人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:タムシバ ( 2 ) タグの人気記事

もうひとつのご近所花めぐり

もうひとつのご近所花めぐり_b0102572_10212854.jpg
もうひとつのご近所花めぐり_b0102572_10231237.jpg
もうひとつのご近所花めぐり_b0102572_10220084.jpg
     
 この時期になると、「エドヒガン」桜の他に、どうしても気になる花があって、買い物のかえり少し遠回りをしてチェックに向かう。「タムシバ(田虫葉)」である。7、8年ほど前、ちょっと春の里山あたりを寄り道してと車を走らせた時、宝塚市とわが町の境付近にあるトンネルを抜けると、そこには驚くべき景色が広がっていた。明らかに桜ではない白い花が、まるでモザイクのように山一面を覆っている。そして、そんな絶景が数kmにわたって続いていたのである。ただ残念なことに、この絶景、毎年お目にかかれるわけではなく、何年かに一度だけお目にかかれるらしいので、その時以来、「そろそろかな」という時期になると、毎年チェックに来ている。いつもの山の斜面、お目当ての「タムシバ」が咲き出している。「モザイクのように・・」とまではいかないが、期待できそうだ。
    
もうひとつのご近所花めぐり_b0102572_10400566.jpg
       
 「タムシバ」。モクレン科モクレン属の落葉小高木。花の香りが群を抜いていいところから、別名を「ニオイコブシ(匂辛夷)」といい、早春に白い六弁花を葉に先立って咲かせる。 他に「カムシバ」の別名をもつが、こちらは「噛む柴」で、葉を噛むとキシリトールのような甘味がするためにこの名前がつき、転じて「タムシバ」となったといわれる。 花は「コブシ」に似るが、やや小ぶりで、「コブシ」が花の下に葉が一枚ついているのに対し、「タムシバ」は花の下に葉がないので、見分けは容易であるともいう。山に春を告げる白い花が、「タムシバ」で、里に春を告げる白い花が、「コブシ」である。
      
もうひとつのご近所花めぐり_b0102572_10455071.jpg
      
 今年は暖冬の影響で、花の開花が前倒しなっているようで、「エドヒガン」、「コブシ」、「タムシバ」、「サンシュユ」の開花時期が重なって、花めぐりも忙しい。「タムシバ」と並んで、「コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)」も咲きだした。

もうひとつのご近所花めぐり_b0102572_18595116.jpg

    
 今宵のピアノ・トリオ、1949年、イタリアのローマ生まれというから今年で71歳を迎え、もう円熟の大御所でありながら、いまなお旺盛でチャレンジングな演奏活動を続けている「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」の新譜、「コモン・ビュー/Common View」(2020)。オランダの「イェスパー・サムセン/Jasper Somsen(double bass)」、スペインの「ホルヘ・ロッシー/Jorge Rossy(drums)」とのコラボ・アルバム。グルーヴ感あふれるダイナミックな演奏から、ピエラヌンツィの持ち味である哀愁に満ちた美メロまで、それぞれが3曲、トリオで2曲、全11曲、全てメンバーのオリジナル曲が繰り広げられる。曲想は多岐に渡っているが、決してバラバラ感はなく、一音一音気品にあふれ丁寧に演奏されている。まさに「これが3人の共通認識(Common View)だ」とアピールしているようだ。
     
もうひとつのご近所花めぐり_b0102572_18580835.jpg


 
 Common View
 Enrico Pieranunzi
 Challenge






 プロモーション・ビデオから。

「Trailer - Enrico Pieranunzi | Jasper Somsen | Jorge Rossy 」
          
    
    
 「イェスパー・サムセン(b)」の「Silk Threads」。

「Silk Threads - Enrico Pieranunzi · Jasper Somsen · Jorge Rossy」
          

   
 「ホルヘ・ロッシー(b)」の「Who Knows About Tomorrow」。

「Who Knows About Tomorrow - Enrico Pieranunzi · Jasper Somsen · Jorge Rossy」  
          

  
 極め付きはやはり御大「エンリコ・ピエラヌンツィ(p)」の「Song For An August Evening」。

「Song for an August Evening - Enrico Pieranunzi · Jasper Somsen · Jorge Rossy」
          

   

   


by knakano0311 | 2020-03-24 10:12 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(4)

山一面を彩るモザイク。いったい何の花 ・・・

山一面を彩るモザイク。いったい何の花 ・・・_b0102572_1363360.jpg


先日、いつもの買い物の後、ちょっと春の里山あたりを寄り道してと車を走らせる。宝塚市とわが町の境付近にある長尾山トンネルを抜けると、そこには驚くべき美しい光景が広がっていた。白い花が、まるでモザイクかパッチ・ワークのように山一面を覆っている。しかもそれが延々数kmも続いているのである。いや、家から車で15分程度のところにこんな光景があるとは ・・・。よく通っている道なのだが ・・・。妻が昔一度だけこの時期に通ったことがあり、その時もこんなだったと言った。どうもすっかり、忘れてしまっていたようだ。

山一面を彩るモザイク。いったい何の花 ・・・_b0102572_23225197.jpg
それにしても、いったい何の花だろうか。明らかに「桜」とは樹形や花の大きさが違う。「コブシ(辛夷)」の花によく似ているが、花びらがやや細くて小さいようだ。

  
先達が教えてくれた。「タムシバ(田虫葉、噛柴)」というモクレン科モクレン属の落葉小高木だという。花は「コブシ」に似るが、「コブシ」が花の下に葉が一枚ついているのに対し、「タムシバ」は花の下に葉がないので、見分けは容易であるともいう。

山一面を彩るモザイク。いったい何の花 ・・・_b0102572_23403953.jpg
調べてみると、枝や葉は噛むと微かに「キシリトール」のような甘味があるので、「噛むシバ(柴:雑木の小枝のこと)」が転訛して「タムシバ」と呼ばれるようになったという。そして、花の香りが群を抜いて良いところから、別名を「ニオイコブシ(匂辛夷)」といい、早春に白い六弁花を葉に先立って咲かせるという。「タムシバ」は西日本に分布する高木型と、東日本に分布する低木型があり、「コブシ」が山麓や沢筋に自生するのに対して、「タムシバ」は山腹や尾根筋に多く自生するということも分かった。(参照Wikipedia、左右の写真はNETより拝借)

一斉に花が咲く春。葉や樹皮の模様などではなかなか覚えられない新しい樹木や花の名前を覚える絶好の時期でもあるのだ。

さて、春の陽を受けて、爽やかなボッサなどはいかがでしょうか。「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antônio Carlos Jobim」。「想いあふれて/Chega De Saudade」。1958年に「アントニオ・カルロス・ジョビン」作曲、「ヴィニシウス・ジ・モラエス/Vinícius da Moraes」作詞、「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」の歌・ギターによる最初のボサノバと言われる曲で、英語名「No More Blues」でもよく知られている曲。

ボサノバがアメリカにわたって間もない1963年5月、ニューヨークでの録音。このアルバムによってジョビンの名は一躍世界に知れわたった。50年経っても、その演奏の心地よさは全く色褪せない。

イパネマの娘

アントニオ・カルロス・ジョビン / ユニバーサル ミュージック クラシック




「Antônio Carlos Jobim- Chega De Saudade (No More Blues)」

          
 



 
by knakano0311 | 2014-04-05 13:21 | 地域の中で・・・ | Trackback | Comments(2)