人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:アン・バートン/雨の日と月曜日は ( 4 ) タグの人気記事

雨の日にはジャズを聴く (1) ~ 最後はまた雨ね ~

b0102572_10212527.jpg

 「雨の日と月曜日はジャズを聴く」。 「レイニー・アフタヌーン」。そんな「雨」と「ジャズ」を結びつけたタイトルのコンピ・アルバムがいくつもあるほど、雨の日にはジャズが似合うかもしれない。「雨ジャズ」。そんなカテゴリーもあるようだ。「雨の日にはジャズを聴く」と題して、すこし「雨ジャズ」を続けてみます。

b0102572_1435226.jpg
 「雨ジャズ」といえば、私は真っ先に、「アン・バートン/Ann Burton」の「Here's That Rainy Day」が頭に浮かびます。就職してからしばらく音楽やJAZZから離れていた時期があったが、それを引き戻し、女性ジャズ・ボーカルの魅力に目覚めさせてくれたのが、「アン・バートン」の2枚のLP、「ブルー・バートン/Blue Burton」(1967)、「バラード・アンド・バートン/Ballads & Burton」(1969)であった。「ルイス・ヴァン・ダイク・トリオ/The Louis Van Dyke Trio」をバックにしっとりと歌う大人の雰囲気に聴き惚れ、女性ジャズ・ボーカルを聴き始めたのである。

b0102572_1485122.jpg
 「アン・バートン/Ann Burton」は、1933年、オランダのアムステルダムの生まれ。プロ歌手になってから、ある日、「ビリー・ホリディ/Billie Holiday」のレコードを聴いて感動し、ホリディのように自分自身の歌の世界を持ち、それを歌っていこうと決心したという。厳しい難しい道を歩みだし、経済的には恵まれなかったが、自身の納得できる歌だけを歌っていた。1989年惜しくも死去。 享年56歳であった。死して29年、いまだに人気のある女性ボーカル。

 この時期になると決まって聴くのが、彼女の歌う「雨ジャズ」の定番曲、「Here's That Rainy Day」。「失恋した日には決まって雨が降る」、そんな意味でしょうか。1953年、作詞「ジョニー・バーク/Johnny Burke」、作曲「ジミー・ヴァン・ヒューゼン/Jimmy Van Heusen」。

【 Here's That Rainy Day 】

「♪ Maybe I should have saved   ちょっとくらいは残しておくべきだったかもしれない
   Those left over dreams     叶えられなかった夢を
   Funny, but here’s that rainy day 不思議ね、こんな日に限って雨が降る

  Here’s that rainy day they told me about 「人生雨の日だってある」と人は言う
  And I laughed at the thought      でも「そんなことってある?」と笑い飛ばしてきた
  That it might turn out this way     それが結局こんな結果を招いてしまったの

  Where is that worn-out wish   陳腐だと思って捨ててしまった 
  That I threw aside         あの想いはどこへ行ったの
  After it brought my lover near?  彼を間近に感じたのに捨ててしまったあの想いは

  Funny how love becomes a cold rainy day 不思議ね どんな恋も最後は冷たい雨になる
  Funny that rainy day is here         不思議ね 今度もまた雨ね ・・・ ♪」 
  
           

バラード・アンド・バートン

アン・バートン / SMJ



「Ann Burton - Here's That Rainy Day」

          

 「アン・バートン」には、「雨の日と月曜日は/Burton For Certain」というアルバムがある。3度目の来日の際に録音されたアルバムで、「カーペンターズ/Carpenters」が1971年に発表し、ヒットした曲が、アルバムタイトルになっている。このアルバムのデザイン、写真を手がけたのが、ジャズ写真家、「阿部克自」氏。デザインを手がけたレコードは7000枚を超すというが、惜しくも2008年9月に他界してしまった。最近のニュースで、「ビートルズ」が1966年6月、初来日したときの写真の撮影を委託され、その時の大量の未公開写真が発見されたと報じられていた。

  雨の日に聴く「アン・バートン」。2曲目は、二人を偲んで、「雨の日と月曜日は/Rainy Days And Mondays」。

【 Rainy Days And Mondays (雨の日と月曜日は)】
                  作詞・作曲 P.Williams/R.Nichols

「♪ Talking to myself and feeling old  独り言を呟いて、ちょっと老けたかなと感じる
   Sometimes I'd like to quit       もう終わりにしたいと思うけど
   Nothing ever seems to fit        自分らしいことも見つからなくて

   Hangin' around,                ウロウロしたり、
        nothing to do but frown     しかめっ面しかすることがなくて
   Rainy days and Mondays          雨の日と月曜日は
        always get me down        いつも気が滅入るの

   What I've got they used to call the blues こんな感じを憂鬱(ブルース)というのね
   Nothing is really wrong           何かが間違っているわけじゃないんだけど
   Feeling like I don't belong         なんとなく違和感があるの
  
   Walking around                 孤独なピエロみたいに
         some kind of lonely clown   ただ歩き回って
   Rainy days and Mondays          雨の日と月曜日は
         always get me down       いつも気が滅入るの

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・   ♪」

雨の日と月曜日は

アン・バートン / MUZAK,INC.



「Ann Burton - Rainy Days And Mondays」

          





 
by knakano0311 | 2018-06-21 18:08 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

梅雨が近づくと ・・・

b0102572_15594544.jpg
b0102572_1603971.jpg
b0102572_1613218.jpg
b0102572_1724463.jpg

 山作業を終える頃には、小雨も上がり、「そろそろでは」とビオトープへ寄ってみる。今年もビオトープにせり出した「ヤマボウシ」の枝に、いくつもの白い卵塊を見つけた。梅雨が近づく雨模様の日は、決まってそう、「モリアオガエル(森青蛙)」の産卵が始まったのである。若葉の明るい緑の中で、きらきらと輝いている。ことしも相変わらずそんな時期が来たんだ。

 「モリアオガエル」はおもに森林に生息するが、5月から6月にかけてが産卵期で、生息地付近の湖沼に集まり、深夜、池の上に張り出した木の枝に、体の大きな一匹の雌を数匹の雄が抱きかかえ、共同で直径10~15cmほどの真白い泡に包まれた卵塊を産みつける。その中に300~800個ほどの卵が産みつけられるが、約1週間ほど経つと卵が孵化する。孵化した「オタマジャクシ」は、泡の塊の中で雨を待ち、雨で溶け崩れる泡の塊とともに下の水面へ次々と落下する。「オタマジャクシ」は1ヶ月ほどかけて成長するが、「イモリ」や「ゲンゴロウ」などの補食を免れたごく少数の幼蛙だけが、森林へ帰ってゆく。産卵は深夜に行われるというので、私はまだ見たことないが、産卵の写真はNETより拝借したもの。「ダーウィンが来た!」ではないが、進化の結果とはいえ本当に不思議なカエルですある。ちなみにこの「モリアオガエル」、兵庫県では「絶滅危惧II類(VU)」に指定されている。 (Wikipedia参照)

b0102572_1435226.jpg
 今宵は、大のご贔屓だったオランダ出身の「アン・バートン/Ann Burton」が歌う雨の歌。就職してからしばらく音楽やJAZZから離れていた時期があったが、それを引き戻してくれたのが、「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet(MJQ)」、そしてボーカルでは、「アン・バートン」の2枚のLP、「ブルー・バートン/Blue Burton」(1967)、「バラード・アンド・バートン/Ballads & Burton」(1969)であった。

 「ルイス・ヴァン・ダイク・トリオ/The Louis Van Dyke Trio」をバックにしっとりと歌う大人の雰囲気に聴き惚れ、女性ジャズ・ボーカルを聴き始めたのである。その歌唱を貫いているのは、静寂とある種の倦怠感。また、それがなんとも言えないのである。

b0102572_1485122.jpg
 「アン・バートン/Ann Burton」は、1933年、オランダのアムステルダムの生まれ。プロ歌手になってから、ある日、「ビリー・ホリディ/Billie Holiday」のレコードを聴いて感動し、ホリディのように自分自身の歌の世界を持ち、それを歌っていこうと決心したという。厳しい難しい道を歩みだし、経済的には恵まれなかったが、自身の納得できる歌だけを歌っていた。1989年惜しくも死去。 享年56歳であった。死して28年、いまだに人気のある女性ボーカル。

 まず、ジャズの定番曲、「Here's That Rainy Day」。「失恋した日には決まって雨が降る」そんな意味でしょうか。1953年、作詞「ジョニー・バーク/Johnny Burke」、作曲「ジミー・ヴァン・ヒューゼン/Jimmy Van Heusen」のスタンダード。

【 Here's That Rainy Day 】

「♪ Maybe I should have saved   ちょっとくらいは残しておくべきだったかもしれない
   Those left over dreams     叶えられなかった夢を
   Funny, but here’s that rainy day 不思議ね、こんな日に限って雨が降る

  Here’s that rainy day they told me about 「雨の日だってある」と人は言う
  And I laughed at the thought      でも「そんなことってある?」と笑い飛ばしてきた
  That it might turn out this way     それが結局こんな結果を招いてしまったの

  Where is that worn-out wish   陳腐だと思って捨ててしまった 
  That I threw aside         あの想いはどこへ行ったの
  After it brought my lover near?  彼を間近に感じたのに捨ててしまったあの想いは

  Funny how love becomes a cold rainy day 不思議ね どんな恋も最後は冷たい雨になる
  Funny that rainy day is here         不思議ね 今度もまた雨ね ・・・ ♪」 
  
           

バラード・アンド・バートン

アン・バートン / SMJ



「Ann Burton - Here's That Rainy Day」

          

 2曲目は、「雨の日と月曜日は/Rainy Days And Mondays」。「カーペンターズ/Carpenters」が1971年に発表し、ヒットした曲。この曲は、2枚のアルバムに収録されている。1枚は、1977年6月、「アン・バートン」3度目の来日の際に録音されて、「トリオ・レコード」からリリースされたアルバム、「雨の日と月曜日は/Burton For Certain 」である。彼女をバックアップするのは、ピアノが「ケン・マッカーシー/Ken McCarthy」、ベースが「稲葉国光」、ドラムスは「大隈寿男」。

 もう一枚は、死後発掘された未発表だったパフォーマンスをまとめたアルバム、「ラフィング・アット・ライフ~ウィズ・ルイス・ヴァン・ダイク/Ann Burton Laughing At Life」。「ブルー・バートン」や「バラード&バートン」でお馴染みの「アン・バートン」ゆかりのピアニスト、「ルイス・ヴァン・ダイク」との共演セッションをまとめたアルバム。

雨の日と月曜日は

アン・バートン / MUZAK,INC.



ラフィング・アット・ライフ~ウィズ・ルイス・ヴァン・ダイク

アン・バートン / MUZAK



雨の日に聴く「アン・バートン」。2曲目は、「雨の日と月曜日は/Rainy Days And Mondays」。

【 Rainy Days And Mondays (雨の日と月曜日は)】
                  作詞・作曲 P.Williams/R.Nichols

「♪ Talking to myself and feeling old  独り言を呟いて、ちょっと老けたかなと感じる
   Sometimes I'd like to quit       もう終わりにしたいと思うけど
   Nothing ever seems to fit        自分らしいことも見つからなくて

   Hangin' around,                ウロウロしたり、
        nothing to do but frown     しかめっ面しかすることがなくて
   Rainy days and Mondays          雨の日と月曜日は
        always get me down        いつも気が滅入るの

   What I've got they used to call the blues こんな感じをきっと憂鬱(ブルース)というのね
   Nothing is really wrong           何かが間違っているわけじゃないんだけど
   Feeling like I don't belong         なんとなく違和感があるの
  
   Walking around                 孤独なピエロみたいに
         some kind of lonely clown   ただ歩き回って
   Rainy days and Mondays          雨の日と月曜日は
         always get me down       いつも気が滅入るの

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・   ♪」

「Ann Burton - Rainy Days And Mondays」

          

 「ルイス・ヴァン・ダイク」とのセッションは以下をクリックしてください。

「Ann Burton with Louis Van Dijk - Rainy Days And Mondays」



  


  
by knakano0311 | 2017-05-29 11:16 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

桜散らしの雨

b0102572_14381592.jpg


朝から雨。桜散らしの雨である。さすがに、来園者は全くないようだ。公園への上り道で鹿2頭に出会う。しばらくこちらを見ていたが、「キュン」とひと鳴きして山へと消えていった。この雨で山作業は中止。道具の手入れやら、コーヒーを飲みながら、愚にもつかない雑談に時間を過ごす。

雨中の桜もまた風情がある。

b0102572_17321574.jpg

さて、こんな日の一曲。「アン・バートン/Ann Burton」。アルバムは、「雨の日と月曜日は/Burton For Certain 」(1977)。アルバム・タイトル、「雨の日と月曜日は/原題:Rainy Days and Mondays」は、「カーペンターズ/Carpenters」が1971年に発表したシングル。作詞・作曲は、「カーペンターズ」が前年にカヴァー、ヒットさせた「愛のプレリュード/原題: We've Only Just Begun」のソングライター・コンビである「ポール・ウィリアムズ/Paul Williams」と「ロジャー・ニコルズ/Roger Nichols」による。

アルバム、「雨の日と月曜日は」は、1977年6月、「アン・バートン」3度目の来日の際に録音されて、「トリオ・レコード」からリリースされたアルバムである。彼女をバックアップするのは、ピアノが「ケン・マッカーシー/Ken McCarthy」、ベースが「稲葉国光」、ドラムスは「大隈寿男」。

「アン・バートン」は、大きなホールではなくて、小さくて親密な感じのライヴ・ハウスで歌うことを好んだというが、本作は居心地のいいジャズ・クラブで彼女の歌を愉しんでいるような、そんな雰囲気に包まれたアルバム。アルバム・ジャケットは、2008年になくなった写真家「阿部克自」さんの作品。

「アン・バートン」。もう没後27年になるんですね。雨の日に聴く「アン・バートン」もまた風情がある。

【 RAINY DAYS AND MONDAYS (雨の日と月曜日は)】
                               作詞・作曲 P.Williams/R.Nichols

「♪ Talking to myself and feeling old  独り言を呟いて、ちょっと老けたかなと感じる
   Sometimes I'd like to quit       もう終わりにしたいと思うけど
   Nothing ever seems to fit        自分らしいことも見つからなくて

   Hangin' around,                ウロウロしたり、
        nothing to do but frown     しかめっ面しかすることがなくて
   Rainy days and Mondays          雨の日と月曜日は
        always get me down        いつも気が滅入るの

   What I've got they used to call the blues こんな感じをきっと憂鬱というのね
   Nothing is really wrong           何かが間違っているわけじゃないんだけど
   Feeling like I don't belong         なんとなく違和感があるの
  
   Walking around                 孤独なピエロみたいに
         some kind of lonely clown   ただ歩き回って
   Rainy days and Mondays          雨の日と月曜日は
         always get me down       いつも気が滅入るの

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・   ♪」


雨の日と月曜日は

アン・バートン / MUZAK,INC.



「Ann Burton ー Rainy Days And Mondays」

         
 


 
by knakano0311 | 2016-04-08 09:22 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(2)

おやじのハコものがたり(12 ) ~続・「鉄男」ではありませんが ・・・~

b0102572_15324376.jpg

(写真:産経新聞より)

大阪を代表する川、淀川。その右岸、東淀川区と左岸、旭区、都島区の境との間にかかる通称「赤川鉄橋」と呼ばれる橋がある。長さ約600メートル、西日本旅客鉄道(JR西日本)城東貨物線の鉄道橋、「淀川橋梁(よどがわきょうりょう)」である。写真でもわかるように、複線仕様の片側が「人道橋」に改造され、「歩道のある鉄橋」、「人と電車が渡る橋」として鉄道ファンや地元住民らに親しまれ、NHKの連続テレビ小説のロケ地としても利用されるなど、地元ではよく知られた橋である。私が以前に住んでいたマンションがこの近くにあり、淀川堤防をウォーキングしがてら、何回か行ったこともある鉄橋である。その「赤川鉄橋」の歩道部分がこの10月末で閉鎖されるため、全国から鉄道ファンが名残を惜しみに来ているというニュースをTVが報じていた。

この鉄橋は、元々設計は複線仕様だったが、昭和4年(1929年)の完成当初から単線で、片側は線路が設置されなかったため、大阪市が借り受けて市道扱いとして歩道を設けたのである。以来、現在に至るまで、歩行者の専用橋として木造の「仮橋」が架かり、地域住民の生活道路となっている。通勤通学、高校の運動部のランニング道路などとして日常的に使われているが、ごく間近で走る列車を見ることができるので、子供にも人気抜群で、私も何回か子供を連れて行った記憶がある。  

その「赤川鉄橋」、2018年(平成30年)開通予定の「JRおおさか東線」の計画により、城東貨物線は複線電化されるため、人道橋と鉄道橋とが共存するこの珍しい橋も、渡ることができるのも今月限りなのである。これだけ地域住民の生活を支え、愛されてきた鉄橋も全国的にも珍しいのではないかと思う。26日には、「さよなら赤川鉄橋」のイベントが行われる。残念ながら、また一つ「物語りのあるハコ」が消えていく。

さて、昨日から雨。予定していた山での行事なども中止。この雨に続く台風27号、どうかやさしい雨と風で終わってほしい。

b0102572_1731274.jpg

前回に続く女性ボーカル復刻盤の紹介は、惜しくも1989年56歳でなくなってしまった「アン・バートン/Ann Burton」。じっくりと語りかけるように、そして小声でささやくように歌うバラードが大好きで、今でもよく聴く愛聴盤になっている。代表的アルバム「Ballads & Burton」、「Blue Burton」はさておき、雨の日に聴くやさしきバラードは、アルバム、「Burton For Certain」。60年代の懐かしさ、暖かさをじっくり味わうことができる「アン・バートン」のもう一枚の傑作。1977年に3度目の来日をした際、日本人JAZZメンらと録音したアルバムで、日本盤では、収録されている「 雨の日と月曜日は/Rainy Dats And Mondays」をアルバム・タイトルとしている。そしてジャケットは、2008年に亡くなってしまったジャズ写真家「阿部克自」さんの作品。(参照拙ブログ「追悼 阿部克自さん」) パーソネルは、「ケン・マッカーシー/Kenn McCarthy(p)」、「稲葉国光(b)」、「大隅寿男(ds)」。

雨の日と月曜日は

アン・バートン / ミューザック



このアルバムには、「ヘレン・メリル/Helen Merrill」が歌った名曲中の名曲、「You'd Be So Nice To Come Home To 」が収録されているが、スウィンギーなメリルのそれとは全くちがうしっとりしたバラード。これを聴き逃す手はないと思うのだが、残念なことにYOUTUBEにアップされていない。アルバム・タイトル曲、「雨の日と月曜日は」を聴いてみましょうか ・・・。

「Ann Burton - Rainy Days And Mondays」

          
 



 
by knakano0311 | 2013-10-26 00:15 | おやじのハコものがたり | Trackback | Comments(0)