大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ジム・トムリンソン ( 3 ) タグの人気記事

芽吹きを促すやさしい雨

b0102572_13121690.jpg


雨である。暖かくやさしい雨である。車検が近づいてきたので、近くのディーラーまで車を預けに行った。もういらないだろうと思うので、スタッドレス・タイヤを元のタイヤに戻してもらうことも頼んできた。この冬、度重なる帰省で、相当お世話になったタイヤである。こんなことにも、春を実感するのである。車を預けた帰りは、久しぶりに電車に乗って帰ってきたが、若葉が芽吹き出し新緑が鮮やかになった車窓から見る景色が、さらに春を実感させる。そして玄関脇の椿の若葉も雨に濡れて一層鮮やかに ・・・。

さて、月並みですが、「やさしい雨/The Gentle Rain」を選んでみました。歌うのは何度も登場している「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。もう長いあいだ私がご贔屓にしている「ジャズ・ソングバード」とも呼ばれている女性ヴォーカル。

b0102572_13495730.jpg

「ステイシー・ケント」。1968年、ニューヨーク生まれ。大学では文学を専攻したらしいが、1991年のヨーロッパ旅行の際、ロンドンで英国のミュージシャンと交流を深め、以後ロンドンを拠点に活動中。1997年に、「クローズ・ユア・アイズ/Close Your Eyes」でデビュー。以後、彼女名義では10作程のアルバムをリリースしている。2007年にブルーノートに移籍、移籍後も、日系人の「カズオ・イシグロ」を作詞に起用したり、全編フランス語のアルバムをリリースしたり、意欲的な活動を展開している。その、移籍第1弾アルバム「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」はグラミー賞にノミネートされた。

b0102572_13521934.jpg

彼女の持ち味は、さわやかで、しかも暖かみを感じさせる歌声。夫は彼女の音楽監督でもあるサックス奏者の「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。

その「ジム・トムリンソン」名義のアルバム、「ブラジリアン・スケッチ/Brazilian Sketches」(2001)の中で、彼女が4曲ほど歌っているうちの一つが、、「やさしい雨/The Gentle Rain」。「黒いオルフェ」の作曲者として知られる「ルイス・ボンファ/Luiz Bonfa」の名曲ですね。サックスを中心としたバックによる上質なサポートを得て、ソフィスティケートされた極上のボッサ・サウンド世界を作り上げています。

ソー・ナイス~ブラジリアン・スケッチ~

ジム・トムリンソン / キングレコード



「Stacey Kent - Gentle Rain」

          
[PR]
by knakano0311 | 2015-04-13 13:54 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

あふれはじめた春

b0102572_2329986.jpg


2、3日前、今年一番のポカポカ陽気だったそうだ。そんな陽気につられ、お茶をしに出かけた「宝塚あいあいパーク」にある植木屋さんの庭先には、「クロッカス」をはじめ、もういっぱいの春が溢れていた。

さて、春を感じさせる歌、月並みですが、「It might as well be Spring(春の如く)」。数あるカバーの中で、今日の私のチョイスは、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。アルバム、「In love again」に収録されています。ボーイッシュでコケティッシュなステイシーに惹かれ、ジャケ買いした彼女の最初のアルバムだったでしょうか。

b0102572_1651497.jpg

「It might as well be Spring」。1945年、映画「State Fair」のために、「オスカー・ハマースタイン2世/Oscar HammersteinⅡ」が作詞、「リチャード・ロジャース/Richard Rodgers」が作曲したスタンダードナンバー。歌詞を見ると、「春の歌」というよりは、不定愁訴というか、春の熱に浮かされたような落ち着かない乙女心を歌った、「春のような季節の歌」とでもいった方がいいかもしれません。私にはアレルギーがないのでわかりませんが、ひょっとしたら、歌詞だけ見ると、「花粉症の歌」といってもいいかもしれません。こう言ってしまうと身も蓋もなくなりますが ・・・。

「♪ I'm as restless as a willow in a windstorm   強風に揺れる柳のように落ち着かないし
   I'm as jumpy as a puppet on a string     操り人形のように飛び跳ねたりして
   I'd say that I had spring fever           春風邪にでも罹ってしまったのかしら
   But I know it isn't spring          今は春ではないってことは分かっているけれど

   I am starry eyed and vaguely discontented, 物思いに耽ったり、何となくイマイチの気分
   Like a nightingale without a song to sing    まるで歌を忘れたナイチンゲールのよう
   Oh why should I have spring fever   どうして春風邪なんかに罹ってしまったのかしら
   When it isn't even spring...             まだ、春ではないっていうのに
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

b0102572_173411.jpg

「ステイシー・ケント」。もう何回もこのブログで取り上げていますので、「またか」とお思いかもしれません。(参照拙ブログ「立春の朝に」「もう少しやさしい雨を ・・・」「わが心のミューズたち(2) ステイシー・ケント」「とどろく爆音に ・・・」など) 1968年 米ニュージャージー州出身であるが、1991年ごろロンドンへ移住、そこを拠点に活躍。1997年のレコード・デビュー以来、日本でも高い人気を誇る女性ヴォーカリスト。夫でもあり、プロデューサー、SAX奏者でもある、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」とロンドンで音楽活動を続けている。こんなところが、脱アメリカ系ボーカル、ヨーロッパの女性ボーカルとも共通するJAZZの香りがして、それが人気の理由かもしれない。2007年には、フランスのブルーノート・レコードと契約し、日系人作家「カズオ・イシグロ」の詩を取り上げた「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」は、グラミー賞にノミネートされた。夫、ジムとのおしどり振りについては、先日、「ひな祭りです、お内裏様デュオです」で紹介したばかり。

In Love Again

Stacey KentCandid



ボッサ・テイストで、春の日差しのように優しく 、ゆったりと ・・・・。もちろん、、「ジム・トムリンソン」のサックスも優しくサポート。

「Stacey Kent - It might as well be Spring」
 
          
 



 
[PR]
by knakano0311 | 2014-03-15 00:15 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

もう少しやさしい雨を ・・・

b0102572_16114631.jpg


台風18号の影響とやらで、午後からまた激しい雨。もういいでしょう、こんな激しい雨は ・・・。これ以上の被害をもたらす雨は御免蒙りたい。

鬱陶しい雨の日の対処療法の一つは、「雨の曲を聴くこと ・・・」ということで、続けてきた「雨」に係わりのある曲やアルバム、文字通り、山ほどあるといっていいでしょう。止めどもなく続きそうですので、今回でしばらく小休止にしたいと思います。「雨」ひとつとっても、あれだけの曲があるということは、「音楽はイマジネーションである」ということを如実に表しているような気がします。

さて、最近の異常気象、「どうせ降るなら、秋にふさわしいしっとりとした、やさしい雨を ・・・」とでも言いたくもなる。ボサノバの名曲、「やさしい雨」を聴きながら、「優しい雨」の雨乞いでもしましょうか。この曲、あまたのアーティストがカバーをしているが、私のお気に入りは、我がミューズの一人、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。

b0102572_2394081.jpg

1968年、ニューヨーク生まれのグラミー賞にノミネートされたこともある女性ヴォーカリスト。大学では文学を専攻したらしいが、1991年のヨーロッパ旅行の際、ロンドンで英国のミュージシャンと交流を深め、以後ロンドンを拠点に活動中。1997年に、「クローズ・ユア・アイズ/Close Your Eyes」でデビュー、以後彼女名義では10作程のアルバムをリリースしている。2007年にブルーノートに移籍、移籍後も、「カズオ・イシグロ」を作詞に起用したり、全編フランス語のアルバムをリリースしたり、意欲的な活動を展開している。夫は彼女の音楽監督でもあるサックス奏者の「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」。

b0102572_1710426.jpg

「ステイシー・ケント」、そのボーイッシュでチャーミングな容姿を一目見て、ジャケ買い(アルバム、「In Love Again」)してから、ずっと彼女のファンであり、わがジャズミューズの一人とさえなっている。スタンダード・ソングを、あれだけ可憐に歌う歌手としては、類を見ないのではないかとすら思っている。まっ、相当入れ込んでいた時期もありましたね。

そんなことから、このブログにもかなりの頻度で登場しているのである。さて、前置きが長くなりましたが、「やさしい雨」、パートナーでもあるサックス奏者、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」名義のアルバム、「ブラジリアン・スケッチ/Brazilian Sketches 」の中で4曲ほど歌っているうちの一つ。「黒いオルフェ」の作曲者として知られる「ルイス・ボンファ/Luiz Bonfa」の名曲ですね。

ソー・ナイス~ブラジリアン・スケッチ~

ジム・トムリンソン / キングレコード



雨乞いの歌は、「やさしい雨/The Gentle Rain」。

「Stacey Kent - Gentle Rain」
 
          
 




 
[PR]
by knakano0311 | 2013-09-15 17:20 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)