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)

クリス・コナーさん逝く ・・・

b0102572_1745085.jpg

8月29日、癌のため米国ニュージャージー州で、女性Jazz歌手「クリス・コナー」さんが、81歳で亡くなったと新聞が報じている。スタン・ケントン楽団出身で、同じ楽団出身の「ジューン・クリスティ」、「アニタ・オデイ」とならんで、50~60年代にかけて活躍した。恋に焦がれるおんな心をハスキー・ヴォイスで切々と歌って人気を博した。

なんといっても、一世を風靡した代表作は、「バードランドの子守唄」。それと、JAZZスタンダードの歴史を俯瞰することのできるガーシュインの名曲に迫った大作アルバム「ガーシュイン・ソングブック」の2作をもって、御霊に献じることにしよう。

「バードランドの子守唄」は、白人女性JAZZヴォーカルの歴史的名盤といわれている。タイトル曲は「ジョージ・シアリング」が、「チャーリー・パーカー」の愛称「バード」に由来する、ジャズ・クラブ「バードランド」をテーマに作曲したナンバーだが、リリース当時のクリスは20代半ばで、その歌声は楚々としていて初々しく、小粋なスイング感に溢れていたが、そのイメージとは違って、アルバム・ジャケットのみっともないほどの大口写真にびっくりしたこともなつかしい。

合掌 ・・・・。

バードランドの子守唄

クリス・コナー / EMIミュージック・ジャパン



ガーシュイン・ソングブック(+4)(紙ジャケット仕様)

クリス・コナー / ワーナーミュージック・ジャパン



「Chris Connor - Lullaby of birdland」 ピアノは「George Shearing」。

          
by knakano0311 | 2009-09-06 09:03 | 訃報を聞いて | Trackback | Comments(0)

60歳過ぎたら聴きたい歌(40) ~ 遥かな友に ~

我々の青春時代には、どうしてあんなに皆で集まって、歌を歌ったのであろうか。今の高校生はどうなんだろうか。私の卒業した高校は、コンパが盛んで、料理(といってもカレーや闇なべが中心)や自炊ができる設備が校内にあった。郷友会(出身中学校別の同窓会)、クラブ、同級会などが、部活、合宿、文化祭、体育祭などイベントにかこつけ、なにかというと、各自、米持参でコンパを開いていた。そこでは必ず皆で歌を歌っていたという記憶がある。校歌、寮歌、応援歌、ロシア民謡、革命歌、労働歌、童謡・唱歌、歌謡曲、信濃の国など。そして、今考えてみればあんなものどうってことない「猥歌」も・・。先輩から秘伝として伝わっていた「猥歌集」を教員室の謄写版でガリ版印刷をし、新入生に売って儲けていた輩もいた。そして当時、都会には、ライブを聴くことや、皆で歌うことを目的として集まっていた「歌声喫茶」なるものもあったのだ。あの時代、皆で歌をうたうということ、それは連帯を求めるという意味で、ちょっぴり政治的な色づけもあって、今の「カラオケ」とは違ったような気がするのだ。

そんな中で、「山小屋の灯」などと並んで、抒情的で、センチメンタルで、いつもリクエストが絶えなかった歌が「遥かな友に」だったと記憶している。作詞・作曲は、「磯部 俶(とし)」。1951年神奈川県・津久井湖畔で、「早稲田大学グリークラブ」の夏の合宿にOBとして参加していた磯部氏が、夜ねむれない後輩達を見て作った歌だそうです。

50年近く経った今も、聴くとなぜか心がキュンとなるこの歌。残暑でなかなか眠つかれない夜に想いだす、あの時代の仲間や友達。そして今、このブログを読んで下さっているすべての人に、この歌を贈ります。

さあ、もうすぐ秋。秋の支度をしなくっちゃ・・・。


【 遥かな友に 】  作詞・作曲 ; 磯部 俶

歌詞はこちら。

母親が、かって好んで聴いていた鮫島有美子のアルバムから・・。

鮫島有美子の四季

鮫島有美子 / コロムビアミュージックエンタテインメント



そして、ダークダックス、デューク・エイセスなどとならんで歌声喫茶で人気のあったのが「ボニー・ジャックス」。彼らの歌う「遥かな友に」がオリジナルだったか?

決定版 ボニー・ジャックス

ボニージャックス / キングレコード



「遥かな友に 混声合唱団アミューズ」

          
by knakano0311 | 2009-09-04 09:21 | 60歳過ぎたら聴きたい歌 | Trackback | Comments(0)

ご近所の埋蔵金伝説

隣町の猪名川町銀山地区に「多田銀銅山」がある。北摂地域には、私の住む町を含め、4市3町にわたる東西20km、南北25kmの広大な鉱山地帯が形成されており、全部で2800余の坑道跡が残っているそうだ。なかでも品位の高い銀鉱脈が発見されたのが、多田銀銅山だといわれている。今日の「おやじの遠足」はそこへ。

b0102572_1750779.jpg
(悠久の館から見る対岸の代官所跡)

多田銀銅山の歴史は古く、東大寺の大仏鋳造にここで採掘された銅を使ったという伝承(742年)がある。天禄元年(970年)には、金瀬五郎という人物が多田源氏の祖、「源満仲」に銀を献上したところ、忠節であると褒め称え太刀を与えて銀山支配を命じたのが始まりといわれている。本格的に銀山開発と経営が始まったのは、豊臣秀吉の時代、天正年間(16世紀後半)。豊臣政権時には直轄鉱山として栄え、「台所間歩(まぶ)」や「瓢箪(ひょうたん)間歩」など秀吉ゆかりの名の間歩(坑道)が残っている。その後、江戸幕府にも開発は引き継がれ、寛文4年(1664年)には、年間約450トンの銅を産出した記録があるという。江戸時代を通じて、ここには代官所が置かれ、幕府直轄地となり、「銀山三千軒」といわれるほどの賑わいをみせたそうである。明治以降には資本家が参入し、昭和に入ると日本鉱業㈱が機械を使った大規模な採掘を行ったが、昭和48年(1973)に閉山となり、多田銀銅山約1000年の歴史に終止符が打たれた。

b0102572_17515437.jpg
(中を見学することができる青木間歩)

現在は、この近辺一体が歴史街道として整備され、かっての代官所址の対岸には、多田銀銅山に関わる絵図や古文書、鉱石・鉱山道具などの資料を展示する「多田銀銅山・悠久の館」という資料館が建てられている。また、秀吉ゆかりの間歩(坑道)、秀吉が自らの馬印、千成瓢箪を掲げることを許すほどの銀銅の産出量があり、秀吉も自ら馬に乗ったまま、入って視察したといわれる「瓢箪間歩」、大坂城の台所を潤すほどの産出量があったことでその名がついた「台所間歩」の坑口は見学することができる。そして、昭和になって機械堀りされた坑道、「青木間歩」は50mほどの坑道体験ができるよう整備され、すぐ脇の江戸時代の手掘りの露天掘り跡とあわせて対比できるようになっている。

b0102572_17532880.jpg
(豊臣埋蔵金伝説が残る瓢箪間歩の坑口;まだ鉱脈があるにも関わらず秀吉はこの間歩を閉鎖したという)

そして、お待ちかね、やはりここには「埋蔵金伝説」があるのです。それも豊臣秀吉がこの「瓢箪間歩」周辺になんと4億5千万両(現在の約200兆円に相当!!)を埋蔵したと言われているのです。

時は安土桃山時代の末期。資料や伝承によれば、天下を統一した豊臣秀吉は、その死の直前、息子秀頼の行く末を案じ、大坂城内にあった4億5千万両を極秘裏に多田銀銅山へ運び、瓢箪間歩を中心に間歩21カ所に埋めて山を閉じたというのです。 指揮は勘定奉行幡野三郎ら三人のみが任され、場所の詳細は文書と絵地図に記され大切に保管されたという。やがて豊臣方は敗れ、多田銀銅山も徳川幕府の手に落ちた。幕府は必死に埋蔵金を探すが見つからなかった。文書と絵地図は、幡野らの没後、伊賀の亀井家の蔵に厳重保管されていたそうだが、時流れて第2次大戦後、混乱の中で散逸したという。 やがて、「豊臣埋蔵金伝説」は世間に広く知られる所となり、一獲千金を狙う者たちが文書や絵地図の一部を手に入れたと言っては続々と多田銀銅山を訪れた。しかし、埋蔵金はカケラも見つからないまま、結局みんな去っていった。
しかし、たった一人だけ残った男がいた。多田銀銅山研究家、鈴木盛司氏(74)だ。三十数年前、浜松市からやってきたのだそうで今も地元に住んで、いまなお埋蔵金を探索しているのである。
(朝日新聞記事 勝手に関西世界遺産・多田銀銅山の埋蔵金伝説参照)

「男のロマン」と軽く一言では片付けられないような、大変な情熱を一生傾けている人もいるものだと感心してしまう。思い切って、私も一攫千金、退職後の余生を豊臣埋蔵金発掘に賭けてみようか・・・。ひょっとして見つけたら、鳩山新政権にド~~ンと寄付しようか。霞ヶ関を掘り返すよりは、こちらの埋蔵金で国の借金800兆円の1/4は一挙に返せるかもしれないなあ。それでも1/4なのだ・・・。

007シリーズの中でも、傑作の中に入る第3作「ゴールドフィンガー」。「ゲルト・フレーベ」、「ハロルド坂田」の悪役振りが、ドンピシャ決まっていた作品。初の本格的ボンドカーとしてアストンマーチン・DB5が登場した作品でもある。「シャーリー・バッシー」の歌うこの映画の主題曲も大ヒットした。JAZZバージョンをあげるとすれば、オーストラリア出身のJAZZピアニスト、「Joe Chindamo/ジョー・チンダモ」が、映画の主題曲を華麗なタッチで演奏するアルバム「The Joy Of Film Music」か。ピンクパンサー、ゴッドファーザー、夕陽のガンマンなど、おなじみのテーマ曲が、軽やかでメロディアスな演奏により、一層爽快さをます。

b0102572_23592125.jpg
Paradiso: The Joy Of Film Music
Joe Chindamo

by knakano0311 | 2009-09-03 09:40 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)

川で遊ぶ・・・

b0102572_17525262.jpg
子供たちに色々な遊びを教え、世代間の交流を図るための、地域ボランティア活動を、私たち夫婦がお手伝いをしている。今日はその活動の中で、もっとも大掛かりな活動である「川遊び」があった。団地のはずれを流れている猪名川の支流で行うのであるが、子供達に、川に親しんでもらうとともに、環境のことも学び、水辺の観察を行う。子供達のとって何よりうれしいのが、これが例年、夏休みの自由研究の格好なテーマとなることである。

われわれシニアのボランティア・グループにとっては、結構大変で、前日から河原や水べり、川底の危険物の掃除を行い、当日は朝早くから、バケツ、採集網、など用具の準備、小学生低学年が主な対象のため、深みや急流、マムシの生息区域に行かないように、安全区域を確保するための、杭の打ち込みとロープ張り、テント張り ・・・・など様々な準備をして子供達を迎えるのである。

b0102572_17532165.jpg
親御さんも含めて100人を超える子供達が集まった。一斉に川へ入る・・・。歓声・・・。
子供達の殆どが採っていたのは、「ヒゲナガカワトビケラ」。当日、指導・解説をお願いしていた生態、環境の専門家の話によると、この虫は鮎の餌になるため、環境のいい川にしか見られないとのこと。この川の環境もかなりよくなってきた証拠だ。私の故郷、信州ではこの虫は「ざざ虫」と呼ばれていて、「いなごの佃煮」、繭から生糸を採った後の「蚕のさなぎ」とならんで、「信州3大ゲテモノ食い」のひとつであったことを思い出した。そのほか、ヤゴ、カワニナ、タニシ、ドンコなど。外来種ではあるが、アメリカザリガニ、ミドリガメなども・・・。一時はインフルエンザの問題で実行も危ぶまれたが、びしょぬれになりながらも喜ぶ子供達をみると、今年もやってよかったなとつくづく思うのだ。

この子達の未来に環境も含めて、日本をどう再生して渡すことができるのか? 政権選択を決める総選挙を翌日に控えた日のことであった。

「Eva Cassidy/エヴァ・キャシディ」が「川を渡る、子供達が・・」と歌うゴスペル・ナンバー「Wade In The Water」は、本人自身がリリースしたのはわずか4枚しかないエヴァのアルバム「Eva by Heart」から。

Eva by Heart

Eva CassidyLiason



b0102572_1825156.jpg

ある人にとっては、「病みつきになる」という言葉でしか表現できないアーティストがいる。私の場合、その一人が、「Eva Cassidy/エヴァ・キャシディ」である。ポップス、ソウル、スタンダード、カントリー、ブルースなどジャンルを超えた、一度聴いたら忘れられない、その美しいボーカルは、私を虜にした。1996年に皮膚癌で亡くなるまでの、33年の短い生涯のあいだ、ホームタウンのワシントンDC以外では無名に近かった。素晴らしいことに、スタンダードでも、ポップスでも、まるで彼女のために書かれた曲のように聴かせる驚くべき才能で、全力疾走のように、彼女は歌いつづけた。私は、秋の気配を感じるといつも聴きたくなるシンガーである。JAZZ以外の女性シンガーで「わがミューズ」を選ぶとすれば、間違いなく選ばれる一人。彼女の生涯最高のライブ盤は「Live At Blues Alley」。

Live at Blues Alley

Eva Cassidy Eva Music



「Eva Cassidy - Wade in the Water」

          
by knakano0311 | 2009-09-02 09:49 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)