人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:カーリン・クローグ/Meaning Of Love ( 1 ) タグの人気記事

北欧美女シンガー図鑑(その2) ~ノルウェイの元祖・歌姫~

さあ、次はノルウェイ。この国もまだ行ったことはないが、大のご贔屓のピアノ・トリオ、その美メロが、私の心をとらえて離さない「トルド・グスタフセン/Tord Gustavsen」、そして透明感あふれる音色と美しいメロディは、他の誰も出し得ないといわれる孤高のジャズ・サクソフォーン奏者、「ヤン・ガンバレク/Jan Garbarek」などを輩出している国である。

b0102572_23274069.jpg

ボーカルであげるとすれば、まず、「カーリン・クローグ/Karin Krog」であろう。 1937年、ノルウェーのオスロ生まれで、国民的な尊敬を集めているという。奇しくも、スウェーデンの女性ジャズ・シンガーの元祖といってもいい、「モニカ・ゼタールンド/Monica Zetterlund」と同じ年の生まれである。1960年代初頭から地元オスロやストックホルムで活動を始めたという。「カーリン・クローグ」は、多様な引き出しを持った歌手である。スタンダードやブルースなどのオーソドックスなものから、声を楽器として使うような前衛的なものまで、とにかく色々なことにチャレンジしてきた、。

はじめて彼女を知ったのは、「デクスター・ゴードン/Dexter Gordon」と共演したアルバム、「サム・アザー・スプリング ブルース・アンド・バラ-ズ/Some Other Spring Blues & Ballads」(1970)だったと思う。ゴードンのサックスとのかけあいでけだるそうに歌うタイトル曲や、「How Insensitive」、「Blues Eyes」などが耳に残っている。

ブルース・アンド・バラッズ+4(紙ジャケット仕様)

カーリン・クローグ with デクスター・ゴードン / インディペンデントレーベル



その後、実験的というか、前衛的な方向にも走って振り回されもしたが、1963年から2005年までの彼女の40年に及ぶ軌跡を知るには、2枚組のベスト・アルバム、「スウィート・トーカー/Sweet Talker」がいいのではなかろうか。

スウィート・トーカー 1963-2005

カーリン・クローグ / ミューザック


b0102572_16264092.jpg
私が、「カーリン・クローグ」にもっとも魅かれるのは、アメリカのジャズ・ピアニスト、「スティーヴ・キューン/Steve Kuhn」と共演した一連のアルバムである。1974年、37歳、絶頂期の彼女と耽美派キューンとの出会いがもたらした傑作、「ウィー・クッド・ビー・フライイング/We Could Be Flying」。そして、2002年、30年ぶりの運命の再開が再び傑作を生んだ、「ニューヨーク・モーメンツ/New York Moments」。さらに、2005年、秋深いオスロでの再会から生まれたデュオ・アルバムが「トゥゲザー・アゲイン/Together Again」。ちょっと、モニカとエヴァンスの関係も想起させますね。

アメリカ的なジャズではなく、真に自由な表現としてのジャズを求め続けたヴォーカリストと、ピアノにおける耽美的表現を求め続けたピアニスト。若き二人の邂逅が生んだ傑作、「ウィー・クッド・ビー・フライング」。キューンのフェンダーローズと情感豊かなヴォーカルが豊かに絡み合う。

ウィー・クッド・ビー・フライング [紙ジャケット仕様]

カーリン・クローグ / Pヴァイン・レコード



この時65歳、旧友「スティーヴ・キューン」との30年ぶりの再会から生まれたジャズ・ヴォーカル・アルバムの傑作、「ニューヨーク・モーメンツ」。身震いをするくらいの深い哀愁。

ニューヨーク・モーメンツ

カーリン・クローグwithスティーヴ・キューン・トリオ / インディペンデントレーベル



さらなるオスロでの再会から生まれた究極のデュオ・アルバム、二人で音楽する喜びがよく伝わってくる「トゥゲザー・アゲイン」。お見事!

トゥゲザー・アゲイン

カーリン・クローグ&スティー /



キューン畢生の名曲「Meaning Of Love」を最初のアルバム、「ウィー・クッド・ビー・フライング」と30年後のアルバム、「ニューヨーク・モーメンツ」とで聴き比べてみましょう。

「Karin Krog - The Meaing of Love」

 
          

「Karin Krog - The Meaning of Love (featuring Steve Kuhn) 」

          

そして、「ニューヨーク・モーメンツ」から、かってシャンソン歌手「ダミア/Damia」が歌って一躍有名になった曲、「暗い日曜日/Gloomy Sunday (原題;Sombre Dimanche)」を。

「Karin Krog - Gloomy Sunday」

          
by knakano0311 | 2012-05-28 10:14 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)