大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ご長寿ピアニスト ( 1 ) タグの人気記事

積み重ねる ・・・

b0102572_10133159.jpg


遊びの山、炭焼き窯の前にクヌギの薪が積み上がった。来年の炭焼きに備えて十分に乾燥した薪を準備するためである。薪による火力が充分得られないと、炭の出来が悪くなるのである。伐採したが、太すぎて炭材としては適さない直径30cm以上もあるような太いクヌギの玉木を、斧やマサカリ(鉞)、クサビ(楔)を使って、八つに割るのである。これも太すぎて、手持ちの電動薪割り機では割れないので、人力に頼らざるを得ないのである。こうして大変な作業を経て、得られた薪がやっと積み上がったのである。この美しく積み上がった薪を眺めていると、木の存在感を強く感じる。

そして、全て形が違う一つ一つの薪を、崩れないようにしっかりと、よく乾くように風とおしよく、そして美しく積み上げるのには、そこそこのコツもまた必要なのである。なにか人生を積み重ねることと共通点を感じると言ったら、センチメンタルに過ぎようか ・・・。

さて、永年キャリアと人生を積み重ねてきたご長寿ピアニストたち。しかし、「オスカー・ピーターソン/Oscar Peterson」、「デイヴ・ブルーベック/Dave Brubeck」、「ハンク・ジョーンズ/Hank Jones」、「エディ・ヒギンズ/Eddie Higgins」らは、いずれも次々と鬼籍に入ってしまった。ビ・バップの頃を知っている生き字引的ピアニストで、いまだご存命、現役で活躍している「ご長寿ピアニスト」といえば、もう、1925年生まれ、御年88歳の「バーバラ・キャロル/Barbara Carroll」、1928年生まれ、85歳の「ジュニア・マンス/Junior Mance」、同じく1928年生まれの「ジーン・ディノヴィ/Gene Dinovi」、さらに1929年生まれの「バリー・ハリス/Barry Harris」などであろうか ・・・。

b0102572_14111746.jpg

「バリー・ハリス/Barry Doyle Harris」は、1929年、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれ、「ビ・バップの伝道師」と呼ばれたモダンジャズのピアノ奏者。1929年生まれといえば、たしか「ビル・エヴァンス/Bill Evans」と同じ年である。

教会のピアニストであった母親から、4歳の時よりレッスンを受ける。「マイルス・デイビス/Miles Davis」、「リー・コニッツ/Lee Konitz」らと共演し、後にニューヨークへ進出し「キャノンボール・アダレイ/"Cannonball" Adderley」、「コールマン・ホーキンス/Coleman Hawkins」、「デクスター・ゴードン/Dexter Gordon」らと活動を共にしたという。「ブルーノート・レーベル」では、「リー・モーガン/Lee Morgan」の歴史的名盤といわれる「サイドワインダー/The Sidewinder」にも参加した。こう聞くとまさに、モダンジャズの生き証人的存在であることが理解できる。
 
b0102572_10501998.jpg

そして、1980年、「JAZZ CULTURE CENTER」を自ら創設し、いまなお、「チャ-リ-・パ-カ-/」、「デイジ-・ガレスピ-/」、「バド・パウエル/」、「セロニアス・モンク/」などに代表される「ブラック・アメリカンの芸術(モダン・ジャズ)」を、あらゆる人々に熱心に教え、指導を続けているという。「ビ・バップの伝道師」と呼ばれている所以でもある。

この長いジャズ・キャリアの中、数え切れない程のアルバムがあるが、「アット・ザ・ジャズ・ワークショップ/AT THE JAZZ WORKSHOP」あたりを最高傑作として上げる人が多いようです。

At the Jazz Workshop

Barry Harris / Ojc



そして、最新作は2010年リリースのライブ・アルバム、「LIVE IN RENNES / ライヴ・イン・レンヌ」。当時81歳。しかもトリオに加え、ソロ演奏もあるというから、恐れ入る。
 

Live in Rennes

Barry Harris / Plus Loin Music



私は、1996年67歳の時にレコーディングしたアルバム、「Barry Harris Trio / First Time Ever」が好きである。  

ファースト・タイム・エバー

バリー・ハリス・トリオ / M&I



上のアルバムから2曲。肩の力が抜け、リラックスした、まさに年輪を重ねた渋い演奏 ・・・。

「Barry Harris Trio - Smoke Gets in Your Eyes」

          

「Barry Harris Trio - K.G.」
 
          
 


 


 


 
[PR]
by knakano0311 | 2014-03-22 14:19 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(2)