人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ジョバンニ・ミラバッシ/AVANTI! ( 3 ) タグの人気記事

はためく日の丸に

b0102572_23195235.jpg


正月の曇り空、寒風に「日の丸」がはためいている。この団地でも「日の丸」を掲げている家はほとんどない。掲げているのは、神社、会社、公共施設などの一部である。海外を旅して感ずることの一つが、「国旗の洪水」。どこへ行ってもその国の国旗がいたるところではためいている。我が家もそうであるが、もとより主義主張などではなく、親の世代と我々の世代の受けた教育の違いであろう、そもそも国旗をもっていないのである。子供の頃、実家やご近所では「旗日」といって、国民の祝日には「日の丸」を掲げたものである。そんな実家も、郊外に家を建て転居してからは、「日の丸」を掲げていた記憶がない。しかし去年、実家の整理をしていたとき、箪笥にしまいこまれた「日の丸」を見つけた。綺麗に折り目がつき、新品同様だったことからすると、転居を機に新しくしたが、ほとんど掲げたことはなかったのだろう。

今年は戦後70年。私は昭和21年(1946年)3月生まれであるが、同級生のほとんどは昭和20年、終戦の年に生まれ、今年70歳を迎える。戦後の物不足、高度成長期、TVの登場、東京オリンピック、大学紛争、大阪万博、オイルショック、バブルとその終焉、昭和から平成へ、阪神淡路大震災、リーマンショック、東北大震災 ・・・など、それなりに変化と激動の戦後を生きてきた「戦争を知らない子供たち」が、今年70歳を迎える。

「世界は、不機嫌な時代に入ってきた」と「寺島実郎」氏は言う。不機嫌さを増す世界が、その解決の手段を戦争やテロや暴動に訴えた年でもあった。イスラムやウクライナをめぐる情勢も不安だし、ここ数年の隣国の非礼で挑発めいた振る舞いや行為に正直、腹は立つ。だからといって、国民的コンセンサスを得られないまま、集団的自衛権の容認の閣議決定にも拙速さと疑問を感じる。この旗を掲げて、戦争に出かけていくことだけは決してあってはならない。この後も「戦争を知らない子供たち」の世代を続けていくことができるのだろうか。オリンピックやワールドカップだけでなく、日本人としてのIDと「日の丸」とをしっかり考えて直してみたい自分がいる。

ウォーキングの途中にはためく「日の丸」を見て、この次帰省したときには、実家から持って帰ってこようかと思った。

b0102572_14403448.jpg

もう何回も紹介しているが、「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」の傑作ピアノ・ソロアルバムが、「Avanti!」。イタリア語で「前進」という意味か。このアルバムに収録された美しい詩情溢れる曲は、実はすべて革命歌であり、反戦歌である。そしてすべての曲は、かって暴力と血に染まったことがある曲でもある。年の初めにまた引っ張り出してきてしまった ・・・・。

Avanti!

Giovanni Mirabassi / Sketch



「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido (団結した民衆は決して負けない)」から始まって、「ポーリュシュカ・ポーレ/ロシア語: Полюшко-поле/Plaine, Ma Plaine (愛しき草原よ)」で終わる「Avanti!」の16曲のピアノソロ全てが、CDについているブックレットの写真と共にアップされている。

「Giovanni Mirabassi: Avanti! 」


by knakano0311 | 2015-01-04 14:43 | 想うことなど・・・ | Trackback | Comments(2)

天蚕の繭を見つけて

b0102572_13544963.jpg

b0102572_13563771.jpg

クヌギの伐採をしている時に見つけた「ヤママユガ(山繭蛾)」の繭(まゆ)である。遊びの山のクヌギ林では、成虫、幼虫もふくめ、よく見つけることがある。

「ヤママユ(山繭)」、「テンサン(天蚕)」とも呼ばれる日本在来の代表的な野蚕(やさん)で、北海道から九州にかけて分布し、クヌギ、コナラ、カシワ、シラカシなどの葉を食物として、全国の落葉性雑木林に生息している。

いまでも続けられているかどうか分かりませんが、養蚕が盛んだった私の故郷・松本に隣接する地域、穂高町(現在の安曇野市)の有明では、いわゆる一般的な「お蚕さん」である「家蚕(かさん)」とは別に、江戸時代からこの「天蚕」の飼育が行われていることで知られていた。家蚕に比べれば、長径約5cmほどで大きな繭であるが、この繭1粒から長さで600~700m程度、繭1,000粒から重さで、250~300g程度の糸が得られるという。この糸は、「天蚕糸」とよぱれ.光沢が優美で、太く、伸度が大きく、織物にして丈夫で、しわにならず、暖かく、手触りも良いなどの優れた特徴があり、繊維のダイヤモンドにもたとえられて珍重されているという。(Wikipedia参照)

見つけた繭にこんな故郷との縁を思い浮かべながら、この日も窯木づくりに精をだす。作業を終え振り返ると、クヌギ林はあらかた伐採が終わり、一株だけ残る「ヤマザクラ(山桜)」の真っ赤な紅葉が目を射る。

b0102572_16524391.jpg


蝶や蛾などの「メタモルフォーゼ(metamorphose);生物学でいう変態の意」には誰しも驚かされる。この夏、私の妻などはすっかり夢中になってしまった。(参照拙ブログ
「やがては華麗なメタモルフォーゼへと ・・・」
「メタモルフォーゼ」「お客さんはカラフルでした」 など) ジャズの世界では、オリジナルの曲のイメージがすっかり変わり、全く別の曲になってしまうということはままあること。

b0102572_23173126.jpg

私がそんなメタモルフォーゼを強く意識したアルバムがある。「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」の「AVANTI!」というアルバムである。冒頭の「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido」の哀しさ、美しさにまずひきこまれてしまう。実は、このアルバムに収録された美しい詩情溢れる曲は、実はすべて革命歌であり、反戦歌である。そのことを知って、私は驚くと同時に、革命歌をこれほどまでに情感込めて歌い上げられるピアニストを初めて知ったのである。そして、ミラバッシは私にとって探し求めて、辿りついたピアニスト、一里塚あるいは原点のピアニストとなった。

AVANTI!

ジョバンニ・ミラバッシ / 澤野工房



「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido (団結した民衆は決して負けない)」から始まって、「ポーリュシュカ・ポーレ/ロシア語: Полюшко-поле/Plaine, Ma Plaine (愛しき草原よ草原)」で終わる「Avanti!」の16曲のピアノソロ全てが、CDについているブックレットの写真と共にアップされていました。

「Giovanni Mirabassi: Avanti! 」

     

原曲の革命歌、「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido (団結した民衆は決して負けない)」を聴いてみましょうか。これが同じ曲なんですね ・・・。

「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido」

          
by knakano0311 | 2014-11-23 16:24 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

今年最後の笑顔は ・・・

b0102572_16524590.jpg

b0102572_16531015.jpg

子供たちと遊ぶ今年最後のイベントは、竹馬と焼き芋づくり。先週、近くの竹林から採ってきた青竹を使って、親子で「竹馬」を作って、何とか乗れるようになってもらう。そして、これまた先週の炭焼きで出た大量の「くず炭」で、焼き芋を焼いて頬張ってもらうという企画。

集まったのは10数組の親子たち。竹に足台を括り付けるだけという簡単な工作のため、お父さんが手伝えば、瞬く間に竹馬は完成し、早速乗る練習に。いまの若いお父さんお母さんは、多分竹馬なんかには乗れないと思っていたが、意外や意外、結構乗れるようである。爺さん達はどうかって? それは「三つ子の魂 ・・・」とやら、50数年たっても乗り方をしっかりと体が覚えているのである。

すこし雪混じりの天気の中、熱く焼けた芋を頬張る子供たちの今年最後の笑顔。来年もまた、こんな笑顔が見られるように ・・・。
 

b0102572_17474070.jpg

子供たちのとびきりの笑顔に出会った夜は、久しぶりの「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」。いままでに何人ものピアニストをとりあげてきたが、拙ブログ「もしもピアノが弾けたなら(19)~ たどり着いた一里塚から ~」などでも書いたように、彼は私にとって探し求めて、辿りついたピアニスト、一里塚あるいは原点のピアニストと言ってもいい。いつもついつい、ここへ戻ってきてしまうのである。

その1丁目1番地のアルバム、やはり「Avanti!」であろうか。このアルバムに収録された美しい詩情溢れる曲は、実はすべて革命歌であり、反戦歌である。そのことを知って、私は驚くと同時に、革命歌をこれほどまでに情感込めて歌い上げられるピアニストを初めて知ったのである。なにかきな臭く物騒な予兆の漂いだした今年一年。このアルバムにまた立ち戻ってみた。アルバム・タイトル「Avanti!」とは、たしか「進め!」という意味の言葉。

Avanti!

Giovanni Mirabassi / Sketch



「El Pueblo Unido Jamas Sera Vencido (団結した民衆は決して負けない)」から始まって、「ポーリュシュカ・ポーレ/ロシア語: Полюшко-поле/Plaine, Ma Plaine (愛しき草原よ草原)」で終わる「Avanti!」の16曲のピアノソロ全てが、CDについているブックレットの写真と共にアップされていました。

「Giovanni Mirabassi: Avanti! 」

     
 




 
by knakano0311 | 2013-12-25 09:54 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)