大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ステイシー・ケント/春の如く ( 3 ) タグの人気記事

路傍の花、樹々の鳥(144) ~ 春の兆しは梅の花 ~

b0102572_1592821.jpg
b0102572_1594112.jpg


 この冬最強寒波の襲来という。まだ太陽が顔をのぞかせているうちにと、日課のウォーキングを始める。日当たりの良いご近所の家の庭には、梅の花がだいぶ咲き出した。山では、「アセビ(馬酔木)の花」、 里では「梅の花」が春の兆しである。さて明日は二回目の窯出し(炭出し)。なんとか雪が降らずにもってくれればいいが ・・・。

 さて、春を感じさせる歌、月並みですが、「It might as well be Spring(春の如く)」。1945年、映画「State Fair」のために、「オスカー・ハマースタイン2世/Oscar HammersteinⅡ」が作詞、「リチャード・ロジャース/Richard Rodgers」が作曲した有名なスタンダード・ナンバー。歌詞を見ると、「春の歌」というよりは、不定愁訴というか、春の訪れに浮かれたような落ち着かない乙女心を歌った、「春のような季節の歌」とでもいった方がいいかもしれません。歌詞だけ見ると、ひょっとしたら、「花粉症の歌」か ・・・。

【 It might as well be Spring 】

「♪ I'm as restless as a willow in a windstorm   強風に揺れる柳のように落ち着かないし
   I'm as jumpy as a puppet on a string     操り人形のように飛び跳ねたりして
   I'd say that I had spring fever         春風邪にでも罹ってしまったのかしら
   But I know it isn't spring        今は春ではないってことは分かっているけれど

   I am starry eyed and vaguely discontented, 物思いに耽ったりしてイマイチの気分
   Like a nightingale without a song to sing   まるで歌を忘れたナイチンゲールのよう
   Oh why should I have spring fever  どうして春風邪なんかに罹ってしまったのかしら
   When it isn't even spring...             まだ、春ではないっていうのに

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

 数あるカバーの中で、今日の私のチョイスは、パートナーとのおしどりコンビで名高い二つのカップル。まず「マリエル・コーマン/Marielle Koeman 」。トリオでサポートするのは、パートナーのピアニスト、「ヨス・ヴァン・ビースト/Jos Van Beest」。アルバム、「Between You And Me」(2004)から。

BETWEEN YOU & ME

マリエル・コーマン & ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ / 澤野工房



「Marielle Koeman & Jos van Beest trio - It Might As Well Be Spring」

          

 続いては、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。アルバム、「In love again」(2002)に収録されています。ボーイッシュでコケティッシュなステイシーに惹かれ、ジャケ買いした彼女の最初のアルバムだったでしょうか。ボッサ・テイストで、春の日差しのように優しく 、ゆったりと ・・・・。もちろん、パートナーの「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」のサックスも優しくサポート。

In Love Again

Stacey KentCandid



「Stacey Kent - It Might As Well Be Spring」

          

  

  
[PR]
by knakano0311 | 2017-02-12 11:03 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(0)

あふれはじめた春

b0102572_2329986.jpg


2、3日前、今年一番のポカポカ陽気だったそうだ。そんな陽気につられ、お茶をしに出かけた「宝塚あいあいパーク」にある植木屋さんの庭先には、「クロッカス」をはじめ、もういっぱいの春が溢れていた。

さて、春を感じさせる歌、月並みですが、「It might as well be Spring(春の如く)」。数あるカバーの中で、今日の私のチョイスは、「ステイシー・ケント/Stacey Kent」。アルバム、「In love again」に収録されています。ボーイッシュでコケティッシュなステイシーに惹かれ、ジャケ買いした彼女の最初のアルバムだったでしょうか。

b0102572_1651497.jpg

「It might as well be Spring」。1945年、映画「State Fair」のために、「オスカー・ハマースタイン2世/Oscar HammersteinⅡ」が作詞、「リチャード・ロジャース/Richard Rodgers」が作曲したスタンダードナンバー。歌詞を見ると、「春の歌」というよりは、不定愁訴というか、春の熱に浮かされたような落ち着かない乙女心を歌った、「春のような季節の歌」とでもいった方がいいかもしれません。私にはアレルギーがないのでわかりませんが、ひょっとしたら、歌詞だけ見ると、「花粉症の歌」といってもいいかもしれません。こう言ってしまうと身も蓋もなくなりますが ・・・。

「♪ I'm as restless as a willow in a windstorm   強風に揺れる柳のように落ち着かないし
   I'm as jumpy as a puppet on a string     操り人形のように飛び跳ねたりして
   I'd say that I had spring fever           春風邪にでも罹ってしまったのかしら
   But I know it isn't spring          今は春ではないってことは分かっているけれど

   I am starry eyed and vaguely discontented, 物思いに耽ったり、何となくイマイチの気分
   Like a nightingale without a song to sing    まるで歌を忘れたナイチンゲールのよう
   Oh why should I have spring fever   どうして春風邪なんかに罹ってしまったのかしら
   When it isn't even spring...             まだ、春ではないっていうのに
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」

b0102572_173411.jpg

「ステイシー・ケント」。もう何回もこのブログで取り上げていますので、「またか」とお思いかもしれません。(参照拙ブログ「立春の朝に」「もう少しやさしい雨を ・・・」「わが心のミューズたち(2) ステイシー・ケント」「とどろく爆音に ・・・」など) 1968年 米ニュージャージー州出身であるが、1991年ごろロンドンへ移住、そこを拠点に活躍。1997年のレコード・デビュー以来、日本でも高い人気を誇る女性ヴォーカリスト。夫でもあり、プロデューサー、SAX奏者でもある、「ジム・トムリンソン/Jim Tomlinson」とロンドンで音楽活動を続けている。こんなところが、脱アメリカ系ボーカル、ヨーロッパの女性ボーカルとも共通するJAZZの香りがして、それが人気の理由かもしれない。2007年には、フランスのブルーノート・レコードと契約し、日系人作家「カズオ・イシグロ」の詩を取り上げた「市街電車で朝食を/Breakfast on the morning tram」は、グラミー賞にノミネートされた。夫、ジムとのおしどり振りについては、先日、「ひな祭りです、お内裏様デュオです」で紹介したばかり。

In Love Again

Stacey KentCandid



ボッサ・テイストで、春の日差しのように優しく 、ゆったりと ・・・・。もちろん、、「ジム・トムリンソン」のサックスも優しくサポート。

「Stacey Kent - It might as well be Spring」
 
          
 



 
[PR]
by knakano0311 | 2014-03-15 00:15 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

門松を作る

b0102572_17374280.jpg

子供たちと「竹馬づくり」をして遊ぶために、先日「竹」を数十本採ってきた。少し早いが、この余った竹で、ミニ「門松」を作ってみようと思い立つ。門松とは、古くは、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための「依り代」という意味合いがあるという。

まずは材料の準備である。まず直径4~5㎝の青竹3本。長さは適当でいいのだが、土台や全体のバランスを考えて、約40㎝、50㎝、60㎝の3本とした。先端から10㎝程度のところから斜めに切り落とす。この時、皮がはがれるのを防ぐため、竹の根元の方から先端に向かって鋸を挽いていく。次に土台であるが、家にあった6号相当のプラスティックの植木鉢を利用することにした。そして近所の山から松の木の枝を採ってきて、2~30㎝の長さにする。あとはクマザサと南天の枝があればいいのだが、入手できなかったので、飾り物と一緒に100均ショップで買ってきた。あとは土台に巻く、藁かゴザであるが、面倒くさいのでこれは省略。

材料が揃ったところで製作に取り掛かる。まず、青竹3本を切り口が正面を向くように整えながら端部をテープで固定する。中間部は針金を使って固定した。固定できれば結束バンドでも何でもいい。そして鉢に立て、周りを小石で埋めて固定する。後は、周りを松の枝で形を整えながら埋めていく。最後に、クマザサ、南天、飾りの縁起物を配すれば、完成である。所要時間は青竹の加工を入れても1時間ほどであった。松葉の青さを保つには、鉢ごと水に漬ければいい。

そして、同じ日に来年こそいい春に、いい年になるようにと願いを込めて年賀状を投函した。

「ステイシー・ケント/Stacey Kent」、「春の如く/It Might As Well Be Spring」。彼女の歌は、なぜこんなにも心地良いのだろうか。

イン・ラブ・アゲイン

ステイシー・ケント / キングレコード



「Stacey Kent / It Might As Well Be Spring」
 
       
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-12-22 15:29 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)