人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大屋地爵士のJAZZYな生活

路傍の花、樹々の鳥(410) ~ 早くも紫陽花の季節 ~

 路傍の花、樹々の鳥(410) ~ 早くも紫陽花の季節 ~_b0102572_09564164.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(410) ~ 早くも紫陽花の季節 ~_b0102572_17193029.jpg

 路傍の花、樹々の鳥(410) ~ 早くも紫陽花の季節 ~_b0102572_09413718.jpg


 今日は朝から本降りの雨。残念ながら山での作業は中止。ところで、今年は「アジサイ(紫陽花)」の季節の訪れもすこし早いような気がする。ウォーキングの道筋には、もう「アジサイ(紫陽花)」が咲いている。ちょっと珍しい「カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)」も。原産地は北米東南部だとか ・・・。

 今宵の曲、「Here Comes the Rain Again」。 カナダ出身のベテラン、ヴォーカリスト&ギタリスト、「シャンタル・シャンベラン/Chantal Chamberland」の歌唱。自作曲とスタンダード曲を織り交ぜて歌い上げたアルバム、「This Is Our Time」(2002)から。

 「Here Comes the Rain Again(また雨が降ってきた)」。オリジナルは、私は聴いたことはありませんが、イギリスの男女2人組バンド、「ユーリズミックス/Eurythmics」だそうだ。


【 Here Comes the Rain Again 】 by Annie Lennox / David Allan Stewart

「♪ Here comes the rain again   また雨が降ってきた
  Falling on my head like a memory  記憶の様に私の頭に降り注ぐ
  Falling on my head like a new emotion 新しい感情の様に降り注ぐ
  I want to walk in the open wind  風の中を歩きたい
  I want to talk like lovers do   恋人たちがする様に話したい
  I want to dive into your ocean  あなたの心の海の中へ飛び込みたい
  Is it raining with you   あなたにも雨は降り注いでいるの

  So baby talk to me    だから私に話しかけてみて
  Like lovers do       恋人たちがする様に
  Walk with me       一緒に歩いてよ
  Like lovers do       恋人たちがする様に
  Talk to me        私に話しかけてみて
  Like lovers do       恋人たちがする様に

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
   


 路傍の花、樹々の鳥(410) ~ 早くも紫陽花の季節 ~_b0102572_16272857.jpg

 This Is Our Time
 Chantal Chamberland/シャンタル・シャンベラン
 Chantal Chamberland







  
「Here Comes the Rain Again - Chantal Chamberland」

      
  


   

# by knakano0311 | 2021-05-28 00:15 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

3年ぶりの皆既月食だったが ・・・

3年ぶりの皆既月食だったが ・・・_b0102572_23153947.jpg

3年ぶりの皆既月食だったが ・・・_b0102572_23160514.jpg

3年ぶりの皆既月食だったが ・・・_b0102572_23162230.jpg

  
 今宵、3年ぶりの「皆既月食」だそうだ。しかも、欠けるのは、年間で最も地球に近い位置になる満月、「スーパームーン」。8時ころには「皆既」になるというので、見えたらいいのにと空模様を気にしながら外へ出てみると、空は厚い雲に覆われていた。残念。

 仕方がないので、NEWSでその様子を見ることに ・・・。
  
 4月の満月はたしか「ピンクムーン」だったが ・・・。英語圏の国ではこの月を、「花が咲く5月に見られる血のように赤く染まった月」と意味で、「Super Flower Blood Moon」と呼ぶそうだ。
  
3年ぶりの皆既月食だったが ・・・_b0102572_12412923.jpg

   
 さて今宵の曲、まず「ムーンフラワー/Moonflower」。「サンタナ/Santana」が1977年に発表したアルバム、「Moonflower」に収録された曲。「ムーンフラワー」は、南米原産の「サボテン」の一種で、非常に希少な花らしく、今年の2月、英ケンブリッジ大学の植物園で、イギリスでは初めて花が咲いたと報じられた。(写真はNETより拝借) 
 
 今宵は、ゲストに「アンバートン/Ann Burton」の歌伴で有名なピアニストの「ルイス・ヴァン・ダイク/Louis van Dijk」を迎え、現在の「マヌーシュ・スウィング/manouche swing」の最高峰ギタリストと言われる、「ストーケロ・ローゼンバーグ/Stochelo Rosenberg」を中心としたトリオ、「ローゼンバーグ・トリオ/The Rosenberg Trio」の演奏で。アルバムは、「The Rosenberg Trio Live」(2004)から。


3年ぶりの皆既月食だったが ・・・_b0102572_10371734.jpg
 
 The Rosenberg Trio Live
 Louis Van Dijk & The Rosenberg Trio/
   ルイス・ヴァン・ダイク,ザ・ローゼンバーグ・トリオ
 Pink Records





「Moonflower - Louis van Dijk & rosenberg trio」

      

「♪ Eclipse de luna en el cielo  空に月食
  Ausencia de luz en el mar  海は明りが失せて
  Muy solo con mi desconsuelo  僕はたった独り、癒えぬ傷を抱え
  Mirando la noche me puse a llorar  闇夜を前に、涙が流れ落ちた
  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」
  (和訳は「Bossapedia」より借用)

  
 こんな歌詞を持った「月蝕(食)/Eclipse de luna」を歌うのは、「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」。オリジナルは、ハバナ出身の歌手、「マルガリータ・レクオーナ/Margarita Lecuona」の作。アルバム、「ジョアン 声とギター/João Voz e Violão」(2000)に収録されているが、2000年、ブエノスアイレスでのライブをアップ。

3年ぶりの皆既月食だったが ・・・_b0102572_10511090.jpg

 ジョアン 声とギター/João Voz e Violão
 ジョアン・ジルベルト/João Gilberto
 ユニバーサル ミュージック クラシック







「João Gilberto - Eclipse」

   

3年ぶりの皆既月食だったが ・・・_b0102572_13090891.jpg

   
 英語の「Eclipse(​エクリプス)」は、イタリア語で「L'Eclisse」。日蝕などを含めた蝕、(名声の)失墜、愛情の欠落などの意味があるという。「太陽はひとりぼっち/原題;イタリア語: L'eclisse、英語: The Eclipse」(1962年製作・公開)という「ミケランジェロ・アントニオーニ/Michelangelo Antonioni」監督、「モニカ・ヴィッティ/Monica Vitti」、「アラン・ドロン/Alain Delon」主演のイタリア・フランス合作映画があった。
  
 高校時代の名画鑑賞会で観たが、「愛の不毛3部作」とやらで、高校生にとって、ストーリーや意味は全く分からなかったが、「モニカ・ヴィッティ」の退廃的でけだるい美しさ、「ミーナ/Mina」の歌う挿入歌、「太陽はひとりぼっち/Eclisse twist」は今でも印象に残っている。
  

「L'Eclisse - Mina 1962 (太陽はひとりぼっち)」


  
   

# by knakano0311 | 2021-05-27 00:15 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

高齢者ワクチン接種が始まったが ・・・

高齢者ワクチン接種が始まったが ・・・_b0102572_16391971.jpg


 買い物に行った隣町のスーパー、隣接する公園をウォーキングしていたら、町民ホールに人の列。この日から隣町では高齢者ワクチン接種が始まったのだ。しばらく見ていたが、長蛇の列にはならず、混乱もなく、スムースに流れていたように見えた。ところが、夕方のNEWSでは、保冷庫のコンセントが抜けていたのに気がつかず、30回分のワクチンを廃棄しなくてはならなくなったと報じられていた。やはり、初日から混乱、不手際はあったようだ。自治体も不慣れで大変だろうが、スムースにワクチン接種がすすんでくれることを願うばかり。

高齢者ワクチン接種が始まったが ・・・_b0102572_09090414.jpg

  
 IOCも「オリンピック開催のために犠牲を払え」というバッハ会長の言葉、「安心安全に開催する」とただ繰り返す日本の政府、JOC、東京都。五輪中止か再延期が8割を超えるという世論。ここへきて、アメリカの「日本への渡航中止勧告」。だんだんと見通しが悪く、収拾困難な「五輪狂騒曲」になってきた。開会2カ月前にこんな状態でどうしてオリンピックの開催ができるというんだ ・・・・。

 「毒にもなれば薬にもなる」、そんな言葉がある。いい悪いは別にして、日本経済への特効薬、カンフル剤として期待されていた東京五輪、パラリンピック。このまま開催して果たして特効薬になるのか、あるいは五輪で利益を得る人たちや政府と国民との分断や不信をますます深める劇薬、毒薬となるか、一層の感染拡大を招く促進剤となるのか ・・・。

 今宵最初の曲は、「ボン・ジョヴィ/Jon Bon Jovi」の「Bad Medicine」。アルバム、「New Jersey」(1988)から。


高齢者ワクチン接種が始まったが ・・・_b0102572_23123143.jpg
 
 NEW JERSEY
 ボン・ジョヴィ
 ユニバーサルインターナショナル





   
「Bad Medicine - Bon Jovi」

   
 そして、「エリック・クラプトン/Eric Clapton」の「コカイン/Cocaine」。五輪貴族、一度味をしめたらやめられないとか ・・・。
   
【 Cocaine 】  by J. J. Cale

「♪ If you want to hang out ぶらぶらしたきゃ
  You’ve got to take her out 彼女を連れてけ
  Cocaine          コカイン
  If you want to get down  地面に
  Down on the ground    ぶっ倒れたいなら
  Cocaine          コカイン
   (chorus)
  She don’t lie      彼女は嘘を言わない
  She don’t lie      彼女は嘘を言わない
  She don’t lie      彼女は嘘を言わない
  Cocaine     彼女って? それはコカインさ
     
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

   
 1995年に発売された「クリーム/The Cream」時代の曲を中心に収録したベストアルバム、「The Cream of Clapton」から。


高齢者ワクチン接種が始まったが ・・・_b0102572_18034508.jpg

 The Cream Of Clapton
 エリック・クラプトン/Eric Clapton
 POLYS







「Eric Clapton - Cocaine」

      


 ライブ演奏は、最後のワールド・ツアーとなった「Reptile World Tour」を収録したライブ・アルバム、「One More Car, One More Rider [Live] 」(2002)があるが、2015年、70歳を期にツアーからの引退宣言をした「エリック・クラプトン」が、ロンドンの「ロイヤル・アルバート・ホール/The Royal Albert Hall」で行ったライブの動画をアップします。彼のボーカルと「スローハンド」と呼ばれたギター・テクニックを十分楽しめる。


高齢者ワクチン接種が始まったが ・・・_b0102572_18040349.jpg

 One More Car One More Rider
 エリック・クラプトン
 Reprise / Wea







「Eric Clapton ‘Cocaine’ – from Eric Clapton: Live at the Royal Albert Hall Concert Film」



# by knakano0311 | 2021-05-26 00:00 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(2)

若芽は順調に育っているようだ

若芽は順調に育っているようだ_b0102572_15422330.jpg

若芽は順調に育っているようだ_b0102572_15423658.jpg

若芽は順調に育っているようだ_b0102572_15425243.jpg


 雨で山作業は中止になったので、鹿の食害から、「クヌギ(椚、橡)」の若芽を守るために、先週、先々週と行った金網の設置作業の効果を見届ける。若芽は、このわずか1週間、2週間の間にずいぶんと成長していた。あらためて「クヌギ」の強い成長力に感心する。このまま、鹿の食害に遭わずに順調に育ち、10年後には立派な「台場クヌギ」に成長することを期待するのだが ・・・。

若芽は順調に育っているようだ_b0102572_10354526.jpg


 今宵のピアニストは、「桑原あい」。私は初聴きである。2012年のジャズ・シーンに衝撃をもたらしたというデビューから、通算10枚目にして、初となる全編ソロ・ピアノ・アルバム、「オペラ/Opera」が4月にリリースされ、その評判が高いので、聴いてみようかと ・・・。
   
 プロモーション・ビデオがYOUTUBEにアップされていた。全身を使って表現する躍動感あふれる、こんな感じのプレイ・スタイルである。「次世代ジャズ・ピアニスト」と呼ばれる所以も納得。


「桑原あい - ソロピアノ プロモーションビデオ」


若芽は順調に育っているようだ_b0102572_14301057.jpg
    
 このアルバムは、「エンニオ・モリコーネ/Ennio Morricone」、「ジョン・ボン・ジョヴィ/Jon Bon Jovi」、「アストル・ピアソラ/Astor Piazzolla」、「エグベルト・ジスモンチ/Egberto Gismonti」など、ジャンルの垣根を超えた曲のカヴァーを中心に全11曲を収録している。カヴァー曲のうち5曲は、「桑原あい」の音楽を愛する、女優「シシド・カフカ」、落語家「立川志の輔」、小説家「平野啓一郎」などにリクエストを依頼して、桑原のアレンジにより録音したという。

 録音は、クラシック・コンサート専用ホール「東京オペラシティ リサイタルホール」。2020年11月12日~14日の3日間、ステージ上のピアノと対峙して紡ぎ出した渾身の演奏が、収録されている。アルバムの世界観やストーリーを感じさせるアルバム・ジャケットは、光の絶妙なコントラストを捉らえていて美しい、オランダ出身の若手フォトグラファー、「ヘレン・ファン・ミーネ/Hellen Van Meene」が、10年以上前にロシアで撮影した作品を採用したという。
   
 1991年生まれ、29歳の若芽である。とびっきりの成長を期待できる若芽である。CDで聴くよりライブで聴いてみたいと思わせるピアニストである。アルバム、「オペラ」から、いくつかを ・・・。



若芽は順調に育っているようだ_b0102572_15575122.jpg


Opera
桑原あい/ kuwabara trio propject
Universal Music










 「アストル・ピアソラ」作曲の「レオノーラの愛のテーマ/Leonora's Love Theme」。
    
「Leonora's Love Theme - 桑原あい/Ai Kuwabara」

      



 NHK連続テレビ小説「エール」主題歌、「GReeeeN」作曲の「星影のエール」は、 ミュージカル俳優、歌手の「山崎育三郎」の 選曲。 

「星影のエール/Hoshikageno Yell - 桑原あい/Ai Kuwabara」


 女優、歌手、ドラマー、モデルなどマルチな才能を発揮する「シシド・カフカ」の選曲は、「ボン・ジョヴィ」の「リヴィン・オン・ア・プレイヤー/Livin' On A Prayer 」。

「Livin’ On A Prayer - 桑原あい/Ai Kuwabara」

  
 トリオ演奏も聴いてみたくなった方のために、「スティーヴ・ガッド/Steve Gadd(ds)」、「ウィル・リー/Will Lee(b)」との「ブルーノート東京」でのトリオ演奏を。曲は、3人の頭文字をとった「SAW」、アルバムは、「Live at Blue Note Tokyo」(2019)。

若芽は順調に育っているようだ_b0102572_16554948.jpg

 Live at Blue Note Tokyo(SHM-CD)
 桑原あい with スティーヴ・ガッド&ウィル・リー
 Universal Music







「SAW (Live) - Ai Kuwabara · Steve Gadd · Will Lee」
  

# by knakano0311 | 2021-05-25 00:30 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

「密」を伐る

「密」を伐る_b0102572_17422346.jpg

  
 梅雨の晴れ間を縫って、玄関脇に植えている「ツバキ(椿)」の木を剪定した。梅雨が明けると、「チャドクガ(茶毒蛾)」が、密集した葉の裏に卵を産み付けるので、その前にスカスカにしまわなくてはならない。一度、「チャドクガ」には大変酷い目に遭っているので、椿を楽しむためには、どうしても必要な作業である。高枝切ハサミなどで一時間ほどの素人剪定作業。これだけ、スカスカにすれば、「チャドクガ」も寄ってくるまい。対策完了。
  
 山の公園にも、沢山の「ヤブツバキ(藪椿)」が自生しているので、秋になるとその実を採って、椿油を採取したこともあった。この椿からは油を搾るに足る量の実は、残念ながら採れない。


 今宵の曲、「Practical Arrangement」。「arrangement」には、準備、手配、処理、処置、整理などの意味があるので、直訳すれば、「現実的な対応」というような意味でしょうか。グラミー賞に4回ノミネートされている実力派、「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」の歌唱。
   
 オリジナルは、「スティング/Sting」。歌詞を読むと、「結婚を躊躇している、多分離婚歴のある恋人に、なんとか決心してくれ」と頼んでいるようです。ちょっと切ない歌。


【 Practical Arrangement 】  by Sting , Rob Mathes

「♪ Am I asking for the moon ?  無理なこと言っているかな?
  Is it really so implausible ?   そんなにおかしなことだろうか?
  That you and I could soon  これからふたりでどう歩み寄れるかを
  Come to some kind of arrangement 話し合うことは  

  I'm not asking for the moon  無理なこと言ってないと思うんだけど
  I've always been a realist    いつだって僕は現実主義者さ
  When there's really nothing more もう一度話し合ってみる以上に
  Than a simple rearrangement  いい解決方法がない場合は特にね

  With one roof above our heads  同じ屋根の下で
  A warm house to return to   暖かい家庭に戻りたいんだ
  We could start with separate beds ベッドは別々からスタートしよう
  I could sleep alone or learn to   一人で寝ても構わないし、すぐ慣れるさ
  I'm not suggesting that we'll find 楽園のような生活ができるなんて
  Some earthly paradise forever   思っていやしないさ
  I mean how often does that happen now ? 今そんな生活が何回できるだろうか
  The answer's probably never     きっと一回もないだろう

  But we could come to an arrangement でも歩み寄りの余地はあると思うんだ
  A practical arrangement        現実的な妥協や譲歩が
  That you could learn to love me  僕を好きになる現実的な譲歩が
  Given time             そのための時間が欲しい

  I'm not promising the moon  月や虹をあげるといったような
  I'm not promising a rainbow  非現実的な約束はできないさ
  Just a practical solution    これが現実的な解決方法さ
  To a solitary life        一人親生活をやめるためのね
  I'd be a father to your boy   あの子のも父親になれるさ
  A shoulder you could lean on 困ったときは頼りにしてもいい
  How bad could it be     そんなに悪い話じゃないだろう
  To be my wife ?       僕の妻になるって

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」


 「デニース・ドナテッリ/Denise Donatelli」の歌唱はアルバム、「Find a Heart」(2015)。非常に洗練されたアレンジで、通好みの印象をうけるアルバム。


「密」を伐る_b0102572_17155699.jpg

 Find a Heart
 Denise Donatelli/デニース・ドナテッリ
 Savant







「Denise Donatelli - Practical Arrangement」

      
  
 スタジオ・ライブ・セッションもアップされていました。

「Denise Donatelli  - Practical Arrangement (Live Studio Session)」
   
 オリジナルの「スティング」の歌唱もどうぞ。1980年代のイギリスの町、「ニュー・キャッスル」での造船業、都市、社会の発展を描いた舞台、「ザ・ラスト・シップ/The Last Ship」のために、彼が書き下ろした楽曲を収録したアルバム、「ザ・ラスト・シップ/The Last Ship」(2013)から。 オリジナルも美しい曲、美しい歌唱です。
    
   
「密」を伐る_b0102572_17071821.jpg
 
 ザ・ラスト・シップ/The Last Ship
 スティング/Sting
 ユニバーサル ミュージック







「Practical Arrangement - Sting」
   


   

# by knakano0311 | 2021-05-24 09:30 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)