人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:オイゲン・キケロ/春への憧れ ( 3 ) タグの人気記事

路傍の花、樹々の鳥(368) ~ アンティーク・ショップの店先で ~

路傍の花、樹々の鳥(368) ~ アンティーク・ショップの店先で ~_b0102572_16412795.jpg
路傍の花、樹々の鳥(368) ~ アンティーク・ショップの店先で ~_b0102572_16415319.jpg

 昨日は初雪だったのに、今日は風は寒いが、日差しは暖かい。いつも色とりどりの花が植わっているアンティーク・ショップの店先も春色に ・・・。

路傍の花、樹々の鳥(368) ~ アンティーク・ショップの店先で ~_b0102572_17481274.jpg


 さて、今宵の曲、アルバム「ロココ・ジャズ」で一躍その名を知られたルーマニア出身のバロック・ジャズの名手「オイゲン・キケロ/Eugen Cicero」。おしいことに1997年57歳の若さで亡くなってしまいましたが ・・・。ルーマニアのクラウゼンブルク出身。幼い頃よりクラシックのピアニストであった母親からピアノを習い、10歳の時にはリサイタルを開いたというからかなりの天才ぶり。しかし、兄の影響でジャズに興味を持ち始めるようになり、ルーマニアからオーストリアに移って活躍を続けているうちに見いだされ、デビュ―したのが、クラシックの曲をジャズ化した「ロココ・ジャズ」であった。聴いたのは社会人になってからのFM放送だったと思うが、アルバム冒頭の「ソルフェジオ・ハ短調/Solfeggio C-Moll」の華麗なタッチ。いまだに聴いても色褪せない「我が青春のジャズ・グラフィティ」の一枚である。そのヒット・アルバムの「柳の下のどじょう」、「ロココ・ジャズ2/Rococo Jazz, Vol. 2」(2000)から、モーツァルトの「春への憧れ/Sehnsucht Nach Dem Frühling」。
   
路傍の花、樹々の鳥(368) ~ アンティーク・ショップの店先で ~_b0102572_17283524.jpg


 
 Rococo Jazz 2
 オイゲン・キケロ/ Eugen Cicero
 Timeless Holland






「Sehnsucht Nach Dem Frühling - Eugen Cicero」
          

 そしてアルバム、「春の歌/Spring Song」(1983 Timeless Records、2004 BMG JAPAN)から、メンデルスゾーンの「春の歌/Song Without Words for piano No. 30 in A major ("Frühlingslied"), Op. 6」。バッハのリズミカルな「平均律クラヴィア曲集前奏曲第2番」に始まり、タイトル曲、「春の歌」、ショパンの「プレリュード第4番」、バッハの「 G線上のアリア」とつづく。暖かい春の気配を運んでくれる「ロココジャズの詩人」と呼ばれたキケロの華麗なアルバム。BMG版の「マリー・ローランサン」風?のジャケットもいい。
路傍の花、樹々の鳥(368) ~ アンティーク・ショップの店先で ~_b0102572_17293653.jpg


 Spring Song/春の歌
 Eugen Cicero Trio/オイゲン・キケロ・トリオ
 Timeless Holland






路傍の花、樹々の鳥(368) ~ アンティーク・ショップの店先で ~_b0102572_17303480.jpg


 春の歌 (紙ジャケット仕様)
 オイゲン・キケロ・トリオ
 BMG JAPAN






「Spring Song In A, Op. 62, No. 6 - Eugen Cicero Trio」
          



by knakano0311 | 2020-02-07 17:52 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

我が家の椿も咲く

我が家の椿も咲く_b0102572_15393540.jpg
我が家の椿も咲く_b0102572_15395564.jpg


 「咲くのは4月かな」と思っていた家の庭の「ツバキ(椿)」が咲いた。その真っ赤な赤はいつも艶やか。「もうそろそろかな」と買い物へ行く途中、遠回りして寄ってみた「黒川桜の森」。市天然記念物の「エドヒガン(江戸彼岸)」の群生林、まだ2~3分咲き。それでも、その清楚な白が印象的。

我が家の椿も咲く_b0102572_15411224.jpg



 今宵のピアノは、1940年生まれ、ルーマニア出身のピアニスト、「オイゲン・キケロ/Eugen Cicero」。「ジャック・ルーシェ/Jacques Loussier」と並んで、クラシックをジャズ化して演奏することで、成功を収めた第一人者である。幼い頃よりクラシックのピアニストであった母親からピアノを習い、10歳の時にはリサイタルを開くようになるほどの天才振りを発揮した。しかし、兄の影響でジャズに興味を持ち始めるようになり、18歳の時には兄と一緒にジャズグループで活躍するようになる。そしてルーマニアからオーストリアに移って活躍を続けているうちに、ヨーロッパのジャズ・レコードで有名なMPSレコードの社長に認められ1965年に初めてレコード録音をする。これがデビューアルバムのクラシックの曲をジャズ化した「Rokoko Jazz」である。 その後、多くのアルバムを残しているが、「今宵は、モーツアルトの「春への憧れ/Sehnsucht Nach Dem Frühling」。アルバム、「ロココ・ジャズ 2/Rococo Jazz 2」(1987)から。

我が家の椿も咲く_b0102572_15421141.jpg



 ロココ・ジャズ 2/Rococo Jazz 2   
 オイゲン・キケロ/Eugen Cicero
 Timeless Holland






「Sehnsucht Nach Dem Frühling (春への憧れ)- Eugen Cicero」

              

   
  
by knakano0311 | 2019-04-01 15:46 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(336) ~ 大寒に咲く ~

路傍の花、樹々の鳥(336) ~ 大寒に咲く ~_b0102572_1451127.jpg
路傍の花、樹々の鳥(336) ~ 大寒に咲く ~_b0102572_1452282.jpg

 まるで蝋細工のような半透明でにぶいツヤのある質感の花びら。日差しを受け、いっそう鮮やかさを増した黄色が目を惹く。中国原産の落葉樹、「ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅)」である。「カラウメ(唐梅)」とも呼ばれる。蝋細工のような花びら、かつ臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くことにちなむという。「大寒」ではあるが、この花を見ると、「もうすぐ春が ・・・」という期待がわく。

路傍の花、樹々の鳥(336) ~ 大寒に咲く ~_b0102572_15224489.jpg
 今宵のピアノ。「ジャック・ルーシェ/Jacques Loussier」と並んで、クラシックの曲をジャズ・アレンジにして一時代を築いたバロック・ジャズの名手、「オイゲン・キケロ/Eugen Cicero」の演奏。

 1940年生まれ、ルーマニアのクラウゼンブルク出身。幼い頃よりクラシックのピアニストであった母親からピアノを習い、10歳の時にはリサイタルを開いたというからかなりの天才ぶり。しかし、兄の影響でジャズに興味を持ち始めるようになり、ルーマニアからオーストリアに移って活躍を続けているうちに見いだされ、1965年初めてレコーディングし、デビュ―したのが、一躍その名を知られるようになったアルバム、「ロココ・ジャズ/Rococo Jazz」であった。

 「モーツァルト/Mozart」の「春への憧れ/Sehnsucht Nach Dem Frühling」。アルバムは、「ロココ・ジャズ2/Rococo Jazz 2」(1987)から。

路傍の花、樹々の鳥(336) ~ 大寒に咲く ~_b0102572_14573224.jpg
   
ロココ・ジャズ 2/Rococo Jazz 2
オイゲン・キケロ/Eugen Cicero
Timeless Records



「春への憧れ/Sehnsucht Nach Dem Frühling - Eugen Cicero」

          

 暖かい春の気配を運んでくれるのは、「メンデルスゾーン/Mendelssohn」の「春の歌/Spring Song(Song Without Words for piano No. 30 in A major ("Frühlingslied"), Op. 6
)」。バッハのリズミカルな「平均律クラヴィア曲集前奏曲第2番」に始まり、タイトル曲、そして、ショパンの「プレリュード第4番」、バッハの「 G線上のアリア」とつづくのは、「ロココ・ジャズの詩人」と呼ばれたキケロの華麗なアルバム、「春の歌/Spring Song」(1983年)。「マリー・ローランサン/Marie Laurencin」風?のジャケットもいい。

路傍の花、樹々の鳥(336) ~ 大寒に咲く ~_b0102572_15385679.jpg
   
春の歌/Spring Song
オイゲン・キケロ/Eugen Cicero
BMGメディアジャパン



「Eugen Cicero Trio ‎– Spring Song(春の歌)」

          
by knakano0311 | 2019-01-21 10:20 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)