人気ブログランキング |

大屋地爵士のJAZZYな生活

タグ:ハイイロチョッキリ ( 2 ) タグの人気記事

剣豪チョッキリ虫の試し斬り

b0102572_14225011.jpg


お盆休み明けの猛暑の中、頂上付近の眺望を妨げているため、写真奥の先々週伐採したが、懸りになっていた「アラカシ(粗樫)」の大木をチルホールで倒す。枝を伐って処理をして今日の作業を終わる。長袖、長ズボン。汗ビッショリであるが、日差しはすこし柔らかく、ふもとのダム湖から上がってくる風がここちよい。お互いにニュースでも話題になっている「マダニ(真蜱)」の点検をして下山。

b0102572_14231173.jpg


途中、「アラカシ」や「コナラ(小楢)」の枝が切り落とされいるのに気がついた。周りを見ても、他には切り落とされた枝も見当たらないし、卵を産み付けるどんぐりもまだまだ小さい。さすれば、「ハイイロチョッキリ」、剣豪チョッキリ虫の試し斬りというところか ・・・。(参照拙ブログ「剣豪 チョッキリ虫」「技の冴え ~続・剣豪チョッキリ虫~ 」 などなど)

b0102572_952116.jpg

剣豪チョッキリ虫に傚って、キレがよく抒情性にも満ち溢れているピアノ・トリオといえば、「アレッサンドロ・ガラティ/Alessandro Galati」率いるトリオ。

1966年、イタリア・フィレンツェ生まれのジャズピアニスト。「ビル・エヴァンス/Bill Evans」を敬愛し、独特の詩情と哀愁を持つ抒情派ピアニストである。6歳でクラシック・ピアノを始め、後にジャズに強い興味を持ち、「ビル・エヴァンス/Bill Evans」や「キース・ジャレット/Keith Jarrett」などに強く影響を受け、内省的で微妙な感情に溢れ、抒情性と哀愁が見事に溶け合つた美しいインプロビゼーションを聴かせる。

2015年1月リリースの最新作は、「On a Sunny Day」は、前作「Seals」(2014年)と同じリズム・セクションを従えてのトリオ・アルバム。11曲中10曲がガラティのオリジナルで、しかもどれもが美しい。パーソネルは、「Alessandro Galati (p)」、「Gabriele Evangelista (b)」、「Stefano Tamborrino (ds)」。

On A Sunny Day

Alessan Galati Trio / Vi Ve



唯一のカバー曲は、「ヴィニシウス・ジ・モライス/ Vinicius de Moraes 」の作詞、「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」の作曲で名曲「Insensatez (How Insensitive)」終盤に差し掛かったリオ五輪、高・松ペアの金メダルに贈る。


「Alessandro Galati Trio - Insensatez」


          
by knakano0311 | 2016-08-20 09:52 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)

剣豪 チョッキリ虫

b0102572_9311929.jpg

ウォーキングの道筋にある街路樹の葉がパラパラと散って、積もっている。まるで晩秋のようである。しかし、葉が茶色に干からびているところから、これは秋の紅葉や落葉で散ったのではなく、暑さに葉がやられて散っているのだ。それだけ今年は暑さが厳しいという証拠でもある。大阪は猛暑日が連続して13日を超えたという。観測史上初めてだとも言う。極々短期的に見れば温暖化かもしれないが、地球の長い歴史の中では、これから氷河期へむかう前触れだという説もある。マスコミいうとおり単純に危機をあおる「温暖化」を信じない眼も必要な気がする。地球的規模のエネルギー保存則(熱力学第一法則)からすれば、この夏の猛暑とのバランスをとるため、この冬は厳冬が心配されるが、さあどうだろうか?

b0102572_17591583.jpg

冒頭の写真は、山遊びのフィールドでみかけたクヌギの木の周辺。クヌギやコナラの木の周辺に大量の葉が落ちている。これも同じように猛暑のためなのか? しかし、よく見るとどんぐりと葉がついた小枝ごと落ちている。うん、これは、チョッキリ虫の仕業である。改めて気をつけてみると、この山のクヌギ林、コナラ林にはチョッキリ虫による落葉がずいぶんとあるのに気がついた。この虫は、どんぐりに卵を産みつけた後、枝ごと切ってどんぐりを地表に落としてしまうのだ。まるで剣豪が切ったような、その枝の切り口の見事さ。「う~~ん、おぬし、できるな!」といいたくなるほどの見事さである。しかも、どんぐりの真ん中に穴を開けるその技も見事。まるで道具か機械でも使ったような正確さには恐れ入る。

b0102572_1036397.jpg

(写真はハイイロチョッキリ 「野山でカシャ!ブログ」より拝借)

この剣豪(?)虫は、「ハイイロチョッキリ」。体長(口吻を含まない)が8㎜前後のオトシブミ科の甲虫である。「オトシブミ」と言えば、葉を巻いて中に卵を産むことが有名であるが、この「ハイイロチョッキリ」は、9月ごろに、クヌギ、コナラなどの実(ドングリ)に卵を産む。ドングリがついている枝を少し切り、長い口吻でドングリの子葉まで達する穴をあけ、卵を産み付け、なんとその上、木屑で穴に栓をし,最後に枝を切り落とすそうである。そうやって産みつけた卵は翌年の初夏に羽化するという。ずんぐりむっくりのユーモラスな姿をしているがなかなかの使い手だ。

b0102572_182214.jpg

この猛暑にもかかわらず、自然の営みはいつもの年と同じようなサイクルで進んでいるのである。いささか早いかも知れないが、冬の薪ストーブや炭焼きの燃料づくりのために、過日、山から下ろした大量の玉木を、割って乾燥させるための、薪割りを始めた。電動の薪割り機もあるにはあるが、太い玉木にはパワーが足らない。直径30~50cmほどもあるクヌギやヒサカキなどの玉木を、鏨(たがね)と玄能(げんのう)・金槌を使って人手で割るのである。すぐコツを思い出したが、なんといってもこの時期、炎天下での力作業は、いくら「遊び」とはいえ、老いの身ならずともこたえるのである。子供のころはガス風呂や電気炊飯器など普及していない時代。薪を買うか、自分で割るか、どちらかの時代であった。私は親からよく薪割りを言い付かったものである。薪や炭の需要がだんだん減り、里山がなくなりはじめる、ちょうどその境目の世代が我々なのである。

せっせと穴を空け、卵を産み付けては枝を切り落とし、精緻な作業を繰り返している「チョッキリ虫」。なんだか切ないほどいじらしく思えてくる。この猛暑を耐えて働いている現役世代の皆さん。両者に敬意を表して「WORK SONG」。演奏としては兄のSAX奏者「キャノンボール・アダレイ/Cannonball Adderley 」のセクステット演奏が有名で、なじみが深いが、弟のコルネット奏者「ナット・アダレー/Nat Adderley」が1960年に作曲したファンキーJAZZを代表する曲。瞬く間にヒットしたので、ジャズ・シンガーの「オスカー・ブラウン・ジュニア/Oscar Brown Jr.」が歌詞を付け、すこし物悲しい「囚人の唄」に仕上げた。

「♪ 鎖につながれて岩を砕き続ける そうさ、刑に服してるってことさ ・・・・ ♪」

ここでは、「Wes Montgomery(G)」、「Bobby Timmons(P)」などを従えたナットのリーダー・アルバム「WORK SONG」をあげておこう。

それにしても、軽井沢あたりで、ビール片手に「気合だ!」なんてほざいている能天気な連中にはとてもこの曲は献じられません。そんなことやっているときか!ちゃんと仕事をして見せろ! それにしても鳩山氏には本当に失望した。「引退する」のではなかったのですか?「恩義」が政治行動の規範なんですか?「友愛」なるものの底もみえましたね。

Work Song

Nat Adderley / Riverside



聴いてみますか? すこし怒りを込めて「WORK SONG」。

          
 
 
by knakano0311 | 2010-08-29 07:46 | 炭焼き小屋から | Trackback | Comments(0)