人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ガブリエラ・アンダース/セヴン・デイズ ( 1 ) タグの人気記事

路傍の花、樹々の鳥(179) ~ オルタナティヴ ~

路傍の花、樹々の鳥(179) ~ オルタナティヴ ~ _b0102572_9565469.jpg

 「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」。 美人を形容する古き常套句。「百合」は優雅さの象徴であった。ところで写真は、台湾原産の「タカサゴユリ(高砂百合)」。グランドの脇、石垣、公園、林の中、住宅の庭、道路脇、空き地、池の端 ・・・・。この時期団地のいたるところで見かける雑草といっていい花。温暖化の影響か、今、日本のあちこちでものすごい勢いで増えているという。始末の悪いことに、実の中にあるものすごくたくさんの種が、風によってまき散らされ、あっという間に広がってしまうらしい。常套句にあるように、見かけは優雅な百合の花だけに、外来種、雑草と認識して抜く人もほとんどないので、広がりに輪をかけてるという。日本原種の百合、「テッポウユリ(鉄砲百合)」との自然雑種も多いらしく、「百合」には違いないが、実はエレガントとは程遠いしたたかでしぶとい「オルタナティヴ・リリー」といえよう。

 注)alternative(オルタナティブ);「代わりとなるもの、代替物、代替案」、「選択肢」、「もうひとつの」

路傍の花、樹々の鳥(179) ~ オルタナティヴ ~ _b0102572_051067.jpg

 一見する容姿、歌唱の可憐さとは違って、したたかさを感じるのが、「ガブリエラ・アンダース/Gabriela Anders」。音楽ジャンル的には、「オルタナティヴ」にカテゴライズされるという。

 1972年、ブエノスアイレス生まれ。デビュー・アルバム、ジョビンのカバー集「ベレーザ:ジョビンに捧ぐ/TRIBUTE TO ANTONIO CARLOS JOBIM」(1995年)が大ヒットしたボサノバ・ユニット、「ベレーザ/Beleza」のリード・ヴォーカルとして一世を風靡した。ユニットとはいうが、実質は一人ユニットであったことが、アルバムのクレジットからもうかがえる。

 1999年、初の本名でのソロ・アルバムが、「Wanting」をリリース。その後も、彼女の最大の魅力であるシルキー・タッチの歌声を武器にして、ジャズ、サルサ、クンビア、ボンバ、レゲエ、ジャズ、ファンク、タンゴ等々、多くのジャンルをブレンドさせて、脱ボサ・ノヴァだけではなく彼女にしかできない音楽づくりへの挑戦など、したたかな音楽活動を続けている。まさに、「オルタナティヴ・リリー」。

 「ベレーザ」時代のセカンド・アルバムで、全曲、彼女のオリジナルのアルバム、「セヴン・デイズ/Seven Days」(1996)からいくつか ・・・。 
   

セヴン・デイズ

ベレーザ / インディペンデントレーベル



「Beleza - Por Siempre (Spanish version of "Forever")」

          

「Beleza - Don't Stop Listening」

          
   

「Gabriela Anders - Feels So Good」


          
  
by knakano0311 | 2017-08-25 10:04 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)