人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:キアラ・パンカルディ ( 2 ) タグの人気記事

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11513693.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11515622.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11521943.jpg
路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_11523748.jpg
   
 いつものウォーキングの道筋。いつものアンティーク・ショップやパン屋の店先のディスプレイは、もうすっかり春の雰囲気。これからが楽しくなる春のウォーキング。

 今宵の曲、最初はピアノ・トリオ。御贔屓、「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati Trio」で、「You'll Walk In The Field」。アルバムは、「Shades of Sounds」(2018)から。第2次世界大戦中に書かれたトラディショナル・ソングだという。静けさみ満ちた美メロの中にも、春の暖かさや喜びを感じられる。埋め込みができませんので、クリックしてください。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_17254140.jpg

 
 Shades of Sounds/シェイズ・オブ・サウンズ
 Alessandro Galati Trio/アレッサンドロ・ガラティ・トリオ
 寺島レコード






「You'll Walk In The Field - Alessandro Galati Trio」

 歌の方は、「I walk a little faster」。1957年、作詞「キャロリン・リー /Carolyne Leigh」、作曲「サイ・コールマン/Cy Coleman」による古いスタンダード。「当たって砕けろ」と、恋に前向きな歌。この歌好きです。

【 I Walk A Little Faster 】

「♪ Pretending that we'll meet あの人に会えるかもと思うと
   Each time I turn a corner  角を曲がるときはいつも
   I walk a little faster     ちょっと早足になるの

   Pretending life is sweet   きっと甘美な人生が待っているかも
   'Cause love is around the corner だってその角を曲がったところに愛があるかも
   I walk a little faster     そう考えるとちょっと早足になってしまうの

   Can't begin to see my future shine as yet 私の未来が輝いているかわからない
   No sign as yet, you're mine as yet あなたが私のものになるなんて兆しも全くないわ
   Rushing toward a face I can't divine as yet 方向もわからずただ突進してるだけ 
   Keep bumping into walls and taking lots of falls いつも壁に当たって転んでばかり

   But even though I meet  でも曲がり角で
   At each and every corner  いつも災難にしか
   With nothing but disaster  会えなかったとしても

   I set my chin a little higher,     私はちょっと顎を高く上げて
           hope a little longer  もうちょっとだけの辛抱だと考え
   Build a little stronger castle in the air  空想の頑丈なお城を頭の中に建て
   And thinking you'll be there      そこにあなたがいると考えるから
   I walk a little faster          ちょっとだけ早足になるの

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

 いまノリノリのイタリアの若手ディーバ、「キアラ・パンカルディ/Chiara Pancaldi」で。同名のタイトルをつけたアルバム、「I Walk a Little Faster」(2015)から。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_18120952.jpg

 
 I Walk a Little Faster
 Chiara Pancaldi
 Challenge







「Chiara Pancaldi - I Walk A Little Faster」
          

  
 アメリカのフォーキー系ジャズ歌姫、「エリン・ボーデ(ボーディー)/Erin Bode」と続けましょう。アルバム、「Don't Take Your Time」(2004)から。

路傍の花、樹々の鳥(370) ~ 店先の春 ~_b0102572_18200274.jpg

 
 Don't Take Your Time
 エリン・ボーディー/Erin Bode
 Max Jazz






「I Walk a Little Faster - Erin Bode」
          

     








by knakano0311 | 2020-02-22 18:29 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

路傍の花、樹々の鳥(110)  ~ 帰ってきたらもう ・・・ ~

路傍の花、樹々の鳥(110)  ~ 帰ってきたらもう ・・・ ~ _b0102572_12594140.jpg
路傍の花、樹々の鳥(110)  ~ 帰ってきたらもう ・・・ ~ _b0102572_130268.jpg


東京での結婚式、その直前の風邪引きを含めると、一週間ぶりくらいであろうか、久しぶりのウォーキングである。ちょっと見なかっただけなのに、道筋の「コブシ(辛夷)」は満開、そしてご近所で一番に咲く早咲きの「サクラ」も、もう咲き始めていた。

これからの時期のウォーキングは、ますます楽しくなり、足取りも少し速く軽やかになっていくのである。

路傍の花、樹々の鳥(110)  ~ 帰ってきたらもう ・・・ ~ _b0102572_21112027.jpg

さて今宵の歌姫。最近教えてもらったイタリア注目の若手ジャズ・シンガーという、「キアラ・パンカルディ/Chiara Pancaldi」。アルバム・タイトルは、こんな季節のウォーキングに因んで「I Walk A Little Faster」。「ちょっと早足で ・・・」とでも訳しましょうか。かって、「キアラ・シヴェロ/Chiara Civello」という、これもイタリア出身の美人シンガー・ソングライターを紹介したことがあるが、彼女とは別人。イタリアでは、「キアラ」という名前、響きがいいので、女性の名前に用いられるのでは ・・・。「クリスタル」の意味だそうだ。(参照拙ブログ「路傍の花、樹々の鳥(55) ~ まだまだ遠い春への準備 ~ 」

路傍の花、樹々の鳥(110)  ~ 帰ってきたらもう ・・・ ~ _b0102572_21372789.jpg

キャリアなどはよくわかりません。1982年、イタリア、ボローニャの生まれだというから、34歳。クラシックからジャズ、ブラジル音楽からインド音楽まであらゆる種類の音楽が好きで、特にジャズとブラジル音楽の影響を受けているという。「シェイラ・ジョーダン/Sheila Jordan」、「ロバータ・ガンバリーニ/Roberta Gambarini」、「ハロルド・メイバーン/Harold Mabern」など、多くのミュージシャンと接する中で次第にボーカルのセンスと才能が磨かれていった。2012年リリースの「The Song Is You」でデビュー。

やがて共演したピアニスト、「Cyrus Chestnut/サイラス・チェスナット」に認められ、New Yorkでのアルバム制作に誘われ、2013年9月、トリオのバックを受け録音、2ndアルバムとして2015年にリリースされたのが、「I Walk A Little Faster」。このアルバムは、ジャズ批評誌「ジャズオーディオ・ディスク大賞2015」ヴォーカル部門で見事金賞に輝いた。

「サイラス・チェスナット/Cyrus Chestnut(p)」、「ジョン・ウェバー/John Webber(b)」、「ジョー・ファンズワース/Joe Farnsworth(ds)」ら、New Yorkの手練のサポートを受け、全編スタンダードを、キアラが心を込めてしっとりとした歌いあげる。いや、これは発見だ。

I Walk a Little Faster

Chiara Pancaldi / Challenge



そんなアルバムから2曲ほど ・・・。さすが金賞を取るだけあって上手いし、心地いい響き。

「Chiara Pancaldi - I WALK A LITTLE FASTER」

          

「WILD IS THE WIND - Chiara Pancaldi」

           
 


 
by knakano0311 | 2016-03-23 09:34 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)