人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ジョージ・ベンソン/ブリージン ( 3 ) タグの人気記事

「海の日」に思い出すのはあの頃

「海の日」に思い出すのはあの頃_b0102572_16494835.jpg


7月18日は「海の日」。そんなことに気がついて、ヨットに明け暮れていた社会人なりたての頃、1970年代を思い出していた。ヨットを始めたのは会社に入ってから、最初の職場、研究所の同僚に誘われたからである。当時の会社は、時代に先駆けて週休2日制。関西は全く初めての地で、知り合いもなく、特にすることもなかったから、なんとなくはまっていった。当時、会社のヨット部は、全国大会にも何回も出場を果たした実業団の中では強豪チームであった。ちなみに艇庫に隣接する西宮ヨットハーバーは、「太平洋ひとりぼっち」の「堀江謙一」さんがアメリカ・サンフランシスコに向けて、「マーメイド号」で密かに出航したハーバーでもあった。

5月から10月は、仕事を終えた金曜日の夜に、西宮の浜の艇庫に集合。土、日と朝から練習をくり返した日々であった。朝から海に出ては練習、昼まで帰ってこない。その当時は、熱中症なんてこれっぽっちも考えたことがなかった。無謀といえば無謀な毎日ではあった。夜になると、練習で火照った体に、いわゆる浜風が心地よく、その感覚を今でも覚えている。もう、船に乗らなくなってから40年くらいか ・・・。ときどき、波しぶきをスプレーのようにたて、波に乗って滑るように走る爽快感を再び味わってみたいと思う事がある。

ヨットは、風を味方につけてのスポーツ競技である。今宵は「ジョージ・ベンソン/George Benson」によって、一世を風靡したフュージョンの名曲、「ブリージン/Breezin' 」(1976)を 。

ブリージン

ジョージ・ベンソン / Warner Music Japan =music=



「George Benson - Breezin'」

          

   
by knakano0311 | 2016-07-21 15:24 | 我が青春のジャズ・グラフィティ | Trackback | Comments(2)

路傍の花、樹々の鳥(62) ~ いま満開の花は ~

路傍の花、樹々の鳥(62) ~ いま満開の花は ~_b0102572_22525850.jpg

路傍の花、樹々の鳥(62) ~ いま満開の花は ~_b0102572_22531523.jpg

路傍の花、樹々の鳥(62) ~ いま満開の花は ~_b0102572_22533294.jpg


ウォーキングの道筋に咲く路傍の花。圧倒的なボリュームで、いま満開に咲いている花は、「紅梅」、「白梅」、「しだれ梅」などいろいろの種類の「梅」。「春黄金花(はるこがねばな)」とも呼ばれ、可憐な黄色の花をつける「サンシュユ(山茱萸)」。生垣を彩る「レンギョウ(連翹)」。そして、「モクレン(木蓮)」、「アセビ(馬酔木)」、「チンチョウゲ(沈丁花)」など。

いや、春です ・・・・。

路傍の花、樹々の鳥(62) ~ いま満開の花は ~_b0102572_15291087.jpg

さて、春。暖かさに誘われて戸外に出る機会が多くなるこの季節。たまにはフュージョンもいいですね ・・・。この季節に似合うと思うのですが、「ジョージ・ベンソン/George Benson」なんぞいかがでしょうか。

「ジョージ・ベンソン」。1943年、アメリカはペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジャズ・フュージョンのギタリストで歌手。なんと、3歳よりプロの道を目指し、1963年、20歳の時には、プロのギタリストとしてバンドに加入していたという。1964年、アルバム、「The New Boss Guitar」でバンド・リーダーとしてもデビュー。1968年には、「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」の初のエレクトリック・ジャズ作品、「マイルス・イン・ザ・スカイ/Miles in the sky」のレコーディングに参加。

路傍の花、樹々の鳥(62) ~ いま満開の花は ~_b0102572_15471892.jpg

なんといっても彼の名を一躍有名にしたのは、フュージョン系のアーティストに転じ、移籍した「ワーナー・ブラザーズ・レコード」から、1976年に発表した「ブリージン/Breezin'」であろう。タイトル曲は彼の代表作となるほどにヒットした。いや、スタイリッシュで、ノリも最高に格好良かったですね。このアルバムにも収録された「マスカレード/This Masquerade」で、ヴォーカリストとしても注目され、以後ヴォーカル曲もアルバムに積極的に取り入れていっている。

Breezin'

George Benson / Warner Bros / Wea



フル・アルバムがアップされていました。1曲目が「Breezin'」、2曲目が、「レオン・ラッセル/Leon Russell」の手になる「This Masquerade」。

「George Benson - Breezin' (Full Album) 」


by knakano0311 | 2015-03-23 09:52 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

海の見える場所へ

海の見える場所へ_b0102572_15294031.jpg


「今日はとても天気がいいから、海が見たい」。ウォーキングの途中に妻が突然言い出す。まっ、いつものことであるが ・・・。「はいはい!」とばかり、須磨から舞子の浜に向けて車を走らせた。

まずは、明石海峡大橋のすぐたもと、舞子公園にある「孫文記念館・移情閣」を訪れる。この公園には、いくつかの洋館造りの建物があるが、この「移情閣」が最もよく知られている。現存する国内最古のコンクリート・ブロック建造物で、国と県の指定重要文化財に指定されている。この「孫文記念館・移情閣」は、神戸で活躍していた華僑の貿易商、「呉錦堂」が舞子海岸に建てた別荘「松海別荘」の一部として、正八角形の三階建の中国式楼閣の「移情閣」が、1915年に増築された。 それぞれの窓からは六甲山、大阪湾、紀州、淡路島、瀬戸内海、播磨など様々な風景を見ることができ、それぞれ異なった趣を持っていることから「移情閣」と名づけられたという。「呉錦堂」は、「辛亥革命の父」と仰がれる「孫文」を支援し、1913年(大正2年)に彼が来日したときには、「松海別荘・本館」へ招いて、歓迎会を開いたという。そんな所縁で、今は「孫文」の資料を展示する「孫文博物館」として一般公開されている。

館内を見学しながら、「宗家の三姉妹」という映画を思い出していた。

中国の名士、宋家の娘として生まれた三姉妹。長女の「宋靄齢」は大財閥の当主「孔祥熙」と、次女の「宋慶齢」は中国革命の父「孫文」と、三女の「宋美齢」は後の中華民国総統「蒋介石」と結婚し、「一人は金と、一人は権力と、一人は国家と結婚した」と言われた。彼女たちは辛亥革命・満州事変・西安事件・日中戦争・国共内戦と続いていく激動の中国近現代史を動かす存在となっていく。

宋家の三姉妹 [DVD]

ポニーキャニオン



海の見える場所へ_b0102572_169364.jpg

舞子公園「移情閣」のあとは、海のほとりのアウトレット「マリンピア・神戸」で、きっちりお買い物。海とヨット・ハーバーを臨むカフェで心地よい潮風に吹かれ、ひと時お茶を楽しむ。

空の色、この海の色、この風、潮の香り、なんという開放感 ・・・。ひさしぶりに気持ちがスカッとして、晴れ晴れとした一日であった。海、風、空、大地、このかけがえのないもの。

「初夏、海、潮風 ・・」とくれば、もう定番「ジョージ・ベンソン/George Benson」の「ブリージン/Breezin' 」でしょうか。1976年のこのアルバムは、フュージョンの代表作。以前は、ジャズ・ロックなどと呼んでいたが、「デオダート/Deodato」が1972年に「ツァラトゥストラはかく語りき」を発表したあたりから、この種の音楽のカテゴリーを「フュージョン」、「クロスオーバー」などと呼ぶようになったと思う。

軽快なノリとJAZZYな感覚。海辺、この季節のドライブにはぴったり。この年、ビルボード・チャートのPOP、R&B、ジャズの各部門で同時1位に輝いた歴史的な名盤。

ブリージン

ジョージ・ベンソン / Warner Music Japan =music=



「Breezin' - George Benson」

          

 
 
 
by knakano0311 | 2011-05-27 09:48 | おやじの遠足・街歩き | Trackback | Comments(0)