大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:チョッキリ虫 ( 6 ) タグの人気記事

秋がすこし見えた ~ チョッキリ虫の活動始まる ~

b0102572_1632327.jpg
b0102572_17431146.jpg

我が住宅地の近辺に比べ、遊びの山ではちょっぴり早めに秋の気配が濃厚に。いつもながらの仕事師、「チョッキリ虫」の活動が始まった。、「チョッキリ虫」が見せる職人芸は、「クヌギの枝の切り落とし」。正確には、「ハイイロチョッキリ」である。体長(口吻を含まない)が、8㎜前後のオトシブミ科の甲虫である。9月ごろに、クヌギ、コナラなどの実(ドングリ)に卵を産み、その後、枝ごと切ってドングリを地表に落としてしまう。そうやって産みつけた卵は、翌年の初夏に羽化する。

まるで剣豪が切ったような、その枝の切り口の見事さと、どんぐりの真ん中に正確に穴を開けるその技には、いつもながら感心する。(参照拙ブログ「剣豪 チョッキリ虫」「技の冴え ~続・剣豪チョッキリ虫~」 など) さて、秋がすこし見えた ・・・。

b0102572_10573850.jpg

秋の気配を感じる宵に引っ張り出してきたピアノ・トリオは、「ジャン・ロットマン・トリオ/Jean Rotman Trio」。フランスの「全く」知られざるジャズピアニスト、「ジャン・ロットマン」が、1986年の4月に、「パトリス・ソレル/Patrice Soler (b)」、「ローラン・ロゼマン/Laurent Rosemain (ds)」と共に自主制作で吹き込んでいた1枚、「マティアス・ジョブ/Mathias Job」。2012年CDで再発されたもの。

ほとんど情報はないが、ライナーノーツによると、「ジャン・ロットマン」は、1950年生まれ。5歳の時にクラシック・ピアノを始め、15歳でジャズに目覚めたという。18歳の頃には、自らビッグバンドを率いていたというから驚き。やがて、ピアノ・トリオやカルテットなどのコンボ活動にシフトしていったが、ピアノ・トリオに落ち着いたという。しかしながら、この人ほとんど評価されていないという。その最大の理由は、本職はお医者さん。その傍らにというか、一筋でないというところに何らかのわだかまりを感じるファンが多いということでしょうか。

b0102572_10573094.jpg

全曲がオリジナル曲と言う本作は、スウィンギーなナンバー、華麗なワルツ、美メロバラッド、そしてメロウなボサ・ジャズまで盛りだくさんのフレンチ・ピアノ・トリオのアルバム。自主制作というが、とてもそんな感じはしない。特に、欧州ピアノ・トリオに共通するエレガントで切なさが滲むピアノに加え、力強さをサポートするリズム・セクションが素晴らしい。海辺で戯れる子供達のジャケットも印象的。

ところで「マティアス・ジョブ/Mathias Job」というこのタイトル。幼くして病気で亡くなった甥っ子、「マティアス」に捧げている。医者でありながら、助けられなかった甥っ子に対する想いが、彼をして自主制作にまで駆り立てたのでしょうか。

マティアス・ジョブ

ジャン・ロットマン・トリオ / プロダクション・デシネ



「Mathias」、「Bossa lisse」あたりが聴きものですが、超無名、自主制作ということで、ほかを含めて、YOUTUBEへのアップも全くありません。    「プロダクション・デシネの試聴コーナー」  から、さわりを聴いてみてください。(太文字部をクリックしてください)
 



 
 
[PR]
by knakano0311 | 2014-08-23 16:33 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(2)

過ぎたるはなお ・・・

b0102572_15245447.jpg


私の地域では、先日の虹をもって、一応大雨は一段落したが、それにしても、よくもまあ、毎日雨が降り続いたものである。それも、時折雷鳴を伴ったバケツをひっくり返したような豪雨である。私の近辺で特に被害が出たというわけではないが、TVのニュースを見るにつけても、他人ごとではなく、もう雨はたくさんというのが本音。そして、どちらかに極端に大きく振れた今年の夏の天気、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という格言が思い出される。

明けていつもの山遊び。クヌギの樹の下には、はやくも「チョッキリ虫」が切った枝葉がいくつも落ちている。確実に秋は近づいているのだ。

さて、歳を取るにしたがって、新しいことを始めたり、新しい世界に身を投じたりする意欲が段々と衰えてきている。そんな私にとっても、「三浦雄一郎」氏は本当に驚嘆と尊敬に値すると思う。私の好みのジャズについても然りである。長年積み重なってきた自分が心地よいと感じている予定調和の空間にとどまり、新しい空間やアーティストの世界へ、第一歩を踏み出すことに迷いを感じてる。思い切って踏み出して聴いてみたら、魅力的な新しい世界が広がっていた。そんな感じの一人の女性歌手がかっていた。「ラシェル・フェレル/Rachelle Ferrell」。

b0102572_1123045.jpg

「ラシェル・フェレル」。R&B、ゴスペルをその活躍の中心とするが、ヴォーカリストとしてだけでなく、ピアニスト、作曲家、作詞家としても活躍。1961年、フィラデルフィア生まれというから、もう脂がのったベテランの域。6歳から歌いはじめ、13歳からヴァイオリンの訓練をうけるなど、はやくからその才能を開花し、音楽人生を歩み始めたという。ボストン、バークリー大学で作曲・編曲を学び、1990年「First Instrument」で、アメリカに先駆け日本デビューした。東芝EMIのプロデューサーが、ニューヨークのジャズクラブで発掘したという。その5年後、1995年、自国アメリカ、「Blue Note」より、そのU.S盤である「Somethin' Else」をリリース、それが、邦題「ラシェル・フェレル・デビュー!」となって、日本で再リリースされた。このデビュー・アルバムは、ジャズ・アルバムであり、リリース時、ジャズ・ヴォーカルの新星として注目されたという。しかし、このころは彼女の存在を私はまったく知らなかった。

First Instrument

Rachelle Ferrell / Blue Note Records



b0102572_11333881.jpg

その後は、R&B路線へと軸を移し、幅広い活動を続けているというが、これだけの長いキャリアがありながら、極めて寡作のようであり、私が知っている限り、リリースが確認できているのは5枚ほど(内2枚はJPN/USバージョン)である。私が彼女を知ったのは、5作目、ヨーロッパ最高のジャズ・フェスティバルである「モントルー・ジャズ・フェスティバル」でのライブ・アルバム、「Live at Montreux 91-97 [Live]」(2002年)であった。「7オクターブ」という驚異の声域を自在に操るシンガーとして話題になったからである。

いや、度肝を抜かれましたね。声が楽器そのもの。「圧倒される!」とはこういうことなんでしょう。しかし、アメリカのジャズの懐の深さを感じるものの、「凄い!だが、毎日これを聴くのはちょっとどうも ・・・」というのが、その時の率直な感想であった。

Live at Montreux

Rachelle Ferrell / Blue Note Records



それから10年間、彼女を聴くことはなかったが、最近あるきっかけで、デビュー・アルバム、「First Instrument」を聴いた。いや、新鮮でしたね。「なぜR&Bのほうへ ・・・」と軸を移したのが、惜しまれるくらい。あの7オクターブを使い切るのではなく、デビュー・アルバムの様に、もっと抑制したら深い表現力が生まれるのに、過ぎたるはなお ・・・。そんな彼女のジャズが聴きたいと素直にそう思った。

デビュー・アルバムから、スタンダード「You don't know what love is/恋をご存知ないのね」を聴いてみましょうか ・・・。

「Rachelle Ferrell - You don't know what love is」

 
          

多分誰にもまねできないでしょう、こんな歌唱。その7オクターブの声域を自在に操る独特のパフォーマンス。それが心に響くか、あるいは「過ぎたるは ・・・」と思うかは人それぞれでしょう。しかし圧倒されることは間違いない。「théâtre antique de Vienne」でのライブから、「I can explain」を ・・・。

「Rachelle Ferrell - I can explain (live) 」

          
 
[PR]
by knakano0311 | 2013-09-06 11:00 | おやじのジャズ | Trackback | Comments(0)

もうチョッキリ虫が

b0102572_1329753.jpg

「すこし風が秋めいてきたか?」と感じながら、山作業へと向かう。たしか先週はなかったのだが、チョッキリ虫が枝を落とし始めているのに、今週気が付いた。この山に秋が忍び寄ってきている前兆である。まだどんぐりの粒は小さいが、チョッキリ虫は見事に穴をあけ、枝を切り落としている。(拙ブログ「剣豪 チョッキリ虫」、「技の冴え ~続・剣豪チョッキリ虫~」など参照)

この時期から、もうチョッキリ虫が活動を始めるということは、今年はドングリが豊作という事か? 昨年、一昨年と、子供たちの木工細工教室に使うどんぐりの大不作に悩まされた私としては、大変うれしい前兆である。コオロギ,バッタ,キリギリス、マツムシ、スズムシ、クツワムシ、赤トンボ ・・・、チョッキリ虫は本格的な秋の虫たちの登場までの脇役、前座というところか ・・・。さあ、9月になれば、もうどんぐりなど木の実集めの段取りを考えねばなるまい。

b0102572_10201137.jpg

そして、夏の虫の主役の座をチョッキリ虫に譲りつつあるのが、セミ(蝉)。あれほど盛んだったニイニイゼミの声がクマゼミ(熊蝉)に変わってきた。今、遊びの山もウォーキングの道筋も、「シャカシャカシャカ…」と、うるさいくらい一色に聴こえているのは、このクマゼミ。クマゼミは南方系のセミであるため、棲息数は西日本地域に多いという。そのため、故郷・信州で子供の頃は、クマゼミの声を聴いた記憶がないので、関西に来て、クマゼミが主役と聞いてちょっと驚いたことがある。黒っぽい体に透明の翅を持つ日本最大のセミであるが、昔は関西でもこんなに多くはなかったらしい。気候の温暖化のせいか、段々と北上し、最近は関東地方などにも分布を広げていると聞く。しかし気のせいか、今年は、クマゼミに混じってなつかしいミンミンゼミの声も多く聞こえているようだ。蝉の世界にも、少しパワー・バランスが戻ってきたのかもしれない

b0102572_2235418.jpg

夏から秋へとゆっくりながらも季節が移ろっていく。塀に咲く朝顔ももうしばらくは楽しめそうだ。部屋のCDラックのアルバムも秋モードに入れ替えをしようか? さあ、週末。お盆も過ぎ、いつものあわただしさが戻った都会の夏の終わり。街路樹で鳴く蝉の喧騒も消え、夜の帳が降りてくる。その闇の中にそうろっと身を沈め、ビール・グラス片手にJAZZYで最高の気分に浸りたければ、もうこのアルバムでしょう。人気ピアニストの「ビル・チャーラップ/Bill Charlap」が、ベースの大御所「ジェイ・レオンハート/Jay Leonhart」と同世代のドラマー「ビル・スチュワート/Bill Stewart」と組んだ「ニューヨーク・トリオ/New York Trio」の第2弾、「過ぎし夏の想い出/The Things We Did Last Summer」。チャーラップのピアノはスタンダード・ソング、いわゆる「歌」ものの解釈が抜群である。奏でる一音一音が、歌の情景を脳裏に描き出してくれる。洗練されたフレーズの流れの中に、都会性、哀愁、詩情が横溢する、まさにニューヨークJAZZ。

過ぎし夏の想い出 ニューヨーク・トリオ ビル・チャーラップ ジェイ・レオンハート ビル・スチュアート / ヴィーナスレコード



「New York Trio - The Things We Did Last Summer / How Long Has Been Going On ?」

    

同じアルバムからもう一曲、「ビル・チャーラップ」のピアノ・ソロで、「いそしぎ」のテーマ ・・・。

「The Shadow of Your Smile - Bill Charlap New York Trio」

          
[PR]
by knakano0311 | 2012-08-25 10:05 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(2)

かすかな秋の訪れ

b0102572_10514623.jpg

今日も山遊び。アベマキやクヌギの木の下にまだ十分に成長していないどんぐりをつけた小枝が散乱しだした。チョッキリ虫の仕業である。あの「穴開け・枝切り名人」が活動を開始したのである。この虫は、どんぐりの真ん中に穴を開け、卵を産みつけた後、蓋をし、枝ごと切ってどんぐりを地表に落としてしまうのである。その枝の切り口の見事さ、そして、まるで道具か機械でも使ったようにどんぐりの真ん中に穴を開けるその技も「いよっ!名人」と感心するくらい見事なのだ。

まだまだ暑いし、百日紅(さるすべり)、夾竹桃(きょうちくとう)や槿(むくげ)、黄槿(はまぼう)などの「炎天の花」もまだ満開である。しかし、山では、こんなかすかな秋の訪れの兆しが感じられるのである。

人や機械と自然との共生をテーマにして長編アニメ映画を作り続けているのが、「宮崎駿(はやお)」と彼が率いてきた「スタジオジブリ」。実は私はジブリ・ファンで、初期の作品から「ハウルの動く城」までの20作ほどのDVDを持っているほどである。そして、「モンキー・パンチ」、「松本零士」など素晴らしいアニメ作家は、主役以上に大事とも言える「メカ」のデザイン、造形力にも非常に優れていて、「宮崎駿」ももちろんその一人である。調べてみると、「スタジオジブリ」の名称は、リビアなどアフリカ北部にサハラ砂漠から吹く乾いた熱風を意味するイタリア語「ghibli」に由来しているといい、また第二次世界大戦中のイタリアの飛行機の名前でもあるという。私が最も好きな宮崎アニメ「紅の豚」において登場する飛行機のエンジンに「GHIBLI」の名前もあり、「宮崎駿」のこの飛行機への思い入れがうかがえるとのこと。

b0102572_10403746.jpg

【写真は、ドイツ軍の記章をつけた「カプローニCa309ギブリ爆撃/偵察機/Caproni Ca.309 Ghibli」。ブログ「Keyのミリタリーなページ」 から無断拝借】

また、「宮崎駿」には、共著であるが、「巨樹を見に行く―千年の生命との出会い」(講談社カルチャーブックス)という著書もある。彼のエコロジカルな世界観、自然観の一面がうかがえる。かってバルセロナにある「サグラダ・ファミリア(聖家族教会)」はじめ一連の「アントニ・ガウディ/Antoni Plàcid Guillem Gaudí i Cornet」の建築を観たとき、なんとはなしに「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」を思い浮かべたことがある。きっ宮崎とガウディに共通するなにかを感じたからであろう。

巨樹を見に行く―千年の生命との出会い (講談社カルチャーブックス)

梅原 猛 / 講談社



さあ、「コクリコ坂から」でも観にいきますかねえ。

ジブリの映画音楽をアレンジした「ジブリ・ジャズ」なるCDなども多く出ている。そんな中でTSUTAYAからレンタルして聴いてみたのが、「東京ブラススタイル/アニジャズジブリ Final Note」。「東京ブラススタイル」は、女性メンバーのみ11人で編成されたビッグ・バンドである。アニメソングを中心とした様々な楽曲のジャズ・アレンジを専門に演奏するバンド。女性だけのビッグ・ジャズ・バンドがこれだけのスイング感と迫力を生むとは知りませんでした。脱帽!。

アニジャズジブリ Final Note

東京ブラススタイル / ハピネット



ここでは、イタリアが生んだジャズ・ピアノ・トリオの奇才「ジョバンニ・ミラバッシ/Giovanni Mirabassi」の演奏する、「ハウルの動く城/Howl's Moving Castle」のテーマ曲を紹介しておきます。日本では、澤野工房より1999年にデビューしたミラバッシだが、その柔らかく美しい旋律とタッチで、かくいう私を含め、たちまち多くのファンを獲得した。このアルバム「プリマ・オ・ポワ/PRIMA O POI」では、トランペット、フリューゲル・ホルンの「フラビオ・ボルトロ/Flavio Boltro」をゲストに迎え、その音の柔らかさ優しさは一層際立っている。また、 この曲に惚れ込んだシャンソン歌手「クミコ」が詩をつけてもらい、「人生のメリーゴーランド」というタイトルでも歌っていますね。

プリマ・オ・ポワ

ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ with フラビオ・ボルトロ / ビデオアーツ・ミュージック



「Howl's Moving Castle_Giovanni Mirabassi」

          
 
 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2011-08-28 09:00 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

技の冴え ~続・剣豪チョッキリ虫~

山遊びのフィールド。剣豪チョッキリ虫(ハイイロチョッキリ)は、今日もせっせとどんぐりの枝を切り落としているようだ。その技の冴えは、前回の写真ではよくわからなかったようであるので、改めて見ていただこう。上の写真はその切り口。直径3mmほどの枝を、どんぐりの少し下の位置から、まるで刃物で切ったようにスパッと切り落としている。下の写真は、どんぐりの真ん中に穴を開け、卵を産みつけた後、見事に蓋をしているのがよくわかる。

b0102572_1527988.jpg

 
b0102572_15273283.jpg

 
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2010-09-02 22:59 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

剣豪 チョッキリ虫

b0102572_9311929.jpg

ウォーキングの道筋にある街路樹の葉がパラパラと散って、積もっている。まるで晩秋のようである。しかし、葉が茶色に干からびているところから、これは秋の紅葉や落葉で散ったのではなく、暑さに葉がやられて散っているのだ。それだけ今年は暑さが厳しいという証拠でもある。大阪は猛暑日が連続して13日を超えたという。観測史上初めてだとも言う。極々短期的に見れば温暖化かもしれないが、地球の長い歴史の中では、これから氷河期へむかう前触れだという説もある。マスコミいうとおり単純に危機をあおる「温暖化」を信じない眼も必要な気がする。地球的規模のエネルギー保存則(熱力学第一法則)からすれば、この夏の猛暑とのバランスをとるため、この冬は厳冬が心配されるが、さあどうだろうか?

b0102572_17591583.jpg

冒頭の写真は、山遊びのフィールドでみかけたクヌギの木の周辺。クヌギやコナラの木の周辺に大量の葉が落ちている。これも同じように猛暑のためなのか? しかし、よく見るとどんぐりと葉がついた小枝ごと落ちている。うん、これは、チョッキリ虫の仕業である。改めて気をつけてみると、この山のクヌギ林、コナラ林にはチョッキリ虫による落葉がずいぶんとあるのに気がついた。この虫は、どんぐりに卵を産みつけた後、枝ごと切ってどんぐりを地表に落としてしまうのだ。まるで剣豪が切ったような、その枝の切り口の見事さ。「う~~ん、おぬし、できるな!」といいたくなるほどの見事さである。しかも、どんぐりの真ん中に穴を開けるその技も見事。まるで道具か機械でも使ったような正確さには恐れ入る。

b0102572_1036397.jpg

(写真はハイイロチョッキリ 「野山でカシャ!ブログ」より拝借)

この剣豪(?)虫は、「ハイイロチョッキリ」。体長(口吻を含まない)が8㎜前後のオトシブミ科の甲虫である。「オトシブミ」と言えば、葉を巻いて中に卵を産むことが有名であるが、この「ハイイロチョッキリ」は、9月ごろに、クヌギ、コナラなどの実(ドングリ)に卵を産む。ドングリがついている枝を少し切り、長い口吻でドングリの子葉まで達する穴をあけ、卵を産み付け、なんとその上、木屑で穴に栓をし,最後に枝を切り落とすそうである。そうやって産みつけた卵は翌年の初夏に羽化するという。ずんぐりむっくりのユーモラスな姿をしているがなかなかの使い手だ。

b0102572_182214.jpg

この猛暑にもかかわらず、自然の営みはいつもの年と同じようなサイクルで進んでいるのである。いささか早いかも知れないが、冬の薪ストーブや炭焼きの燃料づくりのために、過日、山から下ろした大量の玉木を、割って乾燥させるための、薪割りを始めた。電動の薪割り機もあるにはあるが、太い玉木にはパワーが足らない。直径30~50cmほどもあるクヌギやヒサカキなどの玉木を、鏨(たがね)と玄能(げんのう)・金槌を使って人手で割るのである。すぐコツを思い出したが、なんといってもこの時期、炎天下での力作業は、いくら「遊び」とはいえ、老いの身ならずともこたえるのである。子供のころはガス風呂や電気炊飯器など普及していない時代。薪を買うか、自分で割るか、どちらかの時代であった。私は親からよく薪割りを言い付かったものである。薪や炭の需要がだんだん減り、里山がなくなりはじめる、ちょうどその境目の世代が我々なのである。

せっせと穴を空け、卵を産み付けては枝を切り落とし、精緻な作業を繰り返している「チョッキリ虫」。なんだか切ないほどいじらしく思えてくる。この猛暑を耐えて働いている現役世代の皆さん。両者に敬意を表して「WORK SONG」。演奏としては兄のSAX奏者「キャノンボール・アダレイ/Cannonball Adderley 」のセクステット演奏が有名で、なじみが深いが、弟のコルネット奏者「ナット・アダレー/Nat Adderley」が1960年に作曲したファンキーJAZZを代表する曲。瞬く間にヒットしたので、ジャズ・シンガーの「オスカー・ブラウン・ジュニア/Oscar Brown Jr.」が歌詞を付け、すこし物悲しい「囚人の唄」に仕上げた。

「♪ 鎖につながれて岩を砕き続ける そうさ、刑に服してるってことさ ・・・・ ♪」

ここでは、「Wes Montgomery(G)」、「Bobby Timmons(P)」などを従えたナットのリーダー・アルバム「WORK SONG」をあげておこう。

それにしても、軽井沢あたりで、ビール片手に「気合だ!」なんてほざいている能天気な連中にはとてもこの曲は献じられません。そんなことやっているときか!ちゃんと仕事をして見せろ! それにしても鳩山氏には本当に失望した。「引退する」のではなかったのですか?「恩義」が政治行動の規範なんですか?「友愛」なるものの底もみえましたね。

Work Song

Nat Adderley / Riverside



聴いてみますか? すこし怒りを込めて「WORK SONG」。

          
 
 
[PR]
by knakano0311 | 2010-08-29 07:46 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)