人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:エミリー・クレア・バーロウ ( 4 ) タグの人気記事

エドヒガン・ロスを感じる暇もなく ・・・

b0102572_13335589.jpg
b0102572_13341372.jpg


 遊びの山のハイライト、「エドヒガン(江戸彼岸)」が終わった。しかし、「エドヒガン・ロス」を感じる暇もなく、つぎつぎと花が咲く。
 まずは「ハナカイドウ(花海棠)」。バラ科リンゴ属の耐寒性落葉高木。別名は「カイドウ(海棠)」、「スイシカイドウ(垂絲海棠)」、「ナンキンカイドウ(南京海棠)」といろいろな名を持つが、よく桜と間違えられ、この時期に淡紅色の花を咲かせる。

b0102572_13343996.jpg
b0102572_13345632.jpg


 「ザイフリボク(采振り木)」。ちょっと珍しい名前を持つ、バラ科の植物で、別名「シデザクラ(四手桜)」。葉の展開と同時に白い花を咲かせるが、花弁は細長く、采配の様であるとの意味から、「采振り木」の名前が付いたという。「シデ(四手)」、「紙垂」ともいい、注連縄(しめなわ)や玉串、祓串、御幣などにつけて垂らす、白い和紙を切って折ったもの。「シデコブシ(四手辛夷)」も同じ意味で使われている。

b0102572_1642279.jpg


 今が盛りの「ヤマザクラ(山桜)」。「エドヒガン(江戸彼岸)」とはまた違った風情を楽しめる。

b0102572_13352611.jpg


 秋に真っ赤な実をつける、「ガマズミ(莢蒾)」も咲いている。疲労回復の薬として、東北地方の狩人たちの間では古くから大切に扱われてきたそうだが、我々の仲間は、ジャムにするという。

b0102572_164448.jpg
b0102572_16441888.jpg


 「コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)」、「ヤマツツジ(山躑躅)」も見頃を迎えた。

b0102572_21302533.jpg

 こんないい天気の日です。今宵は、可憐で心癒される歌声と、洗練されたルックスで魅力溢れる、カナダ出身の実力派女性シンガー、「エミリー・クレア・バーロウ/Emilie-Claire Barlow」。歌は、「サンシャイン・スーパーマン/Sunshine Superman」。アルバムは、「The Beat Goes On」(2010)から。オリジナルは、スコットランド出身のミュージシャン、「ドノヴァン/Donovan」。

 「エミリー・クレア・バーロウ」。1976年、カナダのトロント生まれ。7歳の頃からテレビやラジオで歌い始め、カナダ版TVアニメ「セーラームーン」の吹き替えで声優としても人気の彼女は多才で、ピアノ、ヴァイオリン、クラリネット等も習得、アレンジャー、プロデューサーもこなす。1998年に、アルバム「Sings」でソロ・デビュー。現在までに、スタジオ・アルバム10枚とライブ・アルバム1枚をリリースしている。影響を受けたミュージシャンとして、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」、「トニー・ベネット/Tony Bennett」、「スティーヴィー・ワンダー/Stevie Wonder」をあげている。

【 Sunshine Superman 】   by Donovan

「♪ Sunshine came softly           窓ガラスを通して
       through my a-window today    優しく暖かい陽射しが差し込んでくる  
  Could've tripped out easy          トリップすることは簡単かも知れないが
       a-but I've a-changed my ways  そう簡単に生き方は変えられない
  It'll take time, I know it but in a while    時間がかかるのよ、少しの間ね
  You're gonna be mine,           あなたが私のものになりたがっていることって
       I know it, we'll do it in style    きっと一時の流行りみたいなものよ
  'Cause I made my mind up         だって、あなたが私を思っていると
       you're going to be mine       自分の気持ちをごまかしていたから
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

Beat Goes on

Emilie-Claire Barlow / Ais



「Emilie-Claire Barlow - Sunshine Superman」

          

 同じアルバムから、もう一曲。「ソニー・ボノ/Sonny Bono」の「The Beat Goes On」と、「クイシージョーンズ/Quincy Jones」の「Soul Bossa Nova」を巧みにミックス、アレンジ。

「Emilie Claire Barlow - The beat goes on/soul bossa nova」

          
  

  
by knakano0311 | 2017-04-23 09:52 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

春告げ鳥たち

b0102572_133333100.jpg

家やご近所の庭の椿や梅に、蜜を吸うために、ヒヨドリ、メジロ、ジョービタキなどがあつまってきているのが目立ってきた。そして、時折、声はすれども姿の見えないウグイスの鳴声も ・・・ 。

ご近所の公園では、幼児を連れたお母さん達が大勢集まってきている。本当におひさまにあたるのはいい日和。砂場や遊具で遊ぶ子どもたちの声が響く。「春告げ鳥」のように聴こえるのである。また、わが団地は高齢化率35%に達している。子ども達の声は、未来への希望を告げるような意味にもとれる名前の「善知鳥(ウトウ)」のようにも思えるのである。

b0102572_1352416.jpg

一転、故郷・信州松本は、7日未明からの「カミ雪」(南岸低気圧によって長野県の南部ほど多く降る雪のこと)が、まだ相当残っている雪景色であった。日は照っても身を切られるような冷たい風の中を春の息吹や兆しを探して歩いてみた。

雪が融けかけた畦に咲く小さな花。路傍の素朴な祈り、馬頭観音の微笑み。露出した地面を必死についばんでいる鳥達。確信はないが「セグロセキレイ」、「オオマシコ(写真)」あたり?であろうか。関西と違って、まだまだ「ウグイス」の声は聴こえない。「春は名のみの風の寒さ」なのである。

b0102572_16305968.jpgb0102572_16313598.jpg

b0102572_16323145.jpg


片道5時間の故郷へのロング・ドライブには、いつも音楽のお供は欠かせない。先日の春の陽気に浮かれて、久しぶりに買ってしまった3人の「Song Birds」のCDをはじめとして、何人かがドライブのお供をしてくれた。その3人の女性JAZZボーカルとは、澤野工房イチオシのボーカル、「ニコレッタ・セーケ/Nikoletta Szoke」、カナダ出身期待の歌姫、「エミリー・クレア・バーロウ/Emilie-Claire Barlow」、そしてもうベテランでしょう、美貌と歌唱を備えたお久しぶりの登場の歌姫、「イーデン・アトウッド/Eden Atwood」である。

b0102572_22375328.jpg

「ニコレッタ・セーケ/Nikoletta Szoke」。可憐な美形で、「秘密の花園」入りした私が好きな女性歌手の一人である。ヨーロッパJAZZ、それもピアノを主体とした良質なJAZZを提供し続けてくれている澤野工房にあって、ピアニスト「ヨス・ヴァン・ビースト/Jos Van Beest」のパートナーにしてボーカルの「マリエル・コーマン/Marielle Koeman」を別にすると、初めての本格的なJAZZボーカルのデビューである。デビュー作からかなり入れ込んで、やばくなっていたが、この澤野からの3作目も期待にそぐわぬ出来。前作同様、「ロバート・ラカトシュ/Robert Lakatos」のピアノ・トリオが歌伴をつとめ、スタンダード、そしてポップの名曲を、近づく春にふさわしく、華やかに聴かせる。「リュック・ベッソン/Luc Besson」監督の映画「レオン/Léon(1994)」のラスト・シーンで使われた「スティング/Sting」の「Shape Of My Heart」と、ラカトシュの大人気曲に彼女自身が詩をつけた「Allemande」が心に染み入る歌唱。

b0102572_22343393.jpg
ニコレッタ・セーケ/SHAPE OF MY HEART  Nikoletta Szoke(vocal) Robert Lakatos(piano) Jozsef Horvath Barcza(bass)  Andras Mohay(drums)


そして、二人目はこのブログでも何回か紹介した、「エミリー・クレア・バーロウ/Emilie-Claire Barlow」の新作アルバムは「The Beat Goes On」。ボサノヴァからバカラック、60年代のポップな名曲が小粋なアレンジで蘇る。「雨に濡れても/Raindrops Keep Falling On My Head」、「The Beat Goes On / Soul Bossa Nova」、「These Books Were Made For Walkin'」などJAZZ的フィーリングがあふれる。全ての編曲を彼女が手がけたというから、相当の才人である。ハンドルを握る指先が思わずリズムを刻みたくなる快作。

ビート・ゴーズ・オン

エミリー・クレア・バーロウ / ビクターエンタテインメント



彼女の歌で、The beat goes on soul bossa nova

          

お久しぶりの登場の「イーデン・アトウッド/Eden Atwood」。新アルバムは「Like Someone In Love」。「バニー・マニロウ/Barry Manilow/When October Goes」や「シャーリー・ホーン/Here's To Life」など新スタンダードといえるナンバーを彼女がどう歌うか。そして、声帯にできた腫瘍の除去手術を受けた彼女の歌声がどう変わっているかを聴きたくて求めたアルバム。かえってダイナミックで強くしなやかな声を獲得し、さらに輝きを増したようにも思える。

ライク・サムワン・イン・ラヴ

イーデン・アトウッド / バウンディ



 
by knakano0311 | 2011-03-11 10:18 | ミューズたちの歌声 | Trackback | Comments(0)

桃の節句というのに

b0102572_1712112.jpg

今日は「ひな祭り」、「桃の節句」だというのに、朝から山は横殴りの雪。外気温2℃。まるで「春よ!来るな」といわんばかりの荒れ模様。しかしそんな天候にもめげずに、今日も山作業に遊ぶのである。この山には、「コバノミツバツツジ」などを代表とする躑躅(ツツジ)が多い。しかし、「ヒサカキ」などの雑木が繁茂し、ツツジへの日当たりを邪魔し、またハイキング路からも咲く姿を見えにくくしているので、今日は山頂付近に多く自生する「ヒサカキ」の処理を行った。この春、この山を訪れる人たちを迎えるための準備作業である。

そして、来週は実から育てた「エドヒガンザクラ」を山に返す予定。これもずっと先の遠い春のための準備である。帰り道には、冬になっても枯葉が落ちない木、「落ちない」ことで受験生に「大もて」らしい「ヤマコウバシ(山香し)」の木が一本だけすっと立っているのが目に付いた。携帯電話をつかって小ざかしい細工をするより、しっかり勉強して、この木に一途の願いをかけるほうが、よほど若者らしく純情で清清しいと思う。

b0102572_1741173.jpg

家に帰ってからは日課のウォーキング。途中の和菓子屋で「雛あられ」の替わりに、この地方の名産「能勢栗」を贅沢に使った菓子を買い求め、「雛祭り」を祝う。

天平勝宝4年(752年)以来、今年でなんと1260回目。その間、一度たりとも絶えることなく続いた儀式、「お水取り」として知られる東大寺・二月堂の「修二会(しゅにえ)」も始まった。そして今日からは、大阪湾、播磨灘で「いかなご」の新子漁の解禁。我が家ではもうしないが、自家製の「いかなごの釘煮」を作るため、この日を待っている知り合いも多い。こんなニュースを聞くと、関西人は「春はもうそこに」と思うのである。

「You Must Believe In Spring」。「いまはつらい冬であるが、春はきっとやってくる」という願いや祈りの想いがあふれた歌。いまが踏ん張りどころの受験生、空前の氷河期の中で就職活動中の学生、ニュージーランド地震の被害者、独裁にあえぐ国の国民 ・・・。この歌を届けたいと思う人々は多い。

今回は、カナダで活躍中の実力派女性ヴォーカリスト、「エミリー・クレア・バーロウ/Emilie-Claire Barlow 」。高速スキャットなどを駆使し、おなじみのジャズ・スタンダードからボサノバ、ストリングスをバックにしたバラードなど、彼女の魅力がたっぷり詰まったアルバム「ハヴント・ウイ・メット?/Haven't We Met? 」からのチョイス。

b0102572_23272934.jpg

ハヴント・ウイ・メット?

エミリー・クレア・バーロウ / ビクターエンタテインメント





「Emilie-Claire Barlow - You Must Believe In Spring」

          
 
 
 
by knakano0311 | 2011-03-04 09:57 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

いよっ!待ってました  ~ミューズの新作上期総決算(2)~  

ミューズの新作上期総決算の第2弾、今回は若手注目ミューズ編です。

「ソフィー・ミルマン」。ロシア生まれのカナダ出身。昨年第一作、「ソフィー・ミルマン」が日本でリリースされたときは、今後大器を予感させる凄い女性ボーカルの誕生として一躍注目された。つい最近まで学生で、23歳だったとは思えないハスキーでボリューム感あふれる歌いっぷりと美貌。今回の第2作は前回に比べ衝撃度は低いかもしれないが、それは静かなラブ・バラード系の曲が中心だからでしょう。、「ライク・サムワン・イン・ラヴ」、「メイク・サムワン・ハッピー」では、恋したいと思わずにいられない気分や恋する幸せがその歌唱力から十分感じられるし、軽快でよくスイングする「春のごとく」は第一作に漲っていたが歌のうまさが本物であったことを証明している。同じカナダ出身の「ダイアナ・クラール」とよく比較されるが、注目度No1、間違いなくトップクラスの女性JAZZボーカルである。

メイク・サムワン・ハッピー

ソフィー・ミルマン / Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)



「リャンビコ」。タンザニア人の父親とドイツ人の母親の間に生まれた美貌の新人女性歌手。野生の豹を思わせるような眼。こんな新人が職場に配属されたらどうしようなどとばかげた第一印象を持ちましたが(Cool Biz 定年考(2)参照)、新作のアルバム・ジャケットを見る限り、その野性的な美貌と眼光の鋭さにはさらに磨きがかかっている。内容はその野性的な風貌とは裏腹に、極めて都会的なセンス、スモーキー声質に彩られている。ヨーロッパで唯一JAZZ不作国と思っていたドイツから、かくも都会的で官能的な女性ボーカルが出てくるとは驚き。スキャットをまじえたオーソドックスなスタンダードとボサ・ノヴァ、それにコンテンポラリー感覚のオリジナルも交えた魅力の一枚。

Love and Then

Lyambiko / Sony / BMG Import





「エミリー・クレア・バーロウ」。ダイアナ・クラール、ソフィー・ミルマンなどに続くカナダ出身のJAZZボーカル。何故カナダはかくも魅力ある女性ボーカルを輩出し続けるのか?そんな疑問はさておき、日本デビュー盤「Like a Lover」のライナーで絶賛されていた「キュートな歌声で高速のスキャットなどしっかり歌ってみせる、確かなテクニックに魅了させられる美人JAZZシンガー」というコピーはその通りであった。新作も前作同様期待通り、アップ・テンポなスタンダード・ソングや夏の終わりに聴きたいバラード、洒落たボサノバなど聴き応え十分なアルバムに仕上がっています。そして、フランス語で唄うシャンソンも、今回は可憐に唄う「セ・シ・ボン」など。

ザ・ヴェリー・ソート・オブ・ユー

エミリー・クレア・バーロウ / ビクターエンタテインメント





そして、「平賀マリカ」。初めて聴いた第2作「フェイス」について、かって、こんなことを書いた。(「三人の素敵な新人」参照) 「ちょっと驚いた。POP-JAZZとでも言ったらいいのか。確かにスタンダード集なんであるが、POPSみたいな感じに聴こえる。彼女の個性なのか、アレンジの妙なのか、こんな感じは初めてで、フレッシュである」と・・・。今回は、「デヴィッド・マシューズの全曲アレンジ」、「マンハッタン・ジャズ・クインテットのサポート」、「バート・バカラック特集」というびっくりするような、夢のキーワードである。新人第3作にしてこの快挙。内容もキーワードに決して負けてはいない、のびがあり、艶のある抜群の歌唱力。 最高のバカラック集のひとつといっていい。私の症候群曲のひとつ「恋の面影/The Look Of Love」と「アーサーのテーマ」も抜群のアレンジ、歌唱力でちゃんと収録されている。

クロース・トゥ・バカラック

平賀マリカ / ピーエスシー



ノラ・ジョーンズにはじまる「癒し系」の女性ボーカルもいいが、今回紹介したようなキレのいい、心浮き立つJAZZらしいJAZZボーカルもいいなあ。
by knakano0311 | 2007-09-21 16:00 | ミューズたちの歌声 | Trackback | Comments(0)