人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:エンリコ・ピエラヌンツィ/Wine and Waltzes ( 2 ) タグの人気記事

ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で

ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で_b0102572_17285678.jpg
ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で_b0102572_17295431.jpg
ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で_b0102572_17302056.jpg
ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で_b0102572_17303826.jpg
    
 清酒発祥の地といわれる伊丹(奈良という説もありますが ・・)。「白雪」というブランドで知られる「小西酒造(株)」が、その醸造所の一部をリニューアルして営業しているのが、「白雪ブルワリーレストラン長寿蔵」という雰囲気満点の醸造所レストラン。今日の昼ごはんはそこで。「小西酒造(株)」は、天文19年(1550年)の創業だというから、なんと470年の歴史。すぐ近くにある「伊丹城(有岡城)」に「荒木村重」によって、「黒田官兵衛」が囚われ、土牢に幽閉されたのが天正6年(1578)というから、それより20年近く前の創業である。ゆっくりと食事を楽しんだあと、土産はもちろん「大吟醸」と言いたいところだが、糖分が心配なので、ぐっと我慢をして、絶品の「奈良漬け」を。そのあとは、古くからの酒造りの町の面影が色濃く残る街を散策してみた。

ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で_b0102572_17513288.jpg
   
 レストランの2階には、江戸時代より、杜氏や蔵人によって使われた昔の酒造りの道具が展示されている「白雪ブルワリービレッジ長寿蔵ミュージアム」があり、これは、日本酒好きには、必見でしょう。

ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で_b0102572_22554428.jpg


 今宵のピアノ。イタリアの巨匠、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」のソロ・アルバム、「Wine and Waltzes(ワインとワルツ)」(2018)。タイトル通り、2017年6月6日、イタリア・ワインのワイナリー、「Bastianich Winery」の酒蔵でのソロ・ライブ・アルバムである。使用したピアノは、「ファツィオリ社/Fazoili」の「F278」だという。薫り、味、色、音の響き ・・・。研ぎ澄まされた五感や想像力、感受性を全開にして演奏したワルツは8曲。ワインのように複雑で芳醇な味わいに仕上がっている。聴いていて、日本酒が欲しくなった。「大吟醸」を買っておけばよかったと悔やむことしきり。

ランチは、日本酒の発祥の地、雰囲気満点の醸造所で_b0102572_22471183.jpg



 Wine & WaltzesEnrico
 Pieranunzi/エンリコ・ピエラヌンツィ
 Cam Jazz






 「ワインを作り出したローマの酒の神バッカスや、このワイナリーで演奏の機会を与えてくれた皆さんに感謝する」とプロモーション・ビデオの中で、上機嫌で語るピエラヌンツィ。

「Wine and Waltzes - E. Pieranunzi」
          
   

「Wine and Waltzes - Enrico Pieranunzi(from the album Wine & Waltzes)」
          



by knakano0311 | 2020-01-31 10:27 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)

買い物に行き、今日が七夕ということを思い出した

買い物に行き、今日が七夕ということを思い出した_b0102572_1615245.jpg

 とにかく、続く豪雨と強風 ・・・。家からも出るに出られないので、引きこもり状態が続いている。すこし雨足が収まったので、食料などの買い出しにスーパーへ。休日ということもあって、結構多くの人でいっぱい。しかし物流に支障が出ているため、品不足の商品もあるようだ。店内には、「七夕セール」のポスター。それを見て、今日が七夕ということを思い出した。心の余裕がなかったんでしょう。

 ふるさと松本の七夕は、八月七日、旧暦で行われるが、松本地方の風習で、七夕にお雛様や五月人形と同じように、子供たちの健やかな成長を祈って、男女一対の木製や和紙で作られた「七夕人形」を飾る習わしがある。家に帰ってから、さっそく「七夕人形」を飾った。

買い物に行き、今日が七夕ということを思い出した_b0102572_11595724.jpg


 こんな時こそ、夜はピアノをじっくりと聴く。届いたばかりの、イタリアの巨匠、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」の最新ソロ・アルバム、「Wine and Waltzes(ワインとワルツ)」。タイトル通り、2017年6月6日、イタリア・ワインのワイナリー、「Bastianich Winery」の酒蔵でのライブ・アルバムである。使用したピアノは、「ファツィオリ社/Fazoili」の F278 という。薫り、味、色、音の響き ・・・。研ぎ澄まされた五感や想像力、感受性を全開にして演奏したワルツは8曲。ワインのように複雑で芳醇な味わいに仕上がっている。私もワインが欲しくなった。

 「ワインを作り出したローマの酒の神バッカスや、このワイナリーで演奏の機会を与えてくれた皆さんに感謝する」と上機嫌で語るピエラヌンツィ。

買い物に行き、今日が七夕ということを思い出した_b0102572_14444297.jpg

Wine & Waltzes
Enrico Pieranunzi
Cam Jazz




「Wine and Waltzes - Enrico Pieranunzi」


          

 この曲が本アルバムでの白眉ではと思うのは、「フェリーニのワルツ/Fellini's Waltz」。

「Enrico Pieranunzi - Fellini's Waltz」

          
  
by knakano0311 | 2018-07-08 09:55 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)