人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:アリーチェ・リチャルディ ( 2 ) タグの人気記事

何をいっているんだ

何をいっているんだ_b0102572_17313172.jpg
何をいっているんだ_b0102572_17320288.jpg
何をいっているんだ_b0102572_08012943.jpg
    
 大阪府の吉村知事、大阪市の松井市長は、厚労省から通知により、新型コロナウィルスの感染が急速に拡大している兵庫県と大阪府の間の不要不急の往来をこの3連休は自粛して欲しいと要請した。期限は決まっていないという。一方、兵庫県の井戸知事も、同じような要請を表明したが、大阪と協議連携しての話ではなく、大阪側の一方的な要請に対応しての要請だという。

 このニュースを聞いた瞬間、私は「何をいっているんだ」と思った。私の住んでる川西市は兵庫県の東端に位置し、大阪府池田市、豊能町、能勢町と接している。北摂地域とは、一般的には現在の大阪府北部を指す場合が多いが、伊丹、宝塚、川西、三田、猪名川町の兵庫県南東部内陸の阪神北地域などを含めて呼ばれる場合も多い。同じ経済圏で、生活圏が重なっているのである。兵庫県川西市は、大阪池田市と川一つ隔てているだけの大阪のベットタウンであり、神戸への直通電車は走っていないが、大阪梅田へは走っている。阪神高速もしかりである。ほとんどの人が神戸ではなく大阪へ通勤し、大阪梅田に買い物に行く。近くの大規模スーパーのお客さんは、大阪、兵庫、双方から。私がボランティア活動している公園の来園者も、大阪、兵庫双方からだし、ボランティアクラブのメンバーも双方から来ている。手洗いの徹底、クラスターの発生しやすい3条件の場所へ行かないことの徹底などならわかる。唐突に表明されたこの「自粛要請」に対し、戸惑いを禁じえないし、「はたしてなにか意味や効果もあるのか」と疑問を禁じ得なかった。
   
 あまりのアホらしさに、兵庫県の我が家から車で5分、大阪府池田市のハワイアン・カフェまでお茶に出かけ、大阪府箕面市、豊能町を回って、咲きだした「エドヒガン(江戸彼岸)」桜や、「ナノハナ(菜の花)」を楽しみ、帰宅した。べつにことさらお上の要請に反抗しているわけではないが、いつもの生活をいつもどおりにしようと思うと、そうなってしまうのだ。帰路の道筋、兵庫県川西市と大阪府豊能町の境にあるいくつかの霊園、お彼岸とあって、神戸、大阪、双方のナンバープレートを付けた車が出入りしていた。

何をいっているんだ_b0102572_23153013.jpg


 さて、今宵の歌姫は、イタリア出身「アリーチェ・リチャルディ/Alice Ricciardi」の新譜、「Catch a Falling Star」(2019)。私が知っている限り、 「Comes Love」(2008)、「Optics」(2015)の2作だけという寡作の歌姫。1975年イタリア、ミラノ生まれ。「プッチーニ」などを輩出した「ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院」に入り、バイオリンとピアノを学び、その後、「ミラノ国際音楽アカデミー」で、彼女より一足先にJAZZシンガーとしてデビューを果たしている「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」などと共にヴォーカルの勉強もスタートさせたという。2005年には「モントレー・ジャズフェスティバル・ヴォーカル・コンペ」で第2位に入賞したという実力の持ち主。

 デビュー作「Comes Love」以後、消息を聞かなかったが、7年後の2ndアルバム、「Optics」(2015)では、を聴いた時は、すっかり大人の本格派のジャズ歌手に脱皮した印象を持った。その彼女の新譜は、ピアノの「ピエートロ・ルッス/Pietro Lussu」とのデュオ作品。彼女自ら立ち上げたレーベル「ジビジャーナ/Gibigiana」の記念すべき第1作目だという。オリジナル4曲に加え、「ビング・クロスビー/Bing Crosby」が歌ったスタンダードの「Sunday, Monday or Always」、かって「ペリー・コモ/Perry Como」がヒットさせたタイトル曲「Catch A Falling Star」や、「ビーチ・ボーイズ/The Beach Boys」の「Good Vibrations」などを一筋縄ではいかない凝ったアレンジで聴かせる。その中から2曲。

【 Sunday, Monday or Always 】 by Jimmy Van Heusen / Johnny Burke

「♪ Sunday, Monday or Tuesday   日曜日、月曜日、そして火曜日
   Wednesday, Thursday or Friday  水曜日、木曜日、そして金曜日
   I want you near         君のそばに居たいんだ
   Every day in the year       いつも

   Oh, won't you tell me when   いつ会えるのか言って欲しいんだ
   We will meet again        また会える日を
   Sunday, Monday or always    日曜日、月曜日 いつでもいいから

   If you're satisfied       もし君がいいなら
   I'll be at your side       いつでも君のそばにいてあげる
   Sunday, Monday or always  日曜日、月曜日 いつでもね
  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」


何をいっているんだ_b0102572_23014329.jpg

 
 Catch a Falling Star
 Alice Ricciardi and Pietro Lussu/アリーチェ・リチャルディ&ピエ-トロ・ルッス
 GIBIGIANA Records






「Sunday, Monday or Always - Alice Ricciardi & Pietro Lussu」
          
    

「Good Vibrations - Alice Ricciardi & Pietro Lussu」
          


   


   


by knakano0311 | 2020-03-21 08:02 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(0)

今年も現れたのは ・・・

今年も現れたのは ・・・_b0102572_14572943.jpg
今年も現れたのは ・・・_b0102572_14574996.jpg
 先週に引き続き、「台場クヌギ」の伐採と窯木づくり。今年も現れいでたるは、子供たちの大好きな体長5cmくらいの真っ白な「カブトムシ(甲虫、兜虫)」の幼虫(ひょっとしたらカミキリムシかも)。腐植土や枯葉の下で孵化し、育腐植土や柔らかい朽木を食べて成長する。この幼虫、伐採の現場に時折、出てくる。そっとつまんで枯葉の中に返した。

今年も現れたのは ・・・_b0102572_14590490.jpg
 割り木作りも順調に進んでいる。木を割るというと、斧(おの)、あるいは鉞(まさかり)を使ってと思われるかもしれないが、それは相当の熟練の技を要する。我々は安全に確実に木を割るために、楔(くさび)と玄能(げんのう)を使う。窯木の準備ももう少しで整う。

今年も現れたのは ・・・_b0102572_15000248.jpg


 さて、今宵の歌姫は、イタリア出身「アリーチェ・リチャルディ/Alice Ricciardi」の新譜。この人も寡作です。 私は寡聞にして、 「Comes Love(2008)」、「Optics」(2015)の2作しか知りません。
  
  「アリーチェ・リチャルディ」は、1975年イタリア、ミラノ生まれ。「プッチーニ」などを輩出した「ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院」に入り、バイオリンとピアノを学び、その後、「ミラノ国際音楽アカデミー」で、彼女より一足先にJAZZシンガーとしてデビューを果たしている「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」などと共にヴォーカルの勉強もスタートさせたという。2005年には「モントレー・ジャズフェスティバル・ヴォーカル・コンペ」で第2位に入賞した実力の持ち主。デビュー作後、消息を聞かなかったが、7年後の2ndアルバム、「Optics」(2014)を聴いた時は、「しばらく見ぬ間に、すっかり大人の風格をもち、本格派のジャズ歌手に脱皮した」、そんな印象を持った。

今年も現れたのは ・・・_b0102572_15010145.jpg



 そして、さらに5年後、第3作は、1996年頃より、サックス奏者「ロザリオ・ジュリアーニ/Rosario Giuliani」や、イタリアン・ジャズ界の鬼才、「ニコラ・コンテ/Nicola Conte」と活動を共にし、数多くの重要作品に参加してきた、ピアノの「ピエートロ・ルッス/Pietro Lussu」とのデュオ作品、「Catch A Falling Star」(2019)。自らのレーベル「ジビジャーナ/Gibigiana」を立ち上げてからリリースした記念すべき第1作目だという。オリジナル4曲、スタンダード6曲に加え、スタンダードの「Let's Face the Music and Dance」、かって「ペリー・コモ/Perry Como」がヒットさせたタイトル曲「Catch A Falling Star」や、「ビーチ・ボーイズ/The Beach Boys」の「Good Vibrations」などを一筋縄ではいかない凝ったアレンジで聴かせる。録音は、職人芸を発揮するレコーディング・エンジニアリングの匠、「ステファノ・アメリオ/Stefano Amerio」。「ロバータ・ガンバリーニ」に比べ、歩みは遅いが「アリーチェ・リチャルディ」、着実にJAZZの王道を歩んでいるように感じる。

今年も現れたのは ・・・_b0102572_15020582.jpg


 
 Catch a Falling Star
 Alice Ricciardi and Pietro Lussu/アリーチェ・リチャルディ&ピエ-トロ・ルッス
 Gibigiana Records




   
     
「Let's Face the Music and Dance - Alice Ricciardi & Pietro Lussu」
          

「Catch a Falling Star - Alice Ricciardi & Pietro Lussu」
          

「Good Vibrations - Alice Ricciardi & Pietro Lussu」
          

    
    
      


by knakano0311 | 2019-12-13 15:10 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)